奇跡の丘~生年+年齢=2020~

12月25日クリスマスの日に不思議なメッセージが届いた。

IMG_20201226_141931.jpg

今日12月25日には、誰もが自分の西暦の生まれた年の西暦と年齢を足すとちょうど2020になる。
そして、次にそうなるのは1000年後なのだという…。


???
何を言っているのだ?
生年に年齢を足せば今年の西暦になるのは当たり前ではないか。
昨年は誰もが2019だったし、来年は誰もが2021になる。
これは生まれたばかりの赤ちゃんに向かって「30年後には30歳になりますね」と言っているのと同じである。


ところがTwitter等のSNSでも同様の投稿をしている人が相次いでいた。


しかも驚くことにそれに対して「本当だ!」「すごい!」などと絶賛するコメントだらけなのである。

よくよく考えてみると、このメッセージには2ヶ所の間違いがある。
誕生日が12月26日~31日の人の場合、生年に年齢を足しても2019にしかならない。
そして、1000年後は2020ではなく3020になってしまう。

後でこうした仕掛けに気づき、ほっこりした、笑えた。だからそれで良しとしている人も多い。
だが、僕はここになんとも危険なものを感じる。
詐欺が生まれるのはこうした瞬間からなのではないのか。
ひょっとしたらこうしたメッセージで、詐欺に引っ掛かりやすい人を炙り出しているのかもしれない。


小泉進次郎・環境相はかつて「景気が良くなれば、必ず不景気から抜け出せます。私はそう信じている。」
地球温暖化について「今のままではいけないと思います。だからこそ、日本は今のままではいけないと思っている」 などと発言しているが、本質的にはこれとまったく同じだ。

どうせ流行るなら我々を感心させてくれるようなものが見てみたい。
例えば、「昭和33年3月生まれの人は平成3年3月3日に33歳になる。」「大正7年7月7日生まれの人は平成7年7月7日に77歳になる。」
「阪神・淡路大震災の年(1995年)に生まれた人は、東日本大震災(2011年)で中学卒業式が中止となり、新型コロナウィルス(2020年)で大学院修士課程の修了式が中止になった。」
探せばいくらでも奇跡みたいに不思議なことは存在しているのだから。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック