SUNRISE~東京六大学野球・早明戦~

画像


2週続けて神宮に来た。
東京六大学野球、早稲田は明治と対戦である。
今日は無敗の両校が激突する。

画像


無敗とはいっても、共に東大に勝っただけ。
しかも早稲田は2戦目を逆転勝ちと苦戦を強いられた。
両校の真価が問われるのはここからだろう。


今日はプロ併用日ということで、いつもより早い10時半プレイボール。
早稲田は吉永(2年・日大三)、明治は関谷(3年・日大三)と日大三高の先輩後輩対決となった。

画像


画像


1回裏、吉永は1死後ヒットと2四球で満塁のピンチを招く。
5番糸原(3年・開星/写真)を三振に取るも、中嶋(4年・桐蔭学園)に2点タイムリーを浴びる。
続く大塚(2年・花咲徳栄)にもタイムリー。
明治が3点を先制した。
早稲田は今日も苦しい立ち上がり。

画像


しかし、吉永も2回以降は立ち直り、失点を許さない。

早稲田は4回表、中村(3年・天理)がライトスタンドへのソロアーチで1点を返す。

画像


しかし、1死1塁で大野大樹(4年・早実)のファースト頭上を越えようかという打球を明治のファースト岡大海(4年・倉敷商)が飛び込んで捕るファインプレー。
走者武藤(3年・金沢泉ヶ丘)は戻れずゲッツー。
追加点ならず。
早稲田1-3明治


明治投手は7回から上原(2年・広陵)に交代。

画像


早稲田打線のほうも上原からなかなか点が奪えず、
1-3のまま9回表となった。


先頭の武藤がヒットで出塁。
2死後土屋(3年・早実)が四球を選び1、2塁とするも、
代打・渡辺琢也(2年・早実)は空振り三振に倒れる。

画像


初回の3失点が最後まで重くのしかかり、
早稲田は明治の5本を上回る8安打を放つも破れてしまった。
しかし、まだ初戦を落としただけ。
明日から連勝してくれることを期待しよう。

"SUNRISE~東京六大学野球・早明戦~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント