池袋の夜~池袋「ブッダ」~

ネパールレストラン紹介(3)

最近ネパールレストランが増えてきたが、本格的なネパール料理を食べさせる店は案外少ない。
その数少ない店が、池袋の「ブッダ」である。

PB271418.JPG


この店もやはり、ネパールに行く前からのお気に入りで、
青年海外協力隊の派遣前訓練が終わった日にも、
隊員仲間(ただしウズベキスタン派遣)と一緒に行っている。


画像


ここに来ると、今まではネパール・タリー・セット(2100円)を食べていたが、
ある時見た、店員が賄いで食べているダルバート・タルカリのほうがよっぽど美味しそうだった。
それでいつか、その賄いを出してもらおうと思っていたら、
先日ようやくそれを食べる機会があった。

ダル・スープにジャガイモとタマネギなどのタルカリ、
ダイコンのアチャールがつく。
今まで食べていたものに比べると、辛口だったので、
やはり日本人向けのアレンジがなされていたようだ。


画像


この日も、近所のネパール人が店に遊びに来ていて、
スタッフも交えてネパール語でいろいろと会話ができて楽しかった。


なお、この店は池袋西口を出て、トキワ通りを北のほうへ進み、
池袋郵便局前の交差点を左に入ったところにある。
ネパール料理初心者からベテランまで幅広く対応できる店だと思うので、
ぜひとも一度お出かけください。

"池袋の夜~池袋「ブッダ」~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント