糸~大学入学共通テスト直前~

いよいよ第1回目の大学入学共通テストの受験日が明日・明後日に迫った。
果たして無事、実施されることになるのだろうか?


初めての共通テストということで、いったいどのような問題が出題されるか注目している。
国語の場合、記述問題は出題されないことになったが、実用文や会話文から出題されることになっている。
従来のセンター試験とは大きく異なった問題になるだろう。
毎年自分でも解くようにしている。
一応、国語教師なもので…。


僕が一番心配なのは、共通テストがクラスターの原因となるかもしれないということだ。
2週間後はちょうど国立の二次や私大入試の時期と重なっている。
だから私大を本命としている受験生の中には、コロナが心配で共通テストを回避する人がいるかもしれない。

1050287.jpg

国立大学の中には、コロナで二次試験を受けられなった受験生は共通テストの結果だけで合否を決めるとしているところがある。
また、早稲田大学などの私大でも、共通テストの結果で振り替えるところがある。

たとえ共通テストを回避しても、別の要因でコロナに感染する可能性がある。
共通テストを受けず、なおかつ私大の入試を受けられなかったというのでは、もはや目も当てられない。
いや、そもそも僕の母校・早稲田大学の志望者にはもともとセンターは受けずに一般受験で勝負という人が多い。
そういった受験生への配慮も必要なのではないだろうか。


それにしても、共通テストが始まると聞いた時、ここまで大きな意味を持つだろうとは思わなかった。
2020年度は新型コロナだけでなく、共通テストにも翻弄された1年だったように思う。