自分のために~東京六大学野球・早立戦~

今季の東京六大学野球は、早稲田が圧倒的な本命だと予想していた。
ところが、早稲田―明治戦は4回戦までもつれる激戦となった末に、早稲田が破れてしまった。
かたや、法政はここまで無傷の6連勝…。

画像


今週は早稲田は立教と対戦する。
まだ優勝が消えたわけではないので、
ここで星を落とすわけにはいかない。
土曜の試合は順延となったため、今日日曜の試合を観に出かけた。

画像


いつもと違い、たまには外野席で観ることにした。
早慶戦以外の大学野球で外野に入るのは初めてだったかも。
ちなみに外野席は女性は無料なので、デートにもいい…と思う(笑)

画像


前の試合、明治―東大戦は明治が投打に圧倒。
10―0で先勝した。

画像


続く早稲田―立教戦。
発表されたスタメンを見てアッチャンマ・ラギョ(驚いた=ネパール語)。

1左 重 信(2年・早実)
2遊 東 條(4年・桐光学園)
3三 茂 木(2年・桐蔭学園)
4二 中 村(3年・天理)
5右 小野田(3年・早実)
6一 高 梨(3年・川越東)
7中 大野大樹(4年・早実)
8捕 土 屋(3年・早実)
9投 有 原(3年・広陵)

画像


今日も早実OBが4人スタメンに入っている。
それにしても、6番ファーストに完全試合投手の高梨というのはいったい…。
偵察要員かとも思ったのが、そのまま守備についた(写真下)。

画像


早稲田先発の有原が好投を見せる。
8回までを5安打1四球で無失点に抑える。

画像


一方の早稲田打線も立教の先発・澤田圭佑(1年・大阪桐蔭)をなかなか打ち崩せずにいる。

画像


だが4回裏、早稲田は中村、小野田が連打で1死1、3塁のチャンスを作る。

画像


そして高梨のセンターフライで先制。
野手起用の高梨、いきなり結果を出す。

画像


しかし、得点はその一点だけで、
立教の澤田、8回から登板の小林昌樹(2年・佐久長聖)に早稲田打線は抑えられている。

画像


1―0のまま9回表。
有原は完封まであと3人となった。

画像


しかし、先頭の二場(4年・田川)に四球を与える。
さらに牽制の際にファースト・足立(4年・明善)が代走・岩月(中京大中京)とぶつかり倒れるというアクシデント。無死2塁となる。
内野ゴロで1死3塁。
さらに四球、盗塁で2、3塁と逆転のピンチとなる。

画像


有原、岡部(3年・帝京)にレフトへの2点タイムリー2塁打を打たれる。

画像


早稲田1-2立教

有原が下がって内田(2年・早実)がマウンドへ。
ここは何とか抑えた。

画像


一転、後がなくなった早稲田。
9回裏、エンドレスで「紺碧の空」が流れる中、
2死から足立がライト前ヒットで出塁するも江塚(4年・掛川西)がキャッチャーフライに倒れる。

画像


早稲田はまさかの逆転負けで、立教戦の初戦を落とした。
好投の有原だったが、
打線の援護が無く、悔しい敗戦であった。
炎天下での観戦で、すっかり疲れてしまった。

画像


画像


もちろんまだ優勝が無くなったわけではない。
早稲田には諦めずに頑張ってもらいたい。

"自分のために~東京六大学野球・早立戦~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント