テーマ:ネパールレストラン

Navigate~芝寺社めぐり~

ネパール時代の仲間と恒例の寺社めぐりをした。 今回は、浜松町で待ち合わせた。東海汽船に乗るために、ここにはしょっちゅう来ているが、浜松町駅の北側は久しぶり。 まずは、芝大神宮へ参拝。 東京十社の1つにも選ばれている。天照大御神と豊受大御神を祀る。 続いて、増上寺へ。 言わずと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空を見なよ~東京出張~

東京出張のために出島した。仕事は午後からだったので、今回は飛行機で。仕事ともなると、こんな贅沢ができる。 出張先は東新宿だった。 ちょうどお昼時だったので、東新宿にあるネパールレストラン「サンサール」に立ち寄った。 ネパールセット(ダルバート・タルカリ)を注文。 やっぱりここのダルバートは美味い。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンダフルライフ~ネパールレストラン~

結婚秒読みと言われながらも破局したと報道されていた俳優の伊勢谷友介と長澤まさみの交際が今なお続いているとのニュースが耳に入った。 http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140515/enn1405151145008-n1.htm 僕はこうした芸能ニュースに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の思い出~池袋「味家」~

ネパールレストラン紹介(11) 僕が毎年冬にネパールに行く理由の1つに、トゥンバを飲むためということがある。 トゥンバは別名チベタン・ホット・ビール。 発酵させたキビにお湯を注ぐと、白く濁ってくる。 味はドブロクともホットカルピスともいった感じで甘酸っぱい。 お湯を足せば3杯は飲めるのでお得感がある。 当然、昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家路~新大久保「ネパール居酒屋モモ」~

ネパールレストラン紹介(10) 店の扉を開けた瞬間、あまりにネパールぽいのに驚いた。こんな感じの店カトマンズにもあったっけなあ。大久保といえばコリアンタウンだが、実はそれ以外のエスニックも多い。ネパールもまたしかり。「ネパール居酒屋モモ」はネパール人客で賑わっていた。今まで行ったネパールレストランの場合、店の関係者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧れ遊び~高輪「Resham Firiri」~

ネパールレストラン紹介(9) 泉岳寺といえば赤穂浪士ゆかりの寺だが、 そのすぐ近くにネパール&チベットレストラン「レッサムフィリリ」がある。 細工の施された内装はなかなか豪華で、 カトマンズにある高級ホテル・ドゥワリカホテルに似ている。 雰囲気だけでも来た甲斐がある。 後で聞いたらオーナー(ネパール人)はドゥワリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ビードロの夜~千駄木「ミルミレ」~

ネパールレストラン紹介(8) 時たまむしょうにダルバート・タルカリが食べたくなる。 そんな時は仕事帰りに食べに行こう。 千駄木の「ミルミレ」へ出かけた。 考えてみればこの「ミルミレ」、 5年前、ネパール行きが決まって初めて来たネパールレストランだった。 確か店長にネパール語の基礎を教わった記憶がある。 ネパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KASHIWAマイ・ラブ~柏「KHUSHI」~

ネパールレストラン紹介(7) ネパール時代の青年海外協力隊(JOCV)の後輩と会うことになった。 向こうは千葉県に住んでいるというので、柏で会うことにした。 彼女のお薦めのネパールレストランが「KHUSHI」だった。 柏駅南口から歩いて10分ぐらいの住宅街にその店はあった。 店長はご主人がネパール人とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

calling~小岩「サンサール」~

ネパールレストラン紹介(6) ネパール旅行から帰ってきて1ヶ月が過ぎた。 するとまたしてもネパール旅行が食べたくなってくる。 ネパール滞在中、国際協力機構(JICA)のネパール人スタッフから荷物を預かった。 日本にいる親戚の店に荷物を届けて欲しい。 喜んで引き受けたのは言うまでもない。 ネパール人スタ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雨音はショパンの調べ~ネパール~

昨日(9月8日)、東京で久しぶりに雨が降った。 実に約1ヶ月ぶりの雨である。 そういえば今ごろはネパールも雨季だ。 ネパールは雨季と言っても一日中雨が降るようなことはなく、 せいぜい1日に1時間集中して降るぐらいである。 そう考えていたらネパール料理が食べたくなってきた。 そこで、吉祥寺の「ナマステ・カトマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同期の桜~ネパール隊員仲間~

青年海外協力隊(JOCV)の仲間は一生物だ。…とJOCVのOBから聞いたことがある。 一生なんてそんなはるか先のことはわからないが、 とりあえず帰国後もJOCV仲間とは会う機会が多い。 もっとも、僕のフットワークが軽いのも理由の一つかもしれないが… なにしろ隊員仲間に会うためにこれまであちこちを訪れている。 京都、兵庫、和歌山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遠い世界に~東新宿「サンサール」~

ネパールレストラン紹介(5) 新宿と言えば、職安通りの韓国人街を始め、 実に国際色豊かである。 ところが、意外にも良いネパールレストランは少ない。 今回紹介する東新宿「サンサール」は、新宿随一のネパールレストランだと個人的に思っている。 なので、以前僕の後任隊員と日本で会うことになった時も一緒に行っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵な空気~吉祥寺「ナマステ・カトマンズ」~

ネパールレストラン紹介(4) 少々マニアックな店を紹介しよう。吉祥寺にある「ナマステ・カトマンズ」は、おそらく僕が知っている中で一番通好みの店では無いかと思う。 店長のディディはいかにもネパールのおばちゃん(失礼)といった感じでなかなかパワフル。仲良くなるといろいろ教えてくれるので為になる。僕もネパール行く前からずいぶん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

揺れる想い~ダルバートもどき~

先日、ふとネパール料理が食べたくなって都内の某ネパールレストランに出かけた。店員はどうやら全員がネパール人らしい。メニューを見ると「ダルバート・セット」があったので、迷わずそれを注文した。 ゴルカ・ビールを飲みながら待っていると、出てきた料理を見てアッチャンマ・ラギョ(驚いた)! バート(ライス)では無くナンがつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日に帰りたい~忘年会~

12月といえば忘年会。 今年もいくつかの忘年会に誘われている。 それにしてもこの時期、週末ともなれば、 どこもかしこも混んでいる。 去年の今頃はネパールにいて、 なかなか年末気分になれなかったのを思い出す。 ネパールでは西暦ではなく、ヴィクラム暦が主流で、 その年始は西暦の4月頃なのだ。 もっともそのネパールの新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋の夜~池袋「ブッダ」~

ネパールレストラン紹介(3) 最近ネパールレストランが増えてきたが、本格的なネパール料理を食べさせる店は案外少ない。その数少ない店が、池袋の「ブッダ」である。 この店もやはり、ネパールに行く前からのお気に入りで、青年海外協力隊の派遣前訓練が終わった日にも、隊員仲間(ただしウズベキスタン派遣)と一緒に行っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛唄~高田馬場「マヤ」~

ネパールレストラン紹介(2) すごく久しぶりになってしまったが、ネパールレストランを紹介することにしたい。 先日、青年海外協力隊募集説明会の後、むしょうにネパール料理が食べたくなってしまった。どうも、ネパールの民族衣装を着たのがいけなかったのか。そこで、高田馬場にある「maya」へ出かけてきた。 「maya」は高田馬場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマステ~ネパール料理~

ネパールに来たら食べたいものが山のようにあった。 その筆頭がネパールの主食とも言うべきダルバート・タルカリ。 日本のネパールレストランでももちろん食べられるが、 どうも味がちょっと違う やっぱり本場のものが食べたい。 ついた翌日の昼ごはんを皮切りに、 知人の家で、ローカル食堂で、何度となくダルバートを食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドへの道~高田馬場「テトゥリア」~

ネパールレストラン紹介(1) 最初に紹介するのは都電荒川線・学習院下駅徒歩5分の「テトゥリア」。 ここはインド料理レストランである。 「ネパール料理」と看板を出していても、 実質的にはインド料理という店というのはかなり多い。 だが、この店は「ネパール料理」という看板すら出していない。 それならばなぜ最初にここで紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

味いちもんめ~ネパールレストラン紹介~

このブログではネパールのことをいろいろと紹介しているが、 中には行ってみたいと思われた方もいるかもしれない。 もしそうならぜひ行ってみて欲しい。 ネパールは例え一見さんであっても暖かく迎えてくれるだろう。 2年間住んでいた僕が言うのだから間違いない。 そうは言うものの、ネパールに行くのはそう簡単でない。 時間とそれからお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more