銀の匙~#教師のバトンプロジェクト~

KyoshiBaton.jpg


3月26日、文部科学省によって「#教師のバトンプロジェクト」が開始された。


これは、「令和の日本型学校教育を実現していくため、時代の変化に応じた質の高い教師を確保するためには、より一層の働き方改革の推進や処遇の在り方の検討を進めることに加え、教職を目指す学生や社会人の方に、現職の教師が前向きに取り組んでいる姿を知ってもらうこと」が目標であるという。

TwitterやnoteといったSNSや特設ホームに「#教師のバトン」のハッシュタグをつけ、「学校での働き方改革による職場環境の改善やICTの効果的な活用、新しい教育実践など、学校現場で進行中の様々な改革事例やエピソード」についての投稿をすというものである。


さっそく、「#教師のバトン」の投稿を見てみた…。













まさにネガティブな内容のオンパレード。
ポジティブなものはほとんど投稿されていない。

僕は普段から教員のTwitterをフォローして読んでいるが、もともと待遇などに対しての怨嗟の嵐が吹き荒れているのだから、
この結果は予想していた通りであった。
教員志望の学生がこの「#教師のバトン」の投稿を見たら、むしろ教員になりたくなくなってしまうのではないか。


文科省は本当にポジティブな投稿がたくさん出てくると予想していたのだろうか?
この結果を見る限り、文科省の狙いはむしろネガティブな意見の吸い上げだったのかと勘繰ってしまう。


萩生田光一・文科相は以前「教師という職業を再び憧れの職業にしっかりとバージョンアップしてですね、志願者を増やしていくということにしたいと思います」と語っていたが、
やはり教育の現場をよく知らないのだろう。



果たして文科省はこのプロジェクトをどのように締めるつもりなのだろうか。
まさか、数少ないポジティブな意見だけを取り上げてお茶を濁すつもりではあるまい。
ネガティブな意見をしっかりと受け止めて、教員の待遇の改善などにつなげてくれるのであれば、意味があることだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック