アウトブレイク~特別定額給付金~

DSC06891.JPG

アベノマスクの配布に関しては正直僕もあまり賛成出来ないのだが、国民1人につき10万円を支給するという特別定額給付金(アベノマネー)に関しては歓迎である。
当初政府は収入が大きく減少した世帯に対し1世帯当たり30万円を支給するという形での支援を検討していたが、条件が厳しすぎるなどの批判が集まったため、急遽変更されることとなった。


もちろん、国民全員が一律10万円を支給されることについてもいろいろと批判がある。
例えば、そもそもは新型コロナウィルスによる生活支援が目的なのだから、給料が減らない公務員は受け取るべきではないという意見がある。
橋下徹・元大阪府知事などは、「受け取り禁止!とルール化し」違反者は「懲戒処分」にすべきと主張している。




湯崎英彦・広島県知事も県の職員が受け取る分は、基金に積み立ててもらうと発言したが、後に批判を受けて撤回している。




その一方で、松井一郎・大阪市長は、市職員には受け取ってから消費すべきだと、かつての盟友とは異なった主張をする。




松本武洋・神奈川県和光市長も、自らが率先して10万円を受け取ると主張している。




麻生太郎・財務相は「手を上げた方に1人10万円」と、自己申告制を提案していた。




公務員は受け取ってから全額寄付すべきとの声もある。
例えば兵庫県加西市でも、市の全職員から10万円ずつを寄付で集めることを想定した予算を組んだという。
強制ではなく任意だというのだが…。



一応東京都の職員である僕自身は、10万円は当然受け取って消費に回すつもりである。
もちろん、受け取らないのも、寄付に回すのも、それは個人の自由であるから、やるのは大いに結構。
ただそれはあくまで自主的にするようなことであって、他人にどうこういうようなものではない。
一口に公務員といってもいろいろな職種があるし、経済状況も人それぞれである。
僕は、公務員は受け取り拒否すべきというムードが高まることを恐れていたが、どうやらそのような事にはならずに済んでいる。


それにしても、すでに10万円が振り込まれたという声も聞こえてくる一方、僕の家にはまだ申請用紙が届いていない。
何に使おうかと楽しみにしながら毎日待っている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック