サイン~ナスカの地上絵~

僕は旅行好きである。 
また、ミステリーも大好きだ。
なので、ペルーのナスカには一度行ってみたいと思っている。

ペルーといえば、地上絵が有名である。
地上数キロに渡って幾何学模様や動植物の絵が描かれている。
誰が、いつ、どのような方法で、何のために描いたのかが分からないため、様々な憶測を呼んでいる。
一説には、UFOのための滑走路だとも言われているのだが…。

そのナスカの地上絵の未発見だったものが発見されたというニュースが入ってきた。
これだけ航空機が飛び交う現代に、今さら新しい地上絵が発見されることがあるなんて…
正直驚いたし、軽く興奮した。

ところがらその発見された絵というのが…

Naska.jpg


これは猫だろうか?
これなら僕が小学生の頃に描いた絵の方が確実に上手い。

あまりの下手さに、フェイクではないかとさえ疑ってしまった。
出所はペルーの文化省だというから、きっとガチなのだろう。
ただ、侵食されてほとんど消えかかっていたものを修復したともある。
まさか、修復の際に失敗して誤魔化した結果ではないのか?
2013年にスペインの教会のキリストのフレスコ画を修復した際に、元の絵とは似ても似つかぬ姿になってしまったということがあった。

SpainKrist.jpg

この地上絵も実はそうだったんじゃないかと思わせてくれる。

ドローンの精度があがって、今後も新しい絵が発見される可能性はあるという。
いずれにせよ、いつかペルーを訪れて本物を見てみたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック