テーマ:競技かるた

FLASH~競技かるた~

この週末出島した。 東京に帰ってきたので、久しぶりに杉並かるた会の練習に顔を出したところ、 テレビの取材が来ていた。 なんでも、日本テレビ「ズームイン!!サタデー(ズムサタ)」の取材で、 映画「ちはやふる」の特集らしい。 僕自身はインタビューされなかったが、 若い会員たちが、カメラの前でいろいろと答えていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無限大~東大阪~

目覚めは最悪だった。 寝不足の上に二日酔い。 おかげで、ホテルの朝食も食べられなかった。 今回の関西入りの主目的は…全国かるた東大阪大会への出場だった。 枚岡の「ふれあいホール」へ。 東大阪大会には昨年も出ている。 確か、現・名人を引いて惨敗したのだが…。 2週連続の大会出場となったことで、ほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならベイビー~競技かるた~

約1年ぶりの競技かるたの大会出場は予想通り、惨敗に終わった。 だが、まだ選手としてあきらめたわけでもなんでもないので、 これからも可能な限り大会出場を続けていくつもりだ。 それにしても、三宅島に来てから、競技かるたの練習の機会が激減した。 本土にいたころは、週1回は練習していたのだが、 こっちに来てからは月1回すら難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛を継ぐもの~競技かるた静岡大会~

第49回全国かるた競技静岡大会。 2015年3月の宇佐神宮大会以来約1年ぶりの大会出場となった。 昨日の激しい雨はあがっていたが、 残念ながら富士山は見えない。 会場の沼津市民体育館に到着。 A級だけで100人近い参加者があり、 B・C級と合わせて約370人。 昨日は藤枝でD・E級の大会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おやじの海~沼津~

この「たこのあゆみ」を以前からご覧の方はご存知の通り、僕は旅行が大好きである。2014年度は実に20回以上も国内旅行をしている。 ところが、三宅島に来てからというもの、東京への帰省は何度もしているのだが、そこから先にはなかなか足が向かない。海外旅行(夏ロンドン、冬フィリピン)は別にすると、東京から先に出かけたのは、8月に甲子園に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華振舞~置き畳~

畳の部屋が好きだ。 だから、僕は過去に自分で借りた部屋はすべて和室だった。 ところが、残念なことに今はフローリングの部屋に住むはめになっている。 どうも、フローリングの部屋というのは冷たすぎる。 そこで、せめて和室の雰囲気だけでも味わおうと、 ネットで置き畳2枚購入した。 それがつい先日届いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ikusa~職域学生かるた大会~

帰省中、ちょうど江戸川スポーツセーターで開催されていた全国職域学生かるた大会(以下、職域大会)を見に出かけた。3月と8月の最終日曜日に開催されるこの大会。以前は毎回のように、大会運営の手伝いをしていたのだが、このところスケジュールが合わず、職域大会に顔を出すのは久しぶりになっていた。 今回で102回目を数えるこの大会だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と欲望の日々~競技かるた~

今回の帰省中、久しぶりに競技かるたの練習に参加した。 三宅島に来てからというもの、競技かるたをする機会がまったくない。 もちろん札や自動読み上げ器は持ってきているのだが、 何しろ対戦相手がいない。 たまに帰省した際にもなかなか練習に行くことができず、 結局この3ヶ月というものまったく札に触れていない。 いや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨイショ!~競技かるた杉並大会~

6月14日(日)、明治大学和泉キャンパスで杉並かるた会創立20周年記念第16回かるた競技杉並大会が開催された。今回、20年目という節目の大会でもあり、三宅島にいるからといって無関心ではいられない。競技委員長として参加すべく、三宅島から会場に駆けつけた。 杉並大会はD~F級の初心者大会ながら、今年は参加者が400名以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミエナイチカラ~競技かるた総括~

先日の全国かるた宇佐神宮大会で、今年度の大会は最後になる予定。 まだ、鹿児島大会や桑名大会(共に16日)、松山大会(21日)が残っているのだが、 そう休みをかるたばかりに使うわけにもいかないのだ。 そこで、今年度のかるたを振り返ろうと思う。 今年度は結局19の大会に出場した。 (各会対抗団体戦は除く。) 戦績は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分紀行~大分・別府~

今年初めて九州にやって来た。 土曜夜のフライトで福岡入り。 とりあえずもつ煮や豚バラを食べてつかの間の夜を楽しんだ。 翌朝、特急に乗り込み大分へ。 競技かるたの全国宇佐神宮大会に出場するためである。 宇佐神宮大会とは言いながら、現在の開催地は大分。 何でもここに移って10年近くにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここにしか咲かない花~競技かるた東大阪大会~

競技かるた東大阪大会に出場してきた。 先週の静岡大会では久しぶりの勝ち星をあげ、少しだが自信が戻ってきた。 今回にそれをつなげたいところ。 1回戦は不戦勝。 何だか嫌な予感がする。 最近、不戦勝の後は強豪を引くというのがパターンだからだ。 果たして、2回戦は福井の選手だった。 開会式で選手宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢を信じて~競技かるた静岡大会~

昨年に続き、沼津で開催された全国かるた静岡大会に出場した。この大会、D級時代に僕が初めて入賞(4位)した思い出深い大会だ。 あまりに人数が増えたため、今年はD級とE級が来週、藤枝で別途開催とのこと。それでもA級だけで104人出場と、凄まじい規模である。 僕は1回戦から出場した。対戦相手は東京の一般会の選手。何度か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Energy Flow~競技かるた白妙会大会~

2月11日、全国かるた白妙会大会に出場した。 以前は何度も出場していた大会だが、最近は役員として参加することが多く、選手としては2002年以来になる。 毎年参加人数が多い大会で、今回もA級だけで登録人数が128名になったという。 そのため、1回戦をかるた会館と文京スポーツセンターで分けて行うということになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のしずく~競技かるた各会対抗団体戦~

横浜大会で敗退後、競技かるたを引退すると宣言したのに、なぜ未だに辞めないのか…。 それはどうしても辞められない理由があったからだ。 去年の3月、僕はかるたで2014年度の3つの目標を立てた。 それはA級ポイント獲得(入賞)、選抜大会出場、各会対抗団体戦出場だった。 現在までのところ入賞どころか初戦敗退の連続で、選抜大会への出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンスの順番~競技かるた稲城市民大会~

競技かるたに関しては、僕自身が選手として大会に出るだけではなく、 後進を育成することも同じくらい大切だと考えている。 そんなこともあって、2月1日(日)に、稲城市で開催された、競技かるた稲城市民大会に役員として参加して来た。 この大会は、いわゆる初心者大会である。 僕が毎年役員を務めている杉並大会と同じ。 稲城市民…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Curiosity~競技かるた大阪大会~

今年最初の旅行は関西だった。 競技かるたの全国大阪大会に出場するためである。 結局かるたを引退できなかったのは、すでにこの大会に申し込んでいたということもある。 今年で96回目という伝統あるこの大会だが、実は出場するのは初めて。 例年は大阪の四天王寺が会場だが、今年は改装中らしく、池田市の総合スポーツセンターが会場と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスト・ワルツ~競技かるた新春大会・横浜大会~

かるたというと新年の風物詩だが、 競技かるたに関して言うと、必ずしもそうではないというのは、このブログをご覧の方ならお分かりであろう。 しかし、競技かるたの大会は新年にかなり集中しているのも確かである。 1月に入ってから2つの大会に出場してきた。 1月11日の新春大会と、 18日の横浜大会である。 僕は去…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GOUNN~バンコク~

12月25日夜は、東京でクリスマス会があり、その翌朝、成田空港からタイのバンコクに向けて出発した。 約7時間のフライトでタイのスワンナブーム国際空港に到着した。 さすがはバンコク、30度と暑い…。 バンコクでは父親とも再会し、海鮮料理をたっぷりとご馳走になった。 翌日さっそくバンコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの夢の中そっと忍び込みたい~都立高校かるた大会~

12月21日(日)、第19回東京都立高等学校かるた大会が開催された。 一昨年はこの大会に、僕も自分のチームを率いて出場したのだが、 残念ながら今年は選手のエントリーができなかった。 以前やっていた練習会も、メンバーが高3になると先細りし、 卒業と同時に途絶えてしまったからである。 しかし、夏に僕が指導した高校が出場する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清須会議~稲沢・清洲~

愛知では、稲沢市の尾張大国霊神社・国府宮で開催された、全国かるた愛知大会に出場した。 愛知大会に出るのは2003年以来。 和装大会というのも久しぶりである。 国府宮は奈良時代創建の由緒ある神社で、 楼門が室町初期の重要文化財。 拝殿も江戸時代初期の重要文化財に指定されている。 昨年儺追殿が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うめぼし~和歌山~

和歌山では第56回かるた競技和歌山大会に出場した。 この大会に出場するのは初めて。 確か数年前まで1月2日開催されていたため、なかなか出場する機会が無かったのだ。 A級は60名出場。 そのうち4人が不戦勝になるのだが… なんとその4人に入ってしまった。 今日はついてるのかな? すると2回戦は、元準名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空、ひとりきり~三重・和歌山~

西へ向かって旅立った。 朝の新幹線で名古屋へ。 そこから近鉄線に乗り換え、三重県に入る。 そうしてやって来たのは松阪。 松阪というと、松阪牛が真っ先に思い浮かぶが、 実は歴史の町としても見所がある。 松坂藩5万5000石(後に紀州藩に編入)の城下町である。 まずは松坂城を目指そう。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アシカがよろしく~宇都宮・足利~

宇都宮では、蓮生記念第1回かるた競技宇都宮大会に出場した。 宇都宮は「百人一首のまち」らしい。 鎌倉時代、宇都宮城主・宇都宮頼綱は出家して蓮生を名乗る。 娘婿の藤原定家に別荘に飾る百首の和歌を選ばせたのが百人一首の起こりとされる。 そんな記念すべき大会に出場したのだが、結果は散々。 あっさりと負けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日からの手紙~杉並かるた会~

「月刊ローソンチケット 12月号」に競技かるたが取り上げられている。 「編集部が体験!」というコーナーで、競技かるたにチャレンジしているのだが、 僕が所属する杉並かるた会が協力をしている。 あいにく僕は予定があってこの場所に居合わせてはいないのだが、 僕の師匠の杉並かるた会会長や、仲間たちが登場している。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

傷だらけの人生~全国かるた競技北國大会~

小松で開催された全国かるた競技北國大会に出場した。 今年で76回目という伝統ある大会だが、 僕は出場するのが初めてである。 優勝カップはなんと北陸らしく九谷焼。 これはすごく欲しい! しかしながら、試合のほうは富山県の選手を相手にあっさりと敗退してしまった。 最近練習では調子が良かったのだ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

水底の歌~益田~

島根県の益田で開催された第22回人麿の里・全国かるた競技益田大会に出場してきた。 今年で22回を誇るこの大会に僕は初出場である。 実をいうと1996年と2006年と、過去2回、益田大会に出場しようと申し込みをしたことがあるのだが、 2回とも直前で出られなくなってしまった。 それは、母校・早稲田実業が甲子園に出場したか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼がほしい~都立高校かるた部~

以前同じ学校にいて異動になった先生から連絡があった。 何でもその学校に最近かるた部が出来たので、手伝って欲しいとのことだった。 僕も以前、僕の勤務校で競技かるたをしたいという生徒が集まってきたので、 しばらく練習会を開いたりして教えたりはしていたが、 結局活動が広がらず、彼らの卒業と共に立ち消えとなってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のリメンバー~多摩百人一首かるた大会~

多摩百人一首かるた大会に出場してきた。 去年の12月以降、やたらと大会に出場している僕だが、 旅行を伴わない近場開催の大会となると、出るのはかなり久しぶり。 一昨年のさがみ野大会以来になる。 旅行では無いので、観光のことも、帰りの交通手段も気にする必要がない。 決勝に残ったって大丈夫だ。 多摩大会の会場は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣いてもいいんだよ~競技かるた~

先日の全国かるた宗像大会も、初戦敗退に終わった。 これで、19大会連続初戦敗退という不名誉な記録を更新している。 なんとも情けない限りだ。 先月の福井大会、宗像大会では、試合中にいい所もあり、 調子があがっていると感じられたのではあるが、 最終的に勝てなければ何の意味もない…。 ここまで負けが続くとなっては、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more