winner!~清宮フィーバー~

高校野球関東大会は、埼玉第1代表・浦和学院の優勝で幕を閉じた。
浦学は準決勝で日大三(東京2)を倒し、
決勝では早実を倒した作新学院を倒した東海大相模を破っての優勝だった。

早実の試合には大勢の観衆が詰めかけたが、
敗戦と共にマスコミやミーハーなファンは消えたそうである。
かく言う僕も、早実が負けた瞬間に関東大会から興味を無くしてしまった一人ではあるのだが…。


早実の清宮幸太郎主将の進路が注目されている。
プロに進むのか、それとも早稲田大学に進学するのか。
なにしろこれだけの逸材だ。
どちらに進んでも、盛り上げてくれるに違いない。

王貞治(巨人)、榎本喜八(ロッテ→西鉄)、荒木大輔(ヤクルト→横浜)とプロで活躍した早実出身選手は高校からダイレクトにプロ野球に進んだ人が多い。
しかし、斎藤佑樹(日本ハム)や重信慎之介(巨人)ら最近のOBは、
早稲田大学を経てからプロに進んでいる。
なんでも、早実から直接プロに進んだのは1983年卒業の板倉賢司(大洋)、上福元勤(巨人)以来いないそうだ。


斎藤がプロ入り後パッとしないことに対して、
直接プロ入りしていれば…という声は多い。
ライバルだった田中将大(楽天→ヤンキース)の活躍を見ればなおさらそう感じる。
清宮にとっても今後長くプロで活躍していくのであれば、
すぐにもプロ入りすべきであろう。


しかし、僕としてはやはり清宮には早稲田大学に進んでもらいたい。
鳴り物入りでプロ入りしたからといって活躍できるかどうかは別物である。
期待外れに終わった選手をこれまで山のように見てきた。
怪物清宮とはいえ、プロで確実に活躍できるという保証はない。
その点、早稲田大学に進んでいれば、間違いなく活躍できるだろう。


斎藤佑樹が在学していた頃、東京六大学野球はかなりの盛り上がり、
彼が投げる日の神宮球場は混み合っていた。
最近はまた、人気が下火になっているが、
清宮が早稲田大学に進めば、また盛り上がってくるだろう。
清宮にはまずは早稲田大学で活躍してもらい、
その勢いのままプロに進んでくれるのが、一番うれしいシナリオである。


その清宮の異常人気に、
なんと練習試合の中継が決まってしまった。
6月3日(土)と4日(日)に早実は愛知県で招待試合を行うのだが、
その試合を「abemaTV」が放送することになった。
6月3日(土)の中京大中京戦、桜丘戦。
6月4日(日)の至学館戦、享栄戦。
しかも4日の解説は小宮山悟(早稲田大学→ロッテ・メッツ他)だというから本格的だ。


この盛り上がりは明らかに異常であるが、
考えてみるとそれだけ清宮にスター性があるということでもある。
プロとして活躍していくためにはこうしたスター性というのは必要不可欠であるのだから、
喜ばしいことではないか。
来週末はなんだかんだで、ネットの前から離れられそうにない。

"winner!~清宮フィーバー~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント