背番号のないエース~プロ野球ドラフト会議~

10月17日、プロ野球のドラフト会議があった。
今年の話題はなんといっても163キロ投手の佐々木朗希選手(大船渡)。
果たして西武、楽天、ロッテ、日本ハムの4球団から指名を受け、ロッテが交渉権を得た。

また、夏の準優勝投手の奥川恭伸選手(星陵)も巨人、阪神、ヤクルトの3球団指名でヤクルトに、
石川昂弥内野手(東邦)が中日、ソフトバンク、オリックス指名で中日に決まった。
今年はどうやら高校生が豊作のようである。

東京六大学からは、明治の森下暢仁投手(大分商)が広島の1位であった。
明治からは他にも伊勢大夢投手(九州学院)がDeNA3位で指名されている。

法政は宇草孔基外野手(常総学院)が広島2位、福田光輝内野手(大阪桐蔭)がロッテ5位。

慶応が津留崎大成投手(慶応)が楽天3位、
郡司裕也捕手(仙台育英)が中日4位、
柳町達外野手(慶応)がソフトバンク5位、
植田将太捕手(慶応)がロッテ育成2位と4人も指名を受けた。


我が母校・早稲田大学からは、主将の加藤雅樹外野手(早稲田実業/写真)、小藤翼捕手(日大三)、檜村篤史内野手(木更津総合)、福岡高輝内野手(川越東)の4人がプロ志望届を出していたのであるが…
なんと誰も指名されなかったのである。
特に早稲田で4番を打つ加藤は、日ハムが指名の方針を立てていたこともあり、この結果は驚きである。

P1020943.JPG

加藤は、早実時代は4番からを務め、2学年下の清宮幸太郎(現・日本ハム)と共に2015年夏の甲子園ベスト4に貢献。
早稲田大学でも4番を打ち、2年春には首位打者を獲得している。
今季はここまで打率.160と低迷してた。


加藤はおそらく社会人野球の方に進むと思われるが、社会人で活躍して2年後に再びプロを目指して欲しいと思う。
いやそれよりも、指導者の道を目指してはどうだろうか?
和泉実監督の後任としていつの日か早実で指揮を取ってくれるのも良いかもしれない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック