もっともっともっと話そうよ~ブログ~

僕が一番長く続けているSNSはブログである。
このブログ「たこのあゆみ」を始めたのは2006年1月だから、もうじき15年になる。

P1100434.JPG

僕は2007年1月から2009年1月までネパールの首都カトマンズで青年海外協力隊の日本語教師として活動した。
その体験を記録するためにこの「たこのあゆみ」を始めたのである。
青年海外協力隊員としての活動や、ネパールの様子は十分伝えてくる事が出来たかと思う。
ところが、帰国後「たこのあゆみ」をどうしたらいいか迷ってしまった。

社会復帰までが一区切りであるからと、次に教員採用試験と都立高校教員としての活動について書こうかとも思ったのだが、立場上あまり自由に書くことが出来ない。
そこで、主に自分の趣味について書くことにした。

ところが、自分の趣味は一貫していないのである。
旅行や野球観戦、競技かるた、映画、サブカルチャーなどについて書いているうちに、あまりに雑多すぎてまとまりに欠けるものになってしまった。
何か、コンセプトというかテーマを何か決められないかと模索し続けて10年近く経ってしまった。
途中で三宅島に赴任したため、島での生活を中心に据えようと思ったこともあったが、結局別ブログ「あしたば白書」を立ち上げることになった。

DSCN9976.JPG

実は「たこのあゆみ」には何度か存続の危機があった。
当初は学校の様子なども書いていたのだが、2012年頃だっただろうか、都民と思しき人が書いてある内容に問題があるのではないかと東京都にクレームを入れたことで、管理職から怒られてしまった。
もちろん学校名は書いていなかったのだが、プロフィールに書いていた経歴等から身バレしたらしい。
そのため、学校関係の話題が書きにくくなってしまったのである。

三宅島赴任後は三宅島での生活を書いていたのだが、2016年頃内容に誤りがあったことで三宅村に問い合わせがあり、その事で当時の管理職の知るところとなり、暗にブログを止めるように言われてしまった。
そこで「たこのあゆみ」は一時非公開とし、内容ごとに複数のブログに分けることにしたのである。
2019年8月にようやく「たこのあゆみ」を再開した。


おそらく今後もいろいろと危機はあるだろうし、コンセプトをどうするかという答えは出ていない。
しかし、この「たこのあゆみ」は今後も出来る限り自分のライフワークとして続けていきたいと考えている。