無名抄~都立高校入試ミス発覚~

2月21日、都立高校の入学者選抜検査が行なわれた。
当然、僕の勤務校も入試を行い、22日と24日には採点業務があった。

採点も一通り終わり、点検作業が大詰めとなった24日午後、校長から作業の中止が告げられた。
なんでも、出題にミスがあったというのだ。
都立高校の入試は、一部の進学校などで自校作成問題を用いる場合を除いて共通問題を使用している。
なので、あまり出題のミスといったようなことは起きない。

もちろん、採点のミスはしばしば起きている。
2014年に都立高校で採点ミスが大々的に発覚し問題となったことがある。
それ以来、入試問題は一部がマークシートとなった。
国語の場合も、記述問題がかなり減らされた。
今回の入試問題では200文字の記述問題が一問あっただけである。

Screenshot_20210225-112953.jpg

今回ミスが発覚したのは、国語の問題であった。
ちなみにマークシートの部分だったので、僕ら教員は採点には関わっていなかった。
ミスがあったのは古文の問題である。
鴨長明の「方丈記」に関する対談を読んだ後に、同じ長明の「無名抄」の原文と訳文が載っている。
その訳文からの出題だ。


4 問5
かならずやとあるが、この言葉が直接かかるのは、次のうちどれか。
  ア 名人で
  イ いらっしゃるに
  ウ 違いない
  エ 申すのです


模範解答は「イ」となっているが、「適切に一つの選択肢を選ぶことのできない問題」であったというのだ。

16142202492465270263721306413966.png

副詞の呼応の問題である。
もう少し詳しく見てみよう。
該当する文の全文は次の通り。

   あなたはかならずやこの先の世の中で歌の名人でいらっしゃるに違いない上に、このように師弟の約束をされたので申すのです。

ここだけ読むとなるほど「イ」で問題なさそうである。
原文の方はどうなっているのか。

   そこはかならず末の世の歌仙にていますかるべき上に、かやうに契りをなさるれば申し侍るなり。

これだと、かかっている部分が「いますかるべき」となる。
ところが、これを訳すと「いらっしゃるに違いない」となってしまう。
「べき」(基本形「べし」)は「当然」の意味の助動詞なので、「~に違いない」に当たる。
助動詞は付属語だから、自立語である動詞「いますかる」(基本形「いますかり」)と分けることは出来ない。
だから厳密に考えると、ここでの正解は「イ」と「ウ」の両方でなくてはいけない。


現代語訳でなく、原文の方に傍線を引いておけば、問題は起きなかったかと思われる。
おそらく採点中にどこかの学校の先生が気づいたのだと思うが、
実は僕の勤務校でも国語教員の間で、「この問題わかりづらくない?」という指摘があった問題だった。


東京都では結局この問題について、全員に5点をあげるということになった。
そうなると受験生の得点が変わり、順位が入れ替わる可能性が出てくる。
僕の勤務校では作業中断となったが、学校によっては作業が全部終わり合格者も確定させ、3月2日の合格発表の準備が進んでいたはずである。
それが全部やり直しになるのだから、困ったものである。



大勢の手がかかっている試験問題であっても、このようにミスが出てしまう。
ましてや個人で作っている定期試験の問題はもっと間違いが出てもおかしくない。
もうすぐ僕の勤務校でも学年末試験があるが、出来るだけミスがないように、慎重に作らなければならない。



海辺の映画館~キネマ旬報ベスト・テン~

第94回キネマ旬報ベスト・テンが発表されている。
2020年は新型コロナウィルスの影響もあって、2月以来映画館へ行くのを控えていた。
多少はネットやDVDで観ているとはいえ、ほとんど映画を観れていない。
僕自身が2020年の映画について語ることはほとんど出来ないということは、重々承知している。


SpynoTuma.jpg


各種のベスト・テンは次の通りになった。

〈日本映画ベスト・テン〉
1「スパイの妻」
2「海辺の映画館―キネマの玉手箱」
3「朝が来る」
4「アンダードッグ」
5「本気のしるし 劇場版」
6「37セカンズ」
7「罪の声」
8「喜劇 愛妻物語」
9「空に住む」
10「アルプススタンドのはしの方」

Parasite.jpg

〈外国映画ベスト・テン〉
1「パラサイト/半地下の家族」
2「はちどり」
3「燃ゆる女の肖像」
4「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」
5「異端の鳥」
5「死霊魂」
7「フォードVSフェラーリ」 
8「ペイン・アンド・グローリー」
9「1917命をかけた伝令」
10「TENETテネット」

NazeKimihaSori.jpg

〈文化映画ベスト・テン〉
1「なぜ君は総理大臣になれないのか」
2「プリズン・サークル」
3「花のあとさき/ムツばあさんの歩いた道」 
4「三島由紀夫VS東大全共闘50年目の真実」
5「音響ハウスMelody-Go-Round」
5「ムヒカ/世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」
7「タネは誰のもの」
8「アリ地獄天国」
9「れいわ一揆」 
10「香港画」  

Tengaisha.jpg

〈読者選出日本映画ベスト・テン〉
1「天外者」
2「ミッドナイトスワン」
3「コンフィデンスマンJPプリンセス編」  
4「スパイの妻」
5「罪の声」
6「朝が来る」
7「海辺の映画館―キネマの玉手箱」
8「浅田家!」
9「ラストレター」
10「糸」

〈読者選出外国映画ベスト・テン〉
1「パラサイト/半地下の家族」
2「TENETテネット」
3「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」
4「ジョジョ・ラビット」
5「リチャード・ジュエル」 
6「1917命をかけた伝令」
7「はちどり」
8「フォードVSフェラーリ」 
9「燃ゆる女の肖像」
10「ミッドサマー」


日本映画のベスト・テンが評論家選出と読者選出で大きく異なっているのが印象的。
トップ3が全く異なっている上に、一致しているのも4作品だけだった。
映画興行収入記録を更新している「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は評論家選出で99位だったが、
読者選出では12位と健闘していた。

外国映画ベスト・テンは、アカデミー作品賞受賞の「パラサイト」が評論家・読者共に1位だった。


一方の個人賞は…

〈日本映画監督賞〉
大林 宣彦「海辺の映画館-キネマの玉手箱」

〈日本映画脚本賞〉
濱口 竜介・野原 位・黒沢 清「スパイの妻」

〈外国映画監督賞〉
ポン・ジュノ「パラサイト/半地下の家族」

〈主演女優賞〉
水川 あさみ「喜劇 愛妻物語」「滑走路」

〈主演男優賞〉
森山 未來「アンダードッグ」

〈助演女優賞〉
蒔田 彩珠「朝が来る」

〈助演男優賞〉
宇野 祥平「罪の声」「本気のしるし 劇場版」「恋するけだもの」「37セカンズ」「星の子」

〈新人女優賞〉
モトーラ 世理奈「風の電話」 「タイトル、拒絶」

〈新人男優賞〉
奥平 大兼「MOTHER マザー」

〈読者選出日本映画監督賞〉
田中 光敏「天外者」

〈読者選出外国映画監督賞〉
ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」

〈読者賞〉
川本三郎「映画を見ればわかること」

〈特別賞〉
野上 照代

昨年4月に亡くなった大林宣彦監督が遺作「海辺の映画館」で監督賞受賞。
2017年の「花筐/HANAGATAMI」以来2度目の受賞となった。
僕はもともと大林監督の映画が大好きだったので嬉しいのだが、
残念ながら「海辺の映画館」は見損ねてしまった。


それにしても、いったい新型コロナウィルスの脅威はいつまで続くのだろうか…
コロナ禍が終わったら、これまで観られなかった分、多くの映画を観たいと思っている。


異次元の刻印~頭脳王~

2月19日、「頭脳王2021」(日本テレビ)が放送された。
僕も毎年この番組に注目しており、今年も楽しみにしていた。


この「頭脳王」、僕も何度か予選に出場している。
もともと本選出場なんてのは到底無理だということはわかっている。
あくまで話のネタにでもなればというぐらいの気持ちで参加した。
初めて参加したのは2017年で、ネット上で行なわれる一次予選を突破したものの、当時は三宅島にいたため二次予選は断念した。

2018年は初めて日本テレビで行なわれた二次予選に参加。
もちろん結果は散々だったが、会場で頭脳自慢たちと一緒に試験を受けるという貴重な経験が出来て楽しかった。

47495081_10217621042939064_8999694250362798080_o.jpg

2019年はうっかりエントリーを忘れていたため、昨年行なわれた今回の予選に久々に参加した。
ところが新型コロナウィルスの影響もあって、会場での二次予選は行なわれず、メールで解答するという形だった。
ちなみにめちゃくちゃ難問で、さっぱりわからず、不戦敗よりはましだろうと適当に提出してしまった(^_^;)
結果はもちろん二次予選敗退。


ちなみに、ネットで行なわれた今回の一次予選の問題にはこんなものがあった。


images (3).jpeg


左のSSAWが春夏秋冬を表しているのはすぐに解った。
右のひらがなはなんだ…。
しばらく考えて、「枕草子」だと解った。


春はあけぼの
夏は夜
秋は夕暮れ
冬はつとめて


というわけで答えは「つ」。
国語教師をやっていて良かった(笑)



そして迎えた放送当日。
とりあえず5問ぐらい解ればいいかなと思って見始めた…。


僕が解った問題にはこんな感じのものがあった。

問:次の建物の名称を答えなさい。


images (1).jpeg


これは、行ったことがあるから解った。
「網走刑務所」だ。
(もちろん、見学にという意味で、入所していたわけではありません)


問:発見前の南極大陸の描かれた地図の名称を答えなさい。


images (2).jpeg


これは「ピリ・レイスの地図」。
グラハム・ハンコックの「神々の指紋」の冒頭でも取り上げられていたように、オカルト好きには常識問題である。


また、僕は知らなかったが、なるほどと思った問題もあった。


問:サトウハチロー作詞の「ひなまつり」で作者が勘違いしていたことは何か。

答:歌詞に「♪お内裏様とお雛様」とあるが、「お内裏様」とは男女の人形両方を指し、
お雛様は雛人形全体を指す。


問:高知県になく、他の都道府県にある。
  うさぎ小屋に関係なく、風車小屋に関係あるものは何か。

答:ドン・キホーテ



今回は6問正解だった。
クイズの方は昨年準優勝の河野玄斗が大会初の3度目の優勝を遂げた。
河野は東大医学部在学中に司法試験に一発合格。
その後、医師国家試験にも合格している。
大学は昨年卒業しているのだが、番組では未だに「東大医学部の神脳」というキャッチフレーズが使われていたのが少し気になる。
医師で弁護士の両立を目指すというのなら、こんなクイズ番組出てる場合ではな無いのだと思うのだが、
調べてみると現職は教育系アプリ制作会社の社長なのだそうだ。
なんとなく、才能を無駄遣いしている気がするのは僕だけだろうか。



青天を衝け~新大河ドラマ~

SeitenwoTsuke.jfif

60作目の大河ドラマ「青天を衝け」の放送が2月14日始まった。
今作の主人公は実業家の渋沢栄一(演:吉沢亮)で、幕末から昭和までの話となる。
幕末が舞台となるのは2018年の「西郷どん」以来。
幕末の大河ドラマは賛否が分かれることが多いが、見応えのあるドラマを期待したい。


主人公の渋沢栄一という人物については、僕ももちろん知っていたし、何をした人物かもなんとなくわかる。
僕が昔住んでいた深川の家の近くには渋沢栄一が設立した会社があり、ロビーに胸像があった。

DSC06738.JPG

また、東京駅の近くに銅像が建っているのも知っている。

DSC09763.JPG

谷中霊園にある渋沢家の墓を訪ねたこともあった。

DSCN0104.JPG

とはいえ、あまり興味があったわけではないので、どのような人物なのかピンと来ない。
だからこそどのような物語になるかが分からないので楽しみだと言える。


前作「麒麟がくる」があまりにも良かったので、この「青天を衝け」にはプレッシャーがかかってくるのではないだろうか。
見ていてどうしても比較してしまう。
ちょうど2013年の「真田丸」の後の「女城主直虎」が見劣りしたように…。


ともかくも第1話を観た。
冒頭にいきなり「こんばんは、徳川家康です」と徳川家康(演:北大路欣也)が出てきて面食らった。
江戸幕府についての解説者という役回りなのだが、
江戸幕府の初代将軍が、自らの建てた幕府の最後を見届けるという意味もあるのだろう。

そして、栄一と、徳川慶喜(演:草彅剛)の出会いが描かれる。
物語はそこから、若き日の栄一と慶喜の物語となる。
岡部藩の豪農の息子として生まれた栄一と、江戸幕府の御三家・水戸徳川家の慶喜。
家柄も身分も違う2人の人生が微妙に絡み合いながら物語は展開していく…。

罪人として岡部藩に幽閉された高島流砲術の流祖・高島秋帆(演:玉木宏)と栄一の出会いが描かれるなど、
ホームドラマとしての側面を持ちつつ歴史ドラマが複雑に絡み合っていく。
なかなか巧みなストーリー展開で、第1話としてはまずまずの出来であった。

第1話の視聴率は20.0%で、初回が20%を超えたのは2013年の「八重の桜」以来8年ぶりだったという。
今後どうなっていくのかとても楽しみだ。

渋沢栄一は2024年には1万円札のデザインとなることが決まっている。
せっかくの機会なので、渋沢栄一の生涯についても勉強しつつ、ドラマ「青天を衝け」を1年間楽しもうと思う。


吉原炎上~鬼滅の刃アニメ第二期決定~

相変わらず人気の衰える様子の見えない「鬼滅の刃」。
2月14日、AbemaTVにおいて「鬼滅祭」が放送された。

もともとこの「鬼滅祭」は、アニメ放送弐年を記念して幕張メッセで開催される予定であった。
それが新型コロナウィルスの流行を受けて中止となったため、オンラインでの開催となったのである。
スピンオフアニメ「中高一貫!!キメツ学園物語」の新作もその中で放送されるということで、僕も楽しみにしていた。

放送の中で嬉しいお知らせがあった。
それは、アニメ第二期「遊郭編」が年内に放送開始されるということである。

2019年に放送された「鬼滅の刃」第一期「竈門炭治郎立志編」は、原作でいうと7巻までで終わっている。
今年大ヒットした映画「無限列車編」を併せても8巻までの内容しか消化していない。
原作は昨年23巻で完結したが、続編の放送が待たれていた。


y_60291adaad9a2.jpg


なかなか続編の放送が決定されなかった理由としては、
続編の舞台が吉原の遊郭となっていることや残酷描写が放送倫理に抵触するおそれがあることと、
視聴率を見込んでゴールデンタイムで放送したいテレビ局側との間での調整が難航したことにあるという。


「遊郭編」での敵役は吉原に花魁として潜んでいる鬼・堕姫(だき)。
描かれたその過去は凄惨である。
堕姫は遊郭の最下層の娘として生まれ、幼くして客を取っていたが、13歳の時に客の目を簪で突いた報復として生きたまま焼かれてしまう。
その事がきっかけとなり、兄の妓夫太郎と共に鬼となった。
戦いにおいても、堕姫が首を落とされたり、鬼殺隊士が腕を失うなど、残酷シーンも第一期以上にふんだんである。


放送が決定したとはいえ、まだ具体的な放送日や時間などの詳細である。
第一期は僕は見ていなかったが、土曜日23:30~という深夜枠だったが、
第二期はもっと早い時間の放送となるのだろうか…。


いずれにせよ、放送開始が今から楽しみである。
「遊郭編」では鬼殺隊最高位の柱である宇髄天元(声:小西克幸)が大活躍する。
ポスターもその天元がメインになっている。
「派手」が口癖の天元らしい派手な展開を心待ちにしよう。


麒麟がくる~大河ドラマ最終回~

2151182_201912230832324001577064906c.jpg


NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が2月7日最終回を迎えた。

この「麒麟がくる」、放送開始時からトラブル続きであった。
放送開始直前、織田信長の妻・帰蝶(濃姫)役の沢尻エリカが麻薬所持で逮捕され降板。
すでに撮影済みの出演シーンを撮り直したため、放送開始が2週間遅れた。
さらに、新型コロナウィルスの流行によって収録が一時中断。
6月から8月まで放送が休止された。
そのため、初めて大河ドラマが年を跨いで放送されることになった。

主人公の明智十兵衛光秀を演じたのは長谷川博己。
従来の光秀というと繊細で神経質な人物のイメージだが、長谷川・光秀は若々しく勇ましい。
これまでにない明智像が描かれていた。

他にも染谷将太の織田信長、佐々木蔵之介の羽柴秀吉というのは一見意表をついたキャスティングだったが、
観ているうちに違和感が無くなってくるから不思議である。


最終回第44話のタイトルは「本能寺の変」。
信長との確執が深くなった光秀は、遂に信長を討とうと決意する。
天正10(1582)年6月2日、明智率いる大軍が信長の滞在する本能寺を急襲する。

驚いたのは山崎の合戦が、「光秀は敗れた。世の動きは一気に早まった」というナレーションで語られただけで全く描かれなかった点だ。
これは近年の大河ドラマによく取り入れられている「ナレ死」(ナレーションだけで死が語られること)なのではないか。
「麒麟がくる」でも光秀の親友にしてライバルであった斎藤義龍(演:伊藤英明)の最期が「斎藤義龍は2年後、病によりこの世を去る」というナレーションで描かれていただけだった。

ここで物語は3年後に飛ぶ。
幼い頃から光秀を慕っていた駒(演:門脇麦)は光秀が丹波の山奥で今も生きているとの噂を耳にする。
そして、人混みで光秀らしき後ろ姿を見かけ追いかけるも、見失ってしまう。
これはまるで、「帝都物語」のラストシーンではないか。
「帝都物語」では滅ぼされたはずの加藤保憲(演:嶋田久作)の姿を見るのが、「麒麟がくる」で正親町天皇を演じた坂東玉三郎だったというのも面白い偶然だ。

ラストシーンでは光秀らしき男が馬にまたがって疾走する場面。
まさかの光秀生存説を取り入れた最終回であった。

images.jpeg

タイトル「麒麟がくる」の麒麟とは、戦乱の世を終わらせ平和な世をもたらす人物が連れてくる伝説の動物のことである。
光秀の天下は10日で終わり、彼は麒麟を連れてくることが出来なかった。
この世界に麒麟を連れてくることが出来たのは、豊臣秀吉もしくは徳川家康(演:風間俊介)である。

ところで、光秀は死なずに天海僧正になったという説がある。
天海といえば徳川家康の側近である。
実は光秀は徳川家康と共に天下太平を築きあげ、この世界に麒麟を連れてくることに貢献していたのではないか。
そう考えると最終回で光秀と家康の絆が盛んに描かれていたのは、意味ありげである。
光秀と家康の間に密約があったとすれば、家康が伊賀から三河に逃げる「伊賀越え」の必要がなくなってしまうのだが、
そこも「徳川家康は次の事態に備えるため三河に走った」とナレーションで説明されただけだった。


ひょっとしたら続編があるのだろうか?
あるいは、再来年の大河ドラマは「どうする家康」である。
そこに長谷川博己を天海役で出演させるなんてサプライズがあったら面白いかもしれない。



