血潮は燃えて~明治神宮野球大会~

好天に恵まれた土曜日。
野球日和の今日、明治神宮球場へ出かけた。
ちょうど明治神宮野球大会が開催されている。

画像


本当は母校早稲田実業か早稲田大学の応援で来たかったのだが、
残念ながらどちらも優勝できなかった。

今回は東京六大学野球で優勝した明治大学の試合を観ようと思う。


明治は、四国・中国3連盟代表・徳山大学(中国リーグ)と対戦である。

画像


明治はオリックスに1位指名されたエース山崎福也(4年・日大三)が先発した。
3回までは1人の走者も許さない完璧なピッチング。
結局、5回を3安打無失点に切り抜ける。

画像


一方、徳山大の先発は井内(3年・祐誠)。

画像


明治は1回裏、明治は1死1、3塁から4番石井(3年・履正社)が2点タイムリーを放ったのを皮切りに、
5回まで毎回のように得点を重ねる。

画像


3回裏は無死2塁から佐野恵太(2年・広陵)がライトスタンドにツーランホームラン。

画像


5回までに9-0と一方的な展開とした。


一方、徳山大は4回表に初ヒットで2死2、3塁。
5回も1死2、3塁とするが、
共に山崎に後続を断たれた。

画像


山崎に代打が出て、
明治の投手は6回から齊藤(1年・桐蔭学園)。

画像


2死を取ったところで今岡(4年・横浜隼人)。
明治は継投で無失点に抑える。

画像


7回から柳(2年・横浜)。
2者連続三振を奪う。

画像


最後は上原(3年・広陵)が締め、

画像


9-0の7回コールドで明治が初戦を制し、準決勝進出を決めた。

画像



おそらくこれが今年の野球納めになるだろう。
今年もいろいろなドラマを観てきたが、
早稲田大学は春も秋もあと一歩で優勝を逃し、
早実も甲子園に行けなかった。
来年こそは、共に躍進してくれることを信じている。

"血潮は燃えて~明治神宮野球大会~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント