テーマ:観光

黒い瞳~ダッチンカリ~

ネパール名所紹介(16) カトマンズからバスで南に1時間半のところにある寺院ダッチンカリ(ダクシンカリ)。 有名な寺院にもかかわらず、不便な場所にあったため、 ネパールに住んでいる2年間の間にここを訪ねる機会はなかった。 そこで、先年ネパールに戻った際に、行ってみることにした。 毎週火曜日と土曜日の午前中はには、ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輝きながら~ゴールデン・テンプル~

ネパール名所紹介(15) カトマンズの南にある古都パタン(ラリトプール)。パタンのバスパークからダルバール広場までの間には、ゴールデン・テンプル(写真上)はじめいろいろと見どころのある場所がある。ダルバール広場に行く前に町を散策することをお勧めする。 例えばパタンの入り口のパタン門(写真上)をくぐると左手に小さな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LONG ROAD~ジャパ~

ジャパのビルタモードには2泊した。 本当はこの後、ダランもしくはビラトナガルといった他の都市も訪ねたかったのだが、 ダージリンにいささか長居をしてしまったため、 12月30日(金)、ビルタモードから直接首都カトマンズに向かうことにした。 ビルタモードからカトマンズまではバスで14時間。 あまりに長い。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶摘み~イラム~

ジャパのビルタモードには2泊し、そこを拠点に、12月29日(木)イラムにまで足を伸ばした。イラムは、言わずと知れたイラム茶の産地である。紅茶の産地としてはインドのダージリンが有名だが、イラムは国境を挟んだネパール側にある。あくまで噂だが、ブランドとしては劣るイラム茶を安く仕入れて、ダージリン茶のラベルを貼って売っていたりすることもあるら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

異邦人~ダージリン~

ダージリンではいろいろな人と出会えた。 ダージリン・ヒマラヤ鉄道のチケットを買うために列に並んだところ、 思いのほか手際が悪く(さすがはインド)、その間近くにいた他の観光客といろいろ話すことになった。 そのうちの1人の日本人青年とは、チケットを買った後、一緒に食事をすることになった。 彼は現在世界一周旅行の最中。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ZOO~ダージリン~

ダージリンでは動物園にも行った。 「ロンリー・プラネット」のガイドブックでは、 かなり見ごたえがあるという話だったので楽しみにしていたが…。 トラやヒョウといった猛獣もいるが、 やはり中心となっているのはヤク(写真下)などのヒマラヤ原産の動物。 ブルーシープは岩の上で見張りをしていた。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

浪漫鉄道~ダージリン~

ダージリンには都合3泊した。 当初の予定では、ダージリンには1泊だけで、 すぐにネパールへ向かうつもりだった。 ところが、飛行機の遅れもあり、ダージリンに着いたのはすでに夜。 それから観光するには遅すぎたということもあるが、 何よりもダージリンの町に居心地の良さを感じたのが一番の理由と言えよう。 ダージリンはかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅色~デリー~

12月24日(土)成田空港を出発し、香港での約2時間の乗り継ぎを経て、現地時間20:17インド・デリーのインディラ・ガンジー国際空港に到着した。 さすがに夜の到着ということで、今回唯一日本から送迎付のホテルを取っておいた。 空港までホテルの車が迎えに来ていてくれた。 そこからニューデリーまで車で30分ほどだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天までとどけ~トゥマディ・トール~

ネパール名所紹介(14) カトマンズの東の古都バクタプール。 すでに旧王宮・ダルバール広場(参照)は紹介している。 その南側にももう一つ、トゥマディ・トールという大きな広場がある。 ここもまた、見どころが多い。 生き女神クマリは、カトマンズのダルバール広場が有名だが、 実はここバクタプールにもいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の跡~ガーデン・オブ・ドリームス~

ネパール名所紹介(13) ネパールは1846年から1951年まで宰相ラナ一族によって支配されてきた。 トリブヴァン国王による王政復古で権力の座から降りたが、 ラナ家の夢の跡は今でもカトマンズ市内のあちこちに残っている。 そんなものの一つが、カトマンズ最大の繁華街タメル地区の入り口にある。 それが「ガーデン・オブ・ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神々への調べ~フリーク・ストリート(ジョッチェン)~

ネパール名所紹介(12) ダルバール広場の南側の通りは、かつて「フリーク・ストリート」と呼ばれ、ヒッピー族のたまり場であったという。 もっとも、現在ではヒッピーを見かけることは無く、往時を偲ぶ縁(よすが)はない。 このフリーク・ストリートにはお土産物屋やレストランが立ち並び、ツーリスト街となっている。 フ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青空のかけら~アサン・チョーク~

ネパール名所紹介(11) インドラ・チョークの北にあるアサン・チョークは、ネパール庶民の買い物場として賑わっている。 アサン・チョークにはいくつかの寺院があり、人ごみの中でも信心する人が絶えない。 そのうち南側の一番大きな寺院がアンナプルナ寺院(写真上)。 アンナプルナは豊穣の女神。 入り口を守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街角トワイライト~インドラ・チョーク~

ネパール名所紹介(10) カトマンズのダルバール広場の北のインドラ・チョークには、様々な土産物屋が立ち並ぶ。 ここはショッピングのメッカであるばかりでなく、様々な寺院のある見ごたえのある場所なのだ。 インドラ・チョークで一番立派な寺院はアカシュ・バイラブ寺院(写真上)。 シヴァ神を祀った寺院で、2階のバル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲よ風よ空よ~キルティプール~

ネパール名所紹介(9) 実に久しぶりに書いてみた。 カトマンズの南西の丘の上にある古都キルティプール。 今でこそカトマンズ郡の1都市に甘んじているが、かつては独立した王国であった。 ネパールを統一したプリトゥビ・ナラヤン王がカトマンズ盆地を攻略した際、 最も激しい抵抗を見せたのがここキルティプールであったという。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十年ロマンス~バンコク観光~

バンコクに来るのは、1996年、2007年、2009年に次いで4回目になる。 この15年の間にバンコクは急激な発展を遂げてきた。 タイはネパールと同じ発展途上国なのだが、いったいなぜこうも違うのだろうか。 いずれにせよ、何度もバンコクに来ているので、目ぼしい観光地はすでに回ってしまった。 こっちにはもともと僕の父親が住んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉楽の園~チェンマイ観光~

やってきたのはタイ北部の古都チェンマイ。 東南アジアとはいえ、北ともなるとだいぶ涼しくて過ごしやすい。 チェンマイはかつてはラーンナー・タイ王国の首都があった場所で、 町の中には寺院(ワット)も多い。 バンコクのように都市化されておらず、古き良き東南アジアの雰囲気を残している。 ちょうど15年前に訪ねたバンコク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄の黙示録~ホーチミン~

ホーチミン市をいろいろ歩いて回った。 ホーチミンはさすがはベトナム最大の都市だけあり、 人も車も多く、活気にあふれている。 高いビルも建てられており、 正直ネパールのカトマンズとは比較にならない。 まずは統一会堂(旧大統領官邸/写真上)へ。 ここは南ベトナム政権当時の大統領官邸。 1975年4月30日に北ベトナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の吹き抜ける場所へ~ネパール旅行~

今回ネパールに滞在したのは8日間だった。 何だかんだでやっぱり短い。 最終日1月2日(日)は13時50分発の予定の飛行機だったのだが、 最後の最後までいろいろな所を訪ねることに追われてしまった。 それでも結局は全部を回りきれなかった。 カトマンズを飛行機が経ったのは14時47分。 再びバンコク経由で、1月3日(月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠いProphecy~ネパール旅行~

そろそろネパール旅行を振り返ることにしよう。 2010年12月24日(金)。 その日はクリスマスイブだったのだが、 僕にとってはまったく何の意味もなく、夜に羽田空港へと向かった。 時間が遅かったせいか、空港内にはツリーこそ飾られているものの、 特にクリスマスという感じでもなく、 カップルでにぎわってるわけでもなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時のK-City~ネパール新年~

2011年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2011年の新年はネパールのカトマンズで迎えた。 (正確にはバクタプールだったが) この国で新年を迎えるのは2009年以来2年ぶりになる。 西暦では新年でも、ネパール暦では平日なので、 こちらはいたってのんびりしている。 全然年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NAMASTE~ネパール再訪~

ナマステ! 突然だが僕は今ネパールにいる。 この冬休み、約10日間のネパール旅行を決行した。 12月24日(金)深夜0時40分の飛行機で羽田を発ち、 タイのバンコクで乗り継いで、25日(土)12時半、 カトマンズのトリブヴァン国際空港に降り立った。 このままこっちで年を越し、 1月3日(月)の早朝に成田に帰って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日・京・奈良、飛鳥・明後日~奈良観光~

昨日の競技かるた奈良大会では接戦になったとはいうものの、 結局は1回戦敗退だったので、昼には自由になってしまった。 そこでさっそく観光へと出かけた。 奈良は4年ぶり。 今年は平城遷都1300年の記念の年なのだから、 何はともあれ平城宮跡へ行った。 あいにくイベントのほうはすでに終わっていたが、 朱雀門(写真上)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリー幻想曲~ハンガリー~

昨日はザルツブルクから夜を徹してブダペストまで帰ってきた。 そんなわけで、今朝はかなり疲れていた。 疲れを癒すために温泉に行くことにした。 ハンガリーといえば温泉が有名で、 ブダペストには公衆浴場がいくつもある。 温泉とは言っても、水着を着用して入るので、 感覚的にはプールに近い。 実際、ハンガリー人は熱湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エーデルワイス~オーストリア~

オーストリア2日目はザルツブルクから東に行ったザルツカンマーグート(写真上)へ。 山々と湖の点在する風光明媚な地で、「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった場所である。 湖畔で昼からビールなんか飲んでいると、 正直日本に帰りたくなんか無くなってくる(笑) 次いで、オーストリアの首都ウィーンへ。 神聖ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドレミの歌~オーストリア~

ハンガリーには去年の2月にも来ていて、 一通り観光していたこともあり、 今回は近隣の国にまで足を伸ばすことにしていた。 着いた翌日(8月20日)、友人の車でさっそく出発した。 ブダペストから西に2時間ほど走ると、オーストリアの国境(写真上)を越える。 同じEU諸国ということで、検問も審査も何もなく、 あまりにもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花祭り~岩国・広島~

5月4日、僕は岩国を後にした。 お土産には酒造が作った日本酒。 以前にも述べたように、広島には僕の大学以来の友人がいる。 帰り道に広島を素通りする手はない。 ゴールデンウィーク中、広島ではフラワーフェスティバル(FF)が開催されている。 かなりの人出でにぎわっている。 あちらこちらに花が飾られ、 舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔵~岩国旅行~

ゴールデンウィークも3日目ともなると、仕事の疲れもだいぶ癒えてきた気がする。 そうなると、家でゆっくりできないのは性分である。 ネパール時代の隊員仲間からの誘いもあり、 山口県の岩国へ行くことにした。 朝新幹線に乗り、広島で山陽線に乗り換えると、昼過ぎに岩国に着いた。 友人の案内で、岩国を観光。 まずは特徴的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさとの空の下で~チャング・ナラヤン~

ネパール名所紹介(8) カトマンズ盆地内に7つある世界文化遺産のうち、 チャング・ナラヤン寺院だけにはほとんど行ったことがない。 それというのも、チャング・ナラヤンに行くためには、 カトマンズからはバスで30分ほど東のバクタプールへ行き、 そこでバスを乗り換え、山道を1時間ほど登らなくてはならないのである。 しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福山・恋唄~広島訪問~

20日(土)、21日(日)と広島に行っていた。 僕の母は広島県の福山市出身である。 その福山で、親戚の法事があった。 (写真上は福山城) せっかく広島県に行くのだからと、 広島市のほうにも足を伸ばしてきた。 広島市には大学時代からの友人が住んでいる。 その友人とも1年ぶりに再会して、飲んできた。 瀬戸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

美しき日々~韓国旅行~

2月14日(日)、5日間のソウル滞在を終えて帰路についた。 充実した5日間ではあった。 とは言うものの、物足りなさもあった。 たった5日ではソウル内のすべてを見ることはできない。 また、食べたいものも全部を味わうことはできなかった。 何しろさすがの僕でも一度に2食以上は食べられない。 僕はハングルがまったく読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more