Truth Hearts~グラミー賞ノミネート~

Grammy.jpg

毎年恒例の第62回グラミー賞の授賞式が近づいてきた。
僕も毎年注目しているのだが、今年はどんな曲が受賞するだろうか。
主要4部門のノミネートは次の通りとなっている。


◆最優秀レコード賞
「Bad Guy」Billie Eilish
「Truth Hurts」Lizzo
「Old Town Road」Lil Nas X
「7 rings」Ariana Grande
「Hard Place」H.E.R.
「Talk」Khalid
「Sunflower」Post Malone
「Hey Ma」Bon Iver

◆最優秀アルバム賞
「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」Billie Eilish
「Cuz I Love You」Lizzo
「thank u, next」Ariana Grande
「7」Lil Nas X
「I Used to Know Her」H.E.R.
「Norman Fucking Rockwell!」Lana Del Rey
「Father of the Bride」Vampire Weekend
「i,i」Bon Iver

◆最優秀楽曲賞
「Bad Guy」Billie Eilish
「Always Remember Us This Way」Lady Gaga
「Truth Hurts」Lizzo
「Hard Place」H.E.R.
「Lover」Taylor Swift
「Someone You Love」Lewis Capaldi
「Norman Fucking Rockwell」Lana Del Rey
「Bring My Flowers Now」Tanya Tucker

◆最優秀新人賞
Billie Eilish
Lizzo
Lil Nas X
Rosalía
Black Pumas
Maggie Rogers
Tank and the Bangas
Yola


最多ノミネートはリゾの8部門。
次いでビリー・アイリッシュとリル・ナズXが6部門。
アリアナ・グランデ5部門と続く。
上位3人は新人賞にもノミネートされており、今年は新人が躍進した年といえるかもしれない。

特にビリー・アイリッシュとリゾは新人ながら主要4部門すべてにノミネートされている。
ビリー・アイリッシュの17歳(ノミネート時)にして主要4部門ノミネートというのは、マライヤ・キャリーの20歳を下回る最年少記録。
一方のリゾは31歳の遅咲きである。
20歳のリル・ナズXも最優秀楽曲賞以外の主要3部門ノミネート。


ベテラン勢での注目は最優秀レコード賞とアルバム賞にノミネートされたアリアナ・グランデだろうか。
何かと話題に事欠かないアリアナだが、昨年のグラミー賞ではプロデューサーと対立して授賞式への出演を取り止めていた。
昨年はそれでもポップアルバムボーカル賞を受賞した。
今年は授賞式に出席するとのことだが、果たして初の主要部門の受賞となるだろうか。

その他の話題としては、「Map of the Soul : Persona」をヒットさせたBTSがノミネートを逃している。
昨年はプレゼンターとして授賞式に登場したが、今年は韓国人初のパフォーマンスを披露するとのことである。
また、挾間美帆の「Dance in Nowhere」が大規模ジャズアンサンブル賞にノミネートされている。

賞レースの方は、リゾとビリー・アイリッシュ、リル・ナズXの3者が中心となりそうだが、
中でも最も激戦となりそうなのが最優秀楽曲賞。
リゾとアイリッシュに加え、レディー・ガガやテイラー・スウィフトといったヒットメーカーもノミネートされている。

また、新人賞を最終的に誰が取るのかも注目である。
おそらく主要4部門ノミネートのリゾとビリー・アイリッシュのどちらかだろう。
個人的に注目しているのはソウル歌手のヨラ。
36歳の新人というのはリゾ以上の遅咲きである。
イギリスの貧しい家庭に生まれ、一時期ロンドンでホームレスをしていた経験もあるという。
歌声もパワフルで良いが、その経歴もまた興味深い。

グラミー賞の授賞式は明日1月27日。
WOWOWで中継されるというから、楽しみにしよう。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック