情熱~東京六大学野球・早立戦~

東京六大学野球秋のリーグ戦を見に神宮球場へ。
春のリーグ戦は残念ながら1試合も見られなかったので、
実に1年ぶりの六大学野球観戦である。

画像


ディフェンディングチャンピオンとして迎えた母校・早稲田大学は今季、東大に2連勝と幸先のいいスタートを切るも、
明治相手に連敗して勝ち点を落とす。
春秋連覇にはもう負けられない。
今週は立教大学と対戦である。

画像


試合に先立ち岩本堯氏による始球式があった。
早稲田大学OBで、巨人・大洋でプレー。近鉄の監督も務めた。

画像


見事にストライク。

画像


試合開始。
立教の先発は田村(3年・報徳学園)。

画像


早稲田は1回表、2死満塁から道端(4年・智辯和歌山)の2点タイムリー2塁打で先制した。

画像


早稲田の先発は小島(1年・浦和学院)。
死球のランナー出すも無失点に切り抜ける。

画像


早稲田は2回表にも2死2塁から河原右京(4年・大阪桐蔭)がタイムリー。

画像


5回表は2死3塁で4番丸子(4年・広陵)を迎えた場面で、
立教2番手投手の黒萩(3年・遊学館)が暴投でさらに1点を追加。
早稲田が4―0とリードを奪う。

画像


立教は6回からエース澤田圭佑(3年・大阪桐蔭)を投入した。

画像


好投を続けていた小島だが、
6回裏、1死満塁のピンチを招く。
併殺崩れ、タイムリーで2点を返される。
早4―2立

画像


小島に代打が出て、7回から早稲田の投手に大竹(2年・濟々黌)。

画像


9回裏立教の攻撃。早稲田は無死3塁のピンチを招く。
1死1、3塁で立教の打者はプロ注目の大城(4年・興南)。

画像


セカンドライナーゲッツーでピンチ脱出。

早稲田が4―2で立教戦の初戦を制した。

画像


おそらく、この試合が今季唯一の六大学野球観戦になりそうだが、
早稲田は必ずしや連覇を成し遂げてくれることだろう。
吉報を島で楽しみに待つことにしよう。


それにしても暑かった。
まるで真夏に戻ったかのよう。
ビールが美味かった。

画像

"情熱~東京六大学野球・早立戦~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント