揺れる想い~ダルバートもどき~

画像


先日、ふとネパール料理が食べたくなって都内の某ネパールレストランに出かけた。
店員はどうやら全員がネパール人らしい。
メニューを見ると「ダルバート・セット」があったので、
迷わずそれを注文した。


P4066033.JPG


ゴルカ・ビールを飲みながら待っていると、
出てきた料理を見てアッチャンマ・ラギョ(驚いた)!

バート(ライス)では無くナンがついていた。
おまけにダル・スープも無い。

「ダルもバートも無いじゃないか!」
と(ネパール語で)抗議したところ、
サービスでダルとバートを出してくれた。

後で話を聞くと、「ダルバート・セット」というのは単なる名前だけなのだそうだ。
確かに、“ダルバート”はネパール料理の代名詞みたいなものだが、
まったく紛らわしいことをしてくれる。
今まで僕みたいなネパール好きやネパール通は来なかったのだろうか?


まあ、今後はこの店では僕が行く限りはこうしたトラブルは無いだろう。
ネパール語がしゃべれる日本人は珍しいから、
ネパール人店員はすぐ覚えてくれる。


僕にとっては初めての経験だったが、こうしたトラブル(?)は他の店でもきっとあるだろう。
だからみなさまお気をつけなさいませ。


(注:本文と写真は関係ありません)

"揺れる想い~ダルバートもどき~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント