季節の中で~二学期中間試験~

たまには学校の話でも。
今年度は新型コロナウィルスの影響で5月まで自宅学習期間があった。
そのため夏休みは大幅に減らされ、8月8日から23日の2週間だけであった。
そして2学期が、例年以上の長丁場となっている。


先日、2学期の中間試験が実施された。
僕の勤務高校の場合、定期試験は通常は4日間で実施されている。
それが今年は授業時間の確保ということもあり3日間に減らされてしまった。
そうなると、1日に実施される試験科目数も普段より増えてしまう。
生徒にとっては勉強が大変である。

いやそれだけではない。
僕ら教師にとっても試験期間が短くなると、いろいろと慌ただしくなる。
僕は今年、2年生の現代文と古典を担当しているが、中間試験では2日目と3日目に試験が実施された。
それぞれ3クラスを担当しているので、答案は計240枚にもなる。
試験期間が短いため、採点の時間が正直足りなかった。
普段であれば試験後最初の授業で答案を返却するのだが、今回それが間に合わないクラスが出てしまった。
どうやら、それは僕だけではなかったようで、
同僚の先生や他の都立高校の先生も同様の事を言っていた。


今年度は残りの定期試験も同様に3日間で行なわれるため、試験のたびに僕ら教師は大変になりそうである。
さらに冬休みも12月26日から1月3日に短縮されたため、
1月4日から3学期が始まることになる。

その一方で、政府は冬休みを成人の日の1月11日まで延長するよう提言するというのである。


これでは学校と整合性が取れなくなってしまうが、果たしてどうなるのだろうか。

2020年度は新型コロナウィルスに最後まで振り回される1年となりそうだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック