曼荼羅~アウトドア般若心経~

「アウトドア般若心経」というのをご存知だろうか?
みうらじゅんが、新しい写経の形として提唱したもので、
般若心経の278文字を町の看板等から探して一文字ずつ撮影することで完成させるというもの。

僕もやってみようと思い立った。 

毎日町の看板などを見ながら歩くようにしていたら、なるほど町中に経文の文字が溢れている。


   仏説摩訶般若波羅蜜多心経


1080618.jpg

1080631.jpg

P1080617.jpg

P1080573.jpg

1080635.jpg

P1080690.jpg

1080641.jpg

P1080570.jpg

1080638.jpg

1080568.jpg


original_21cdd69d-7063-4146-9264-00bbf155bc2c_1080624.jpg


original_91208720-125a-4b29-946b-62881869ef42_1080628.jpg


「仏」はデパートの仏具屋で写した。
「説」は「説明」というのを工事現場の掲示から。
多摩都市モノレールに乗る機会が多いので、「摩」や「多」は枚挙に暇がないくらい見つかる。
「訶」の字はさすがになかなか見つからなかったが、取り合えず「可」で代用することにした。
「般」は「一般」という文字から。
「若」「波」は店の名前から写した。
「羅」は天婦羅屋、「蜜」は蜂蜜屋で写した。
「心」は駅にあった「やさしい心づかい」という貼り紙から。
最後の「経」は学校の経営企画室から写した。


写経を始めてから一週間ぐらいかかってしまった。
これで12文字。
まだ1/20にも届かない。
みうらじゅんも完成まで4年かかったというから、僕も気長に写経していこうと思う。
ただ、「蘊」「礙」「顛」「耨」といったおおよそ看板には用いられそうにない文字もかなりあるので、どうすればいいのだろうか…。
みうらはズルいからという理由でお寺から写すことはしなかったそうだが、僕は気にしないでいよう。
また、今は家や職場の近くでしか写経していないが、新型コロナが落ち着いたら、遠出をすることも考えている。


時々、このブログでも途中経過を報告したいと思う。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック