宿命~高校野球東西東京大会~

DSCN4664.JPG


高校野球東西東京大会、ようやく母校・早稲田実業学校の試合が行なわれた。
27日に行なわれた初戦の対戦相手は八王子学園八王子。
2016年夏に早実を破って甲子園に初出場するなど、早実とはこれまで何度も熱戦を繰り広げてきた相手である。
(写真は2016年の試合)

早実は初回に3点を失うが乱打戦となり8ー6で競り勝った。
1年ぶりの公式戦ということもあったのだろうか、早実は投手4人を注ぎ込む総力戦となった。
その一方5本塁打が飛び出し打撃は好調であった。
4番レフトで出場した清宮福太郎も公式戦初ホームランを打っている。


続いて今日行なわれた八王子実践戦でも早実は5ー0で快勝し、3回戦に駒を進めた。


今年は新型コロナウイルスの影響もあってどの学校も練習が思うように出来ていない。
都立高校の場合、練習が通常通り出来るようになったのは6月29日であった。
開幕の7月18日まで1ヶ月もない状況。
杉並区など自治体によっては未だに部活動に制限があるという。
ここまでの試合結果を眺めていると、甲子園経験校の都立雪谷が目白研心に0ー10の5回コールドで破れたように、
都立の強豪校が私立に苦戦するような場合が多い。
どうやら練習不足というものが如実に表れているようだ。

しかし、都立校同士の1回戦を勝ち抜いた都立日野が、今日は早大学院に延長10回タイブレークで競り勝っている。
実戦を重ねたことで強豪校は少しずつ調子を取り戻しているようである。

早実の活躍はもちろんだが、都立高校の躍進にも期待したいところである。


ところで、地域情報アプリ「ど・ろーかる」で東西東京大会が中継されている。


西東京はダイワハウススタジアム八王子、東東京は大田スタジアムの試合だけではあるのだが、携帯で観ることが出来るので重宝している。
昨日の早実の試合は八王子だったので、仕事の合間にちょくちょくチェックしてしまった。
次に八王子で早実の試合があるのは8月5日の準決勝なのだが、早実は必ずそこまで勝ち進んでくれることであろう。
アプリなんかではなく、早く球場で早実を応援したい。