さよならだけどさよならじゃない~新型コロナ第2波?~

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウィルスの流行は収束に向かっていたのかと思っていたのだが…
ここに来て再び感染者数が増加している。

DSCN9059.JPG

7月9日に224人と過去最多の人数を超えたかと思うと、その後も243人、206人、206人と4日連続で200人を超えている。
(13日は119人だった)
どう考えても緊急事態宣言解除後の方が感染者数が多く、これをもって第2波が来たと見なして良いのではないのだろうか?


学校も通常の形に戻ってしまったし、素人目目に国や東京都は新型コロナウィルスに対する有向な対策を何も行なっていないように見える。
感染者数が減っただけで「解除」しただけなら、再び増えるだろう事は誰にでもわかる。
せめて東京アラートだけでも出すべきではないかと思うが、どうもその動きは無いようだ。
あれはやはり小池都知事の都知事選挙用のパフォーマンスだったのだろうか。
(写真は2016年オリンピックツアーの際の小池百合子都知事。左は安藤美姫)


6月29日に通常授業が再開してから7月13日でちょうど2週間である。
そろそろ生徒に感染者が出てきても不思議ではない。
今のところまだ都立高校の生徒に感染者は出ていないが、大阪では生徒と非常勤講師がコロナウィルスに感染して2日間の臨時休校となった学校があった。
早く何らかの手だてを打たなければ、学校でもクラスターが発生してしまうに違いない。