秋のindication~東京六大学野球 ・早慶戦~

いよいよ早稲田の優勝の時が来た。
今季の六大学野球有終の美を飾る早慶戦も第2戦。
この試合に勝てば早稲田は2012年春以来の優勝となる。

しかし、油断は禁物。
昨日は最後ひやっとさせられたし、
今まで優勝を慶応に阻止されたことが何度あったか。

画像


念には念を入れ、昨日より少し早目に神宮球場に着いた。
今日は暖かく、陽が当たると暑いくらい。
これはビールが進みそう(笑)

画像


無事にセレモニーも済み、試合開始。

画像


画像


早稲田は昨日に引き続き大竹(1年・済々黌)が先発。

画像


慶応は昨日はリリーフの三宮(3年・慶応)となった。

画像


慶応は1回裏、連打と死球で無死満塁とする。

画像


4番横尾(3年・日大三)のタイムリーで慶応が先制。

画像


続いて藤本知輝(4年・慶応)、竹内惇(4年・慶応)が連続犠牲フライ。
なんと慶応が3点を先制するという予想外の展開に。


反撃を狙う早稲田は、2回表2死2塁から中澤(2年・静岡)がタイムリー。
1点返す。

画像


大竹は早々と代打を出され、
2回から竹内(2年・松阪)がマウンドへ。

画像


4回裏、慶応は2死2塁からキャプテン佐藤旭(4年・慶応)がタイムリー3塁打。
早1-4慶

画像


早稲田は5回から有原(4年・広陵)が登場。

画像


6回表、早稲田は2死2塁から武藤(4年・金沢泉丘)のタイムリー3塁打。
2点差と早稲田は食い下がる。

画像


8回表早稲田が2死2塁という場面で、慶応投手は明(4年・慶応)に。

画像


ここまで無失点だった有原だったが、8回につかまる。
1死1、2塁から小笠原(3年・智弁和歌山)にタイムリーを打たれる。

画像


ついに2-5で9回を迎えた。
早稲田は先頭の小野田(4年・早実)が四球。
茂木の2塁打で無死2、3塁。

画像


たまらず慶応はエース加藤拓也(2年・慶応)をマウンドへ。

画像


しかし、暴投でまず1点。

さらに土屋の内野ゴロで1点差に迫る。

画像


しかし続く中澤はライトフライ。


代打山口(4年・早稲田摂陵)は三振に倒れゲームセット。

画像


結局、早稲田は4-5と接戦の末に慶応に敗れてしまった。
その結果、早稲田の優勝は無くなり、
明治大学の優勝と決まった。

画像


ああ、なんてことだろう。
また目の前で優勝を逃してしまった。
なかなかうまくいかないものだ。
とにかく悔しい…。

"秋のindication~東京六大学野球 ・早慶戦~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント