あなたの番です

このところドラマ「あなたの番です」(日本テレビ)にはまっている。


AnatanoBandesu.png


「あなたの番です」は、秋元康が企画・原案を担当したサイコ・サスペンスである。
もともと僕はNHKの大河ドラマぐらいしかドラマは観ないのだが、隣で奥さんが観ているのを観るともなしに観ていたところ、あまりの面白さに夢中になってしまった…。


物語は手塚翔太(田中圭)と菜奈(原田知世)の夫婦がとあるマンションに引っ越してくるところから始まる。
越してきた初日、菜奈は住民会議で殺したい人の名前を紙に書いてくじのように引くという「交換殺人ゲーム」に参加する。
すると、その日から次々と彼らの回りで人が死んでいくのであった…。

魔の手はついに菜奈の身にも及ぶ。
菜奈を殺された翔太は犯人に復讐を誓う…。


マンションの住民たちはみなひと癖もふた癖もある人物たちで、
怪しいと思われた人物が殺されたり逮捕されても、殺人の連鎖は途切れない。
いったい事件の黒幕は誰なのか?
謎が謎を呼び、いったいどうなるのか予想がつかない。


ネットを見ていると、「あなたの番です」に関して様々な考察が流れている。
主人公の翔太が二重人格で黒幕であるとか、主要人物に双子の兄弟がいるとか、はたまた実は夢オチであるのではないかというものまで。
それらの考察の中には、放送の中で結果的に否定されているようなものも多いのだが、
それだけ我々視聴者の裏をかく展開となっているのである。


また、作品の随所にちょっとした遊びが仕掛けられているのも楽しみの1つ。
中でも12話で、マンションの住人を演じる林泰文が、ギターでベンチャーズの「パイプライン」を演奏しているシーンに感激してしまった。
というのも、林泰文の代表作というのがバンド少年を描いた映画「青春デンデケデケデケ」(1992年東映)。
バンド少年の端くれだった僕が高校時代に見て大きな影響を受けた映画なのだ。
もっとも、どれだけの人がこの遊びに気づいただろうか…。


通常のドラマは3ヶ月を1クールとするが、「あなたの番です」は2クール・半年に渡って放送されている。
その放送もいよいよ9月8日最終回を迎える。
いったいどのような結末となるのだろうか。
最終回が今から楽しみでならない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック