春物語~緊急事態宣言解除~

1090354.jpg

3月21日、1都3県に出されていた緊急事態宣言が解除となった。
このところ、都内の新規感染者数は増加傾向にあり、
正直いって緊急事態宣言の効果はどこまであったのかはわからない。



解除によってますます気が緩んでしまえば、新たな波が押し寄せてくることにもなりかねない。
これからも気を引き締める必要があるだろう。


僕の勤務している都立高校ではすでに卒業式も学年末試験も終わり、短縮授業の期間に入っていたため、
授業等に関していえば緊急事態宣言解除の影響はほとんどない。
ただ、これまで原則的に禁止となっていた部活動が段階的に再開となった。

今のところら原則的に平日2日のみ、2時間までの部活動が認められている。
段階的に休日の部活動も認められることになる。
大会等への出場は認められるが、合宿や都外での練習試合などはまだダメ。
大会というのも、高体連、高文連、高野連、各競技団体等が主催又は後援する大会のみとのことで、
例えば僕が顧問を務める吹奏楽が今月予定していた定期演奏会はそれに該当しない。
残念ながら定期演奏会は中止となってしまった。

宿泊を伴う行事というのは大会参加に伴う宿泊のみで、
合宿等はGO TOトラベル再開後というのが条件になっている。
それは修学旅行も同様である。
僕は現在2年生の担任だが、もともと12月に修学旅行が予定されていた。
それが新型コロナの影響により3月に延期されたのだが、それも結局中止となった。
現在、来年度に再度修学旅行が予定されているのが、それも現状実施されるかどうか不透明である。


ともかく部活動が限定的とはいえ再開したことで、ようやく学校も活気が戻ってきたように思える。
1日も早く元の通りに戻って欲しいと切に願う。