VICTORY~高校野球西東京大会~

今週もまた出島して母校・早実の応援に出かけた。


高校野球西東京大会、母校・早稲田実業は順調に勝ち上がっていた。

僕も観に行った1回戦は11―1の5回コールドで快勝。
2回戦も都立秋留台に24―0の5回コールド。
3回戦は明大明治に先制されるも、6―2と逆転勝ちを納めた。
ここまで、清宮幸太郎は2本の本塁打を放つ大活躍である。

そして、ベスト8をかけた4回戦。
最初の大きな山場を迎える。

対戦相手は何度も甲子園に出場している強豪・国士舘である。


画像


朝10時前、ダイワハウススタジアム八王子に着くと、驚くべき光景が。
球場の外にまで続く長蛇の列…。


画像


すでに客席はほぼ満員。
かろうじて、レフト側の外野席に座ることができたが、そこは国士舘サイドであった。
後で聞いたところ、1万1000人もの観客が来たらしい。

しかし、試合が始まってすぐわかった。
回りの多くは早実ファンのようだ。
安心して応援できる。


早実はエースの吉村が先発。


画像


1回裏、早実は2死から清宮デッドボール、野村エラーで1、2塁とすると、


画像


工藤のタイムリーで先制する。


画像


さらに3回裏、1死2塁で清宮登場。


画像


ここでホームラン打ったら格好いいな…なんて思ったら、
打った瞬間にそれとわかるツーランホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。
やっぱり清宮。持ってる!!


画像


7回裏にも1死1、3塁から橘内のタイムリーで追加点をあげ、
早実が4―0とリードを広げる。


先発の吉村は8回を無失点に抑え、マウンドを2年の服部に譲る。


画像


また、キャプテンの金子が7回の攻撃中に足をつって交代というアクシデントがあった。

服部は無死1、2塁のピンチを招くが、後続を断ち、
早実が4―0でベスト8進出を決めた。


画像


次は神宮に戻り、昨年苦戦した八王子学園八王子と対戦である。
清宮はこれで今大会3本目のホームラン。
また、投手も去年に比べるとはるかに安定している。
これはひょっとすると、2年連続の甲子園もあり得るのではないか。
期待がますます高まる。

"VICTORY~高校野球西東京大会~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント