テーマ:宗教

或る夜の出来事~ヨシュア記~

「ヨシュア記」の主人公はヨシュアである。ヨシュアはモーセの跡を継いでイスラエル人の指導者となり、彼らを遂にカナンへ導くことに成功した。(下の絵はジャン・フーケ「エリコの奪取」) 「ヨシュア記」にはヨシュアに率いられたイスラエル人のカナン攻略が詳細に述べられている。イスラエル人は手始めにエリコ(ジェリコ)を攻めた。祭司たちが十戒を収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒りの葡萄~申命記2~

約束の地カナンをめざしてのモーセ一行の旅は40年にも及んだ。 エジプトのカイロからイスラエルまでは直線距離で424キロ。これは東海道五十三次のお江戸日本橋から京都三条大橋までの487.8キロよりも少し短い。この距離を江戸時代の日本人は12日から15日かけて歩いていたという。モーセ一行のルートには様々な説があるが、シナイ半島を迂回したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクソダス~出エジプト記3・レビ記・民数記・申命記1~

「出エジプト記」20章から「レビ記」「民数記」「申命記」にかけて、聖書の記述は律法の内容を詳細に語ることに費やしている。従って物語的な面白さは激減してしまう。(下の絵はブリグストック「フルと兄アロンに支えられたモーセ」) モーセ一行は荒野を旅している。今日のベドウィンのように穴を掘って柱を立てたテントに住んでいたのではないだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十戒~出エジプト記2~

エジプト軍を振り切った後も、モーセ一行の苦難の旅は続く。約束の地にたどり着くまでに40年もの歳月を要したという。それほどまで長い時間砂漠をさまようことになった原因は、民が神を信じることをしなかったからだという。 砂漠の放浪の旅である。民が飢えと渇きに悩まされたことは想像に難くない。そんな時もモーセは奇跡を起こす。マラの地で得た水は苦く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンス・オブ・エジプト~出エジプト記1~

「旧約聖書」は2冊目の「出エジプト記」に入った。「出エジプト記」は「創世記」の400年後の時代を描いている。 エジプトに移り住んだイスラエル人達であったが、すでに「ヨセフのことを知らない新しい王が出てエジプトを支配(出エジプト記1.8)」するようになっており、強制労働を強いられていた。イスラエル人はこの頃までに「壮年男子だけでおよそ6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨセフとその兄弟~創世記9~

カナンに移り住んだヤコブたちであったが、ヤコブは息子たちのうちラケルの生んだヨセフをことの他かわいがった。そんなヨセフのことを兄たちは嫉妬。兄たちによって荒野の穴に落とされたヨセフは、イシュマエル人に売られエジプトに連れられて行ってしまう…。(創世記37)(下の絵はオーファーベック「兄に売られるヤコブ」) 「創世記」最後の主人公は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェイコブス・ラダー~創世記8~

イサクは妻リベカとの間に双子の子エサウとヤコブを設けた。年を取り目が見えなくなったイサクは、長子エサウに祝福を与えようとした。ところがヤコブはエサウのふりをしてイサクの祝福を受けることに成功。エサウは激怒し、ヤコブは伯父ラバンの元へ逃げる。 ラバンの下でヤコブは財産を築き独立。故郷に戻る旅の途中で神と格闘し勝利したことから“イスラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラハムの子~創世記7~

 アイヤー、ヨッ 作家・阿刀田高は「旧約聖書を知っていますか」の中で、イスラエルの族長の名前の覚え方をこう述べている。アブラハムの子がイサク、その子がヤコブ、そしてその子がヨセフである。我々日本人は聖書の人名になかなかなじみがないので、こうした語呂合わせがあるというのはあり難い。 今回紹介するアブラハムの子イサクは地味な人物であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソドムとゴモラ~創世記6~

創世記12章から主人公はアブラハムとなる。アブラハムはノアの10代目の子孫であり、イスラエル民族(ユダヤ人)の族長(開祖)である。つまり彼によってイスラエル人の歴史が始まったことになり、創世記のここからの記述は“神話”でなく“歴史”となる。言わばアブラハムは聖書における神武天皇のような存在であるようだ。 アブラハムはもともとは「ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バベル~創世記5~

シンアルの地の平原に住みついた人々は、天まで届く塔を築こうとした。それを見た神は、彼らがお互いに言葉を理解できなくした。その結果、人々は世界各地に散らばっていった。(創世記11.1~11.9) 僕は海外旅行が好きなので世界各地に行くのだが、なぜ世界の言語はこうも違うのかと思うことがある。以前、タイから陸路国境を越えてミャンマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノア・約束の舟~創世記4~

この地上に人類が溢れてくると、不法が満ち溢れ堕落が起きるようになってくる。そんな人類を見て、神はこの世界を滅ぼそうと決める。だが、ノアだけは神に従う無垢な人であったため、彼に命じて大きな箱舟を作らせた。そして、すべての動物から1番ずつを箱舟に乗せた。 やがて40日40夜地上に雨が降り続け、この世のすべてを洗い流した。(創世記6~9) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エデンの東~創世記3~

エデンの園を追放されたアダムとエバには最初の子供カインが誕生。次いで、その弟アベルが生まれた。カインは土を耕し、アベルは羊を飼う者となった。時が経ち、カインは土の実り、アベルは羊の初子を神に献げたが、神はアベルの献げ者しか受け取らなかった。嫉妬したカインはアベルを殺してしまう。(創世記4) (上の絵はティントレット「カインとアベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失楽園~創世記2~

神によって生み出されたアダムとエバはエデンの園で暮していた。ある時蛇はエバを唆し、神によって食べることを禁じられていた「善悪の知識の実」を2人に食べさせた。実を食べた2人は裸であることを恥ずかしく思うようになり、その行為を怒った神は2人をエデンの園から追い出した。(創世記3)(下の絵はギュスターヴ・ドレ「楽園から追放されるアダムとエバ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地創造~創世記1~

 初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。 「光あれ。」 こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。(創世記1.1~1.5) 「旧約聖書」の冒頭である。「旧約聖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーブック~聖書~

聖書を読むと決めたら次はテキストを手に入れたい。聖書は世界的ベストセラーとしてギネスブックの世界記録にも認定されている。世界3200以上の言語に翻訳され、その発行部数は1815年から1998年までで約3880億冊だともいわれている。日本語に翻訳されたテキストも相当な種類があるが、聖書は格式高いものというイメージがあるせいか、翻訳もお堅い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イントレランス~聖書~

このブログ「たこのあゆみ」に書評を書いてみようと思ったのだが、いったいどんな本を読んだらよいだろうか。 いろいろ考えた結果、古典的名作の中でも最も古いものの1つである「聖書」を取り上げることにした。「聖書」はご存知のように「旧約聖書」と「新約聖書」から構成されている。もっともこれはキリスト教から見た考え方であり、「旧約聖書」のみを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝典行進曲~即位礼正殿の儀~

2019(令和元)年10月22日、即位礼正殿の儀が行なわれた。5月1日に即位した今上天皇が、即位を宣明する儀式である。まさしく歴史的なイベントでもあるので、その日はテレビの前にかじりついた。 前回の即位礼正殿の儀は1990(平成2)年11月12日に行なわれている。当時僕は高校1年生であったのだが、実を言うと見たかどうかさえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超越神力~オウム真理教~

オウム真理教ネタをこのところずっとあげているが、僕がすっかりハマって入信してしまわないか心配する人もいるかもしれない。実を言うと、僕が最初にオウムに興味を持った中学生の時にも同級生には入信するんじゃないかと心配されていたぐらいである。僕にとってのオウムとは、それ以来興味の対象ではあっても信仰の対象ではない。むしろ最初に興味を持った宗教が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァジラヤーナ~オウムソング~

オウム真理教といって多くの人が思い出すのは、その音楽ではないだろうか。 オウム事件の際にワイドショーなどで連日のように流されていた。 YouTubeには麻原彰晃作詞作曲のオウムソングが数多くUPされているので、それらを片っ端から聞いてみた。 単純なメロディなのだが、やたらと耳に残り、気づけばついつい口ずさんでいる。 麻原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃歌~オウム真理教~

麻原彰晃尊師が選挙に出ていた頃、家の郵便受けには真理党やオウム真理教のビラが大量に入れられるようになっていた。もちろん、大半はすぐに捨ててしまったのだが、そのうちの何冊かは将来価値が出るかもしれないかと思って取っておいた。実際、30年近く経ってからもこうしてネタにできるわけだから、その予感は正しかった。 真理党の政策を纏め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンマの数え歌~麻原彰晃死刑執行~

オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)尊師の死刑が執行されたという。 僕とオウム真理教の出会いは1989年頃に遡る。翌1990年の総選挙に麻原彰晃尊師は真理党を結成して出馬した。その彼が立候補した選挙区というのが、当時僕が住んでいた地域だったことから、毎日のように彼の選挙戦を目の当たりにした。 駅前には尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば青春、されど青春

知人から券を頂いたので、映画「さらば青春、されど青春」を観た。 この映画は宗教団体・幸福の科学の創設者・大川隆法総裁の青年時代を描いた映画である。 幸福の科学の実写映画を観るのは2012年の「ファイナル・ジャッジメント」以来になる。 幸福の科学の映画はアニメは評価が高いのだが、実写は賛否両論となることが多い。 正直、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のおとずれ~皇室一般参賀~

久しぶりに皇居の一般参賀に出かけてきた。 朝、大手町の読売新聞社前にで箱根駅伝のスタートを観てから、そのまま皇居へ。 さすがはお正月。 かなりの人混みだ。 荷物検査があり、 セキュリティチェックもある。 さすがは皇居だけに、入るまでにはいろいろと厳しい。 なかなか先に進めない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Real Face~東京国際ブックフェア~

今回の上京の目的の一つが有明の東京ビッグサイトで開催されていた東京国際ブックフェアに参加するためだった。 僕は読書が大好きだ。なので、三宅島に住んでいると本に飢えてくる。島には本屋が一軒だけあるが、あまりに小さい。もちろん、注文すれば本を取り寄せてくれるのだろうが、大抵の人はAmazonなどネット通販を使っている。 ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春賦~ネパール新年~

明けましておめでとうございます。 いや、ナヤバルサコ・スバカマナ!! ずいぶん遅いというなかれ、ネパールのビクラム暦では今日が2071年の始まりなのである。 おそらくは今日はバクタプールで、山車を引いて柱を立てるビスケート・ジャットラが取り行われていたのだろう。 ネパールから帰国して5年。 たった5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AHHHHH!~ビラートナガル~

東ネパールを楽しみ、カトマンズへ帰る日が来た。 本当は夜行バスにでも乗ってゆっくり帰りたかったのだが、 時間の節約のために帰りもまた飛行機を利用した。 行きはバドラプールから東ネパール入りしたので、 帰りはビラートナガルから出ることにした。 本当はダーランから直接ビラートナガルに行けば近くて良いのだが、 スケジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Peace!~ビルタモード~

ビルタモードには計2泊した。 ビルタモードはネパールを東西に横断するマヘンドラ・ハイウェイ沿いにあり、 インド国境とも近い交通の要所。 ネパール茶の産地イラムヘの起点となっている。 もっともビルタモード自体は、何の変哲もない小さな田舎町で、見所はそうない。 ビルタモードには1年半前にも来ており、 今回も素通りかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若鷲の歌~終戦記念日~

今年もまた8月15日がやって来た。 68回目の終戦記念日。 そんなわけで、仕事帰りに靖国神社を訪れた。 17時半過ぎに靖国神社に到着。 夕方とはいえ結構人が来ている。 しかしながら、政治家や右翼の方々は、もっと早い時間に参拝を済ましているのだろう。 見たところ僕と同様に仕事帰りの人が多い。 靖国神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dastaan~インド・フェスティバル~

横浜赤レンガ倉庫前で開催されたインド・フェスティバルに出かけてきた。 このインド・フェスティバルは、ヒンズー教のお祭りであるホーリーを祝うもの。 ステージではヒンディー・ダンスが披露され、 インド料理やらの出店が並ぶ。 インド・ビールを飲み、 インド・カレーを食べた。 名前を呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Da.Ga.Ne~名古屋~

夜23時55分発の夜行バスに乗り込むと、 朝6時前に東京駅に帰ってきた。 かなり慌ただしい名古屋行きだったが、 充実していて楽しかった。 飲み明かした友人も、バスの出発まで付き合ってくれて嬉しかった。 今回、実は旅行の最初にアクシデントがあった。 名古屋まで新幹線に乗ったのだが、 電車を降りてすぐに財布を車内に置い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more