テーマ:観光

チャングムの誓い~韓国旅行~

ソウルの街ではあちらこちらを観光して回った。 ソウルには李氏朝鮮時代の旧王宮がいくつも残っているので、 主にそれを観て回った。 李成桂が建てた景福宮(写真上)はその規模に圧倒された。 ちら見するだけでも悠に1時間はかかるだろう。 世界遺産に指定されている昌徳宮(写真上)は、 ガイドツアーに参加して…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

冬のソナタ~韓国旅行~

2日目は何と雪だった。 しかし、雪だからといってのんびりすごすという気にはならない。 さっそく、雪のソウルへ出て行った。 何はともあれ、その日の宿を探さなければならない。 とりあえず、同僚がいつも利用しているというゲスト・ハウスへ行ってみた。 日本語も通じるという話。 残念ながら、そのゲスト・ハウスは満員で泊まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HEART AND SOUL~韓国旅行~

2月10日(水)11時15分成田空港発の飛行機は、 13時25分、大韓民国の首都ソウル・仁川(インチョン)空港に到着した。 冬のソウルは寒いと聞いていたが、 気温4度、確かに寒い。 おまけに小雨まで降っている。 仁川空港からはバスで市内へ出た。 想像していた通りの大都会である。 実は、初日のホテルだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花の生涯~彦根~

冬休み、海外旅行を取り止めたので、 せめて国内旅行でも、と思い西へ向けて旅立つことにした。 クリスマスの旅である。 ネパールに行く直前、約3ヶ月かけて、日本一周旅行に出かけたが、 さすが日本、まだまだ行っていないところがたくさんある。 今回まずは彦根を訪れた。 彦根といえば井伊氏35万石の城下町。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街角トワイライト~パタン・ダルバール広場~

ネパール名所紹介(7) カトマンズに次ぐ盆地内第二の都市・パタン(ラリトプール)。 15世紀から18世紀にかけて独自の王朝を築いていた。 その当時の王宮跡がダルバール広場である。 カトマンズのオールド・バスパークからバスで約20分。 終点のパタン門で降りると、そこはすでに古き市街地に入り込んでいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさとの丘~バクタプール・ダルバール広場~

ネパール名所紹介(6) カトマンズから東へ12キロ、小高い丘の上に古都バクタプールはある。 15世紀から18世紀にかけてのマッラ3王朝並立時代、 バクタプールは一国の首都として、ネワール文化を花咲かせた。 現在、カトマンズ盆地内に残る3つの旧王宮(カトマンズ、パタン、バクタプール)のうち、 ここは最も規模が大きく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Spirit~ボウダナート~

ネパール名所紹介(5) カトマンズ中心部のタメルから6キロほど北東に行くと、ネパール最大の仏教寺院ボウダナートにたどり着く。 ボウダナートの周辺には、チベット人たちが多く住んでおり、 付近を歩いていると、えんじ色の僧衣を着たチベット僧としょっちゅうすれ違う。 他にもチベット雑貨屋、チベットレストランがあり、まるでミニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディープ・リバー~パシュパティナート~

ネパール名所紹介(4) 久しぶりなので覚えているだろうか。 今回はネパール最大のヒンズー教寺院パシュパティナート。 ネパール最大というばかりではない、全世界のヒンズー教徒にとって、 この寺院は大切な存在であり、春のシヴァ・ラットリー祭に際しては、 全世界から人が訪れるという。 もちろん、世界遺産にも指定されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマステ~ネパール名所紹介~

以前ネパール名所紹介(参照)という記事を書いていたのを覚えているだろうか。 3回ほど掲載して、すっかりそのままになっていた。 ネパールの記憶が完全に薄れてしまう前に続きを書かなければと思っている。 そんなわけで、これから時々思い出したように、 ネパール名所紹介を書いていこうかと思っている。 ところで、 僕はH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃墟の鳩~アユタヤ観光~

僕がバンコクに到着した頃、 僕の茶道の仲間もちょうどバンコクに来ていた。 そこで、最初の2日間は一緒に観光することにした。 せっかくなので、バンコクの北にあるアユタヤまで一緒に行ってきた。 アユタヤへはバス・ツアーに参加した。 効率よく観光するには、うってつけである。 ただ、バンコクは道路が混雑することもあっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シャル・ウィ・ダンス~バンコク観光~

前回バンコクに来たのは大学生だった13年前だった。 その時も観光はしていたが、あまりに前のことですっかり忘れてしまっている。 そこで、前回行った場所も含めて、もう一度見て回った。 バンコクは大きな町だが、有名な観光地は市街西部に集中しているので、 1日もあれば十分回ることができてしまう。 まずはエメラルド寺院と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大都会~バンコク~

バンコクでの滞在は今日で4日目。 それにしても本当に大都会なのでびっくりしている。 林立するビル群(写真上)に、高層道路とモノレール(写真下)、地下鉄…。 東京にも匹敵する都心ぶりだ。 何よりも停電が一切無くて、どこにもクーラーがある。 セブンイレブン、ファミリーマート、マクドナルド、 スターバックスコーヒー、T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼よ、あれが曼谷の灯だ~タイ帰路変更~

1月7日18時20分(タイ時間)、タイのバンコクに到着した。 飛行機の窓からバンコクの町灯りが見えた。 どうやら、タイには計画停電がないらしい。 カトマンズから一緒に来た仲間とは、ここでお別れである。 僕以外は全員、日本へ直帰する。 僕だけが10日ほどバンコクに滞在の予定。 もちろん政情に不安がないと言うわけではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原の輝き~チトワン~

チトワンでの3日間は実に盛りだくさんだった。 ホテルに着くなり、10分休んだだけですぐに村の散策に出かけ、 夜はタルー族の踊りを見るプログラム(写真上)があった。 翌日は、午前中はカヌーで川を下り(写真上)、 午後はジープでジャングル散策。 最終日はゾウに乗ってジャングルをめぐった(写真下)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠なるみどり~チトワン~

先日中央ネパールの旅行に行ってきたばかりだが、 その1週間後の12月12日から14日にかけて、チトワン国立公園へ旅行してきた。 今度こそ、ネパール最後の旅である。 チトワン国立公園は、カトマンズの南西にあり、豊かな自然で世界遺産にも指定されている。 やはりネパールにいるうちに一度は行っておきたい場所だ。 時間がない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色づく街~バイラワ・スノウリ~

ルンビニからバイラワに戻り、ここからカトマンズまで飛行機で戻ることになっていた。 飛行機の時間まではまだだいぶ間があったので、 インド国境の町スノウリへ行ってみることにした。 本来、バイラワからスノウリまではジープが出ているのだが、 この日は殺人事件があったとかで抗議の道路封鎖(チャッカジャム)の最中であった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神々の指紋~ルンビニ~

タンセンからルンビニへ向うバスは8時出発だったので、この日はだいぶゆっくりすることができた。 2時間ほどでバスは山間から平野へと抜けた。 ネパール南部の平原地帯タライ(もしくはマデシ)に入ったのである。 計3時間ほどで、バイラワ(写真上)に着いた。 ここで別のバスに乗り換え1時間ほどでルンビニへ。 ルンビニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘の上~タンセン~

ポカラからは一路南へ。 次の目的地タンセン(パルパ)までは、ひたすら山道である。 ネパールが山国であるということが実感できる。 4時間ほどでブトワルに着いた。 ここからはジープに乗り換える。 あいにくジープは満員で、僕は屋根に乗る羽目になった。 車の屋根に乗ったのは初体験だったが、なかなかスリルがあって面白い。 タンセンま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い雲のように~ポカラ~

旅行第2日目は、まだ薄暗い6時発のバスに乗り込んでの出発である。 次の目的地ポカラまでは約4時間。 ポカラはこれで4度目。 今年だけでも3回目である。 だから特に観光するつもりはなかった。 青年海外協力隊(JOCV)の村落開発普及員の仲間と会うことになっていたので連絡すると、 一緒に巡回先の村に行こう、ということになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅立ちの朝~ゴルカ~

先日のネパール旅行について振り返ることにしたい。 12月1日(月)、朝8時前、カトマンズ北部の新バスパーク(写真上)からゴルカ行きのローカルバスに乗り込み、 西へ向って出発した。 これから5日間のネパール一人旅。 帰国までの日程を考えても、これが最後の旅になるだろう…。 バスに揺られること約5時間、ようやくゴル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Never End~ネパール旅行~

12月5日(金)、5日間のネパール旅行を終えてカトマンズへ帰って来た。 ゴルカ→ポカラ→タンセン→ルンビニと慌しい旅だったが、 無事に帰ってくることができた。 ネパールに住んで2年が経とうとしているのに、 今まで国内旅行はといえば、ポカラにいったぐらいで、 どこも行かないうちに終わってしまおうとしている。 これではあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽はまた昇る~スワヤンブナート~

ある人に、スワヤンブナートの日の出を見なければいけないと言われたので、 さっそく行ってきた。 6時少し前に家を出発。 こんな早い時間でも、カトマンズの町はすでに目覚め、生活しているから驚きである。 6時過ぎスワヤンブナート着。 東の空がだんだん明らんでくる。 こんな時間でもたくさんの人がいるから、 ネパール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0の丘∞の空~スワヤンブナート~

ネパール名所紹介(3) カトマンズの北西の小高い丘の上にあって、どこからでもその姿を見ることができるスワヤンブナート寺院。 伝説によれば、カトマンズ盆地が湖の底だった太古の昔、 スワヤンブナートは島で、そこにやって来た文殊菩薩が、 剣で山を切り開き、カトマンズ盆地が生まれたという。 スワヤンブナートはそんな太古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想い出の瞳~ハヌマーン・ドカ~

ネパール名所紹介(2) ダルバール広場の旧王宮の建物は、現在では博物館となっている。 旧王宮の入り口には赤いハヌマーン像(写真上)がある。 そのため、この門はハヌマーン・ドカ(ハヌマーン門)と言うのだが、 現在では建物そのものもハヌマーン・ドカと呼ばれている。 博物館の入場料は250ルピー。 僕は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の跡~カトマンズ・ダルバール広場~

ネパール名所紹介(1) 第1回目は、カトマンズの旧王宮であるダルバール広場を紹介したい。 カトマンズの中心部にあって、ネパールに来た人は誰もが一度はここを訪れるのではないだろうか。 13世紀から18世紀にかけてカトマンズを支配したマッラ王朝の時代に王宮が建てられ、現在世界文化遺産にも指定されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でも見てやろう~ネパール観光~

せっかくネパールに2年間住むのだから、 ネパールを隈なく見ておきたいと思う。 もっとも、治安上の問題もあって、行けるところは限られているが、 時間の許す限りあっちこっちに行きたい。 考えてみると、僕はネパールでの国内旅行は ポカラに2回と、トレッキングぐらいしか行っていない。 例えば世界遺産のチトワンやルンビニにも行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弟よ~ティハール~

10月29日はティハール最終日のバイ・ティカ(भाइ टीका/弟のティカ)だった。 この日は学生の家に招待されたので、バイ・ティカを見に出かけてきた。 バイ・ティカは文字通り、弟にティカ(額につける飾り)をつける日である。 弟だけでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣いちゃいそうだよ~ポカラ日本語教師養成講座~

ポカラでは、初めて病院で診察を受けるという珍しい経験もした。 ポカラは、カトマンズより標高が500メートル低く暖かい。 その分、夜との寒暖差が激しいのだが、 そのせいか風邪を引いてしまったのである。 すでに、ポカラに着いた翌日から喉が痛かったのだが、 授業をやる分にはまったく支障がなかったため、ほうっておいてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Addicted To You~ポカラ日本語教師養成講座~

ポカラには博物館もいろいろある。 その中の国際山岳博物館は、4年前オープンと比較的新しい。 ここには現在国際協力機構(JICA)のシニア・ボランティア(SV)隊員が博物館学芸員として働いているので、 さっそく訪ねてきた。 連絡をしたところ、事務所のほうに来てくれと言われた。 すると、スタッフ通路から無料で博物館に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴天を誉めるなら夕暮れを待て~ポカラ日本語教師養成講座~

ポカラの最大の見所の一つが、南のダムサイド近くにあるパタレ・チャンゴであろう。 ここは、岩壁から流れ出す滝で、まさしく自然の驚異と言った感じ。 かつて、デヴィというスイス人女性が落ちたことから、デヴィの滝とも呼ばれている。 この日は天気もよく、 滝に何重もの虹がかかっているのが見えた。 パタレ・チャンゴから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more