償い~緊急事態宣言延長~

菅義偉首相は現在11都府県に出されている緊急事態宣言を、栃木県を除いて3月7日まで延長すると発表した。
2日、都内の感染者数が393人となり、12月28日の481人以来500人を下回ったので、
てっきり政府は宣言解除の意向なのかと思っていたが、そうではなかったようだ。

もっとも、劇的に状況が変わったわけではないため、学校の対応は従来通りということになるのだろうから、
学校行事も部活動も中止という状況が続く。
3月頭は学年末試験の時期であるため、実質的には三学期全部が現状のままということになる。


東京都のコロナ感染者数は1月7日の2,447人をピークに、このところ減少傾向にある。
1月28日の1,064人を最後に、ここ数日は千人を下回っている。
一見すると、コロナは収束に向かっているようにも思える。
しかし、実際のところはどうなのだろうか?

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトで、ここ数日の検査数を調べてみた。
以前からこのサイトは非常に見辛いと思っているのだが、
検査人数に関しても、PCR検査と抗体検査の陽性判明数と陰性判明数が別になっていて正直わかりにくい。
東京都は意図的に見辛くしているのではないかと勘繰ってしまう。


2月1日(月)   7,804人
1月31日(日)  3,477人
1月30日(土)  6,970人 
1月29日(金)  9,993人
1月28日(木)  9,877人
1月27日(水)11,077人
1月26日(火)11,458人
1月25日(月)10,396人 
1月24日(日)  3,391人
1月23日(土)  8,206人
1月22日(金)11,989人
1月21日(木)12,085人
1月20日(水)12,893人

1月27日までは平日は1万人を超える検査数だったのが、28日以降は下回っている。
明らかに検査数が減っていることがわかる。
検査数が経れば感染者数が減るのは当たり前である。

これについては僕も思い当たる節がある。
僕の勤務校でもすでに生徒の中から何人かのコロナ陽性者が出ている。
ところが保健所の方から、家庭外つまり学校では濃厚接触にならないのだと言われたのだ。
つまり、クラスメイトに陽性者が出ても問題ないというのである。
もちろん、保健所の検査が逼迫しているという事情もあるのだろう。
僕の勤務校では保健所の指示とは別に陽性者と仲の良かった生徒は自宅待機としたのであるが…。


例え検査数を減らして見せかけの感染者数を減らしてみても、
前回の緊急事態宣言下の感染者数を遥かに上回っている。
現在のところワクチンの接種も遅れており、まだまだコロナに関しては油断してはいけない。



地上最大のショウ~賞レース延期~

新型コロナウィルスの流行を受けて、多くのイベントが中止・延期を余儀なくされている。
それは、2020年度の賞レースにおいても例外ではない。

当初1月31日に予定されていた第63回グラミー賞が、3月14日に延期された。
(すでにノミネートは11月24日に発表済み)
同じく、第93回アカデミー賞も、2月から4月25日に延期となっている。
こちらのノミネートは3月15日に発表の予定である。
ちなみに今年に限り、劇場が閉鎖されていた期間に限り動画配信されて作品もノミネート対象とするとのことである。

共に授賞式会場のあるロサンゼルスでの感染者拡大を受けてのものだが、正直1ヶ月かそこら延期したところで、事態が好転するとも思えない。
授賞式はショーとしての側面もあるのだが、今年に関しては単純に賞の授与のみとなっても仕方がない。
なんなら先に受賞者を発表してから、後日改めて受賞者のインタビューを放送するのでも構わないのではないか…。

P1060474.JPG

ちなみに第44回日本アカデミー賞も2週間遅れて3月19日に授賞式が行なわれるが、ショーとしての要素がほとんどないこの賞こそ、そのやり方がふさわしいとも思う。


授賞式が遅くなったことあるので、その時間を生かして僕もじっくりと受賞作の予想なんかを立ててみようかと思う。