This is IT~緊急事態宣言解除~

5月25日、安倍晋三首相が緊急事態宣言の解除を表明した。
これで、4月8日から7週間に渡る自粛生活も終わりを告げる…のだろうか?

P1050977.JPG

学校再開後の事を決めるため、今日は久しぶりに学校に登校した。
緊急事態宣言が発令してから学校に行くのは3度目である。
それ以外はずっとテレワークでの自宅勤務だった。

正直、テレワークが始まった最初の頃は、果たして家に籠る生活に耐えることができるかどうか不安だった。
実は僕はこれまでの人生で、一日家にいた経験がほとんどない。
記憶にある限り3、4日程度である。
それが、週に2、3度買い物に出かけるぐらいで、ほとんど家にいることが出来たのである。
自分の事ながら驚いている。

テレワーク中は主に教材研究を行なっていたが、通勤時間が無いというのがこれほどまで楽だとは思わなかった。
存分に体を休めることが出来たのではないだろうか。

その一方で、外出をしないのですっかり運動不足になってしまった。
普段1万歩前後歩いているのだが、一日中家にいると500歩程しか歩かない。
おかげで体重が自己最重量を記録した。
小池都知事にはぜひ「太った?」と他人に聞くのを禁じる条例を出してもらいたい(笑)

終業後も家にいることになるから、テレビを観る機会が増えた。
残念なことは、撮影が出来ないため多くのドラマが放送を続けることが出来ず総集編や傑作選となっていることである。
6月中にはNHKの連続テレビ小説と大河ドラマもストックが尽きるという…。

その反面、読書はあまり進まなかった。
自粛期間中時間を持て余すかもしれないと、学校図書館で本をまとめて借りて来ていたのだが、ほとんど読んでいない。
通勤中の電車というのは、貴重な読書の時間であったようだ。

また、それまでさぼりがちだったこのブログ「たこのあゆみ」も、4月8日以降1日も欠かさず更新し続けることが出来ている。


多くの人が自粛疲れをしているというが、それは僕も例外ではない。
正直なところ、早く学校が再開して欲しいと思っている。
すでに3ヶ月近く授業をしていないが、このままでは自分が高校教師であることを忘れてしまいそうだ。
もちろん学校が再開しても、しばらくは生徒は分散登校となる見込みである。
なので、教員の方も自宅勤務も登校勤務を使い分けていくことになるだろう。


緊急事態宣言が解除されたからと言って、新型コロナウィルスの脅威が収まったわけではない。
気を引き締めなければすぐにまた第2波・第3波が襲ってくるだろう。
もう少し我慢の生活が必要である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック