早稲田の栄光~東京六大学野球早慶戦~

東京六大学野球も大詰め。
この週末、伝統の早慶戦が行なわれた。

P1050075.JPG

東京六大学野球、今季は早稲田と慶応に優勝が掛かっている。
早慶戦で1勝すれば慶応が優勝。
早稲田は2連勝もしくは1勝1引き分けで優勝となる。
土曜日に行なわれた早慶戦第1回戦は早稲田の主将でエース早川隆久が奮闘。
完投で3-1で早稲田が先勝した。
早川はこれで今季5勝目。通算勝ち星を13勝(12敗)とした。


こうして迎えた早慶戦2回戦は勝った方が優勝という、この上なく盛り上がる試合となった。
残念ながらこの試合、現地には観に行かなかったのだが、NHKが中継を放送していたのでそれを観ていた。
もっとも同じ時間帯に高校ラグビーの都大会決勝も放送していたので、最初は両方代わり番こに観ていた…。

この試合先制したのは早稲田だったが、すぐに慶応に追いつかれる
4回裏、慶応が主将の瀬戸西(4年・慶応)のタイムリーで勝ち越した。

優勝がかかった大一番だけに、早慶共に総力戦。
最終的に早稲田は6人、慶応は8人の投手を注ぎ込んだ。

早稲田は8回2死からエース早川を投入し、逆転に望みを託す。
一方、慶応も9回にエースの木澤(4年・慶応)で逃げ切りを計る。
その木澤の前に早稲田は2死となる。
慶応の優勝まであと1アウト。
熊田(1年・東邦)がヒットで出塁すると、1回戦で勝ち越しのツーランホームランを打った蛭間(2年・浦和学院)を迎えた。

ここで慶応は木澤に代えて生井(2年・慶応)をマウンドへ送る。
生井の初球をバックスクリーンに打ち込むツーランホームラン!
早稲田が土壇場で逆転に成功した。

早川は9回の攻撃を絞めて、3-2で早稲田が勝利。
見事、2015年秋以来となる通算46回目の優勝を決めた。


断片的にしか観られなかったが、それでも痺れる試合だった。
六大学野球史に残る好勝負であったかもしれない。
早川は今季6勝0敗防御率0.39で、ベストナインも獲得。
来年以降はプロ野球・楽天での活躍が楽しみである。

他に野村健太外野手(1年・山梨学院)が打撃ベスト10に入る活躍でベストナインを獲得。
早慶戦2試合連続で勝ち越しのホームランを放った蛭間にも来年以降期待が高まる。
再び早稲田の黄金時代を築いてもらいたい。


今回は新型コロナの影響もあって神宮球場から早稲田までの優勝パレードは行なわれなかったらしい。
また、優勝校が出場する明治神宮野球大会も中止となっている。
僕自身も今年はまったく六大学野球を観に行くことが出来なかった。
来年こそは、神宮球場で「紺碧の空」を思い切り歌いたいと願っている。



"早稲田の栄光~東京六大学野球早慶戦~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント