早春賦~滝山城~

今年は例年に比べて桜の開花が早かった。
新型コロナウィルスで、なかなか花見の宴が出来ないが、せめて桜だけでも見たい。
そこで、3月下旬のとある日、八王子の滝山城址公園へ出かけた。

P1090484.JPG

滝山城は大永元(1521)年大石定重によって築かれ、今年で築城500年。
その後、北条氏照の居城となった。
永禄12(1569)年の滝山合戦では武田信玄の攻撃を受けるがそれを凌いでいる。
天正15(1587)年に、氏照は本拠地を八王子城に本拠地を移している。

P1090518.JPG

滝山城へは大手口から登城した。

P1090487.JPG

上り始めの天野坂が意外と勾配がきつく大変であったが、あとは比較的平坦で登りやすい。

P1090488.JPG

右手に三の丸。
空堀が見えた。

P1090492.JPG

確かに桜は咲いているのだが、まばらでそれほど綺麗な印象はない。

P1090495.JPG

千畳敷は広大な広場。

P1090497.JPG

中の丸へ。
本丸に次ぐ重要な曲輪であったそうだ。

P1090499.JPG

なるほど、ここには桜もそれなりに咲いている。

P1090504.JPG

P1090502.JPG

建物があったが、城の遺構ではなく、昭和30年代に建てられた国民宿舎滝山荘のもの。

P1090507.JPG

この滝山荘の裏手からは多摩川が見下ろせた。

P1090512.JPG

桜に関しては、期待していた程では無かったが、お城散策としては、それなりに楽しめる滝山城訪問であった。