テーマ:歴史

青天を衝け~新大河ドラマ~

60作目の大河ドラマ「青天を衝け」の放送が2月14日始まった。今作の主人公は実業家の渋沢栄一(演:吉沢亮)で、幕末から昭和までの話となる。幕末が舞台となるのは2018年の「西郷どん」以来。幕末の大河ドラマは賛否が分かれることが多いが、見応えのあるドラマを期待したい。 主人公の渋沢栄一という人物については、僕ももちろん知っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麒麟がくる~大河ドラマ最終回~

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が2月7日最終回を迎えた。 この「麒麟がくる」、放送開始時からトラブル続きであった。放送開始直前、織田信長の妻・帰蝶(濃姫)役の沢尻エリカが麻薬所持で逮捕され降板。すでに撮影済みの出演シーンを撮り直したため、放送開始が2週間遅れた。さらに、新型コロナウィルスの流行によって収録が一時中断。6月から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いだてん~最終回~

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」が最終回を迎えた。何でも視聴率は悪かったらしいのだが、僕には大変興味深いドラマであった。サブタイトルに「東京オリムピック噺」とあるが、昭和の名人と呼ばれた古今亭志ん生(演:ビートたけし)が語る架空の新作落語「オリムピック噺」の語りに乗せて物語が展開する。物語は日本が初めてオリンピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃えよ剣~ひの新選組まつり~

土方歳三の命日が5月11日であることから、毎年日野ではこの時期に「新選組まつり」が開催されている。 その新選組まつりを観に日野へ出かけた。 新選組まつりでは「新選組パレード」が行われる。 日野駅の近くで、パレードの到着を待った。 すぐにパレードはやって来た。 先頭は保育園児による可愛い新選組。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新選組!~土方歳三資料館~

昨年2018年は明治150年の節目の年であった。 今年2019年は戊辰戦争終結から150年ということになる。 従って新選組の副局長・土方歳三が亡くなってから150年ということになる。 日野の万願寺に土方歳三ゆかりの地を訪ねた。 まずは土方歳三資料館へ。 建物は新しくなっているが、ここは土方歳三の生家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史秘話ヒストリア~歴史能力検定~

僕は現在、高校の国語教師として働いているが、もともとは本当は地理歴史の教師になりたかった。そんなこともあって、今でも歴史が大好きである。 歴史関係の資格というと、歴史能力検定(歴検)がある。歴検は3級以上は日本史と世界史に分かれているが、歴史基本の4級は両方が含まれている。手始めにその4級を受けてみた。中学生程度のレベルなので勉強せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元禄繚乱~義士祭~

時は元禄15年師走半ばの14日… 今日、12月14日は赤穂浪士の討ち入りの日である。 教えている高校生にその事を行ったところ、まったくと言っていいほど反応が無かった。 どうやら、今の高校生たちは「忠臣蔵」の事件を知らないようなのだ。 それはなんとも寂しい限りである。 そんなこともあって(?)、午後に泉岳寺へ出か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信長協奏曲~桶狭間~

久しぶりに名古屋へ出かけた。 2014年12月以来だから、約2年振りになる。 何度も名古屋には来ているのだが、今回の観光のメインは桶狭間 先日「おんな城主直虎」で桶狭間の合戦が出てきたので、一度行ってみたいと思ったのだ。 桶狭間古合戦場は、名古屋の南東に位置している。 どうやらいろいろな説があるらしく、古合戦場跡も1ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空のカーテン~荏原台古墳群~

東京が歴史の重要な舞台となるのは、徳川家康が江戸幕府を設立してからである。 だが家康以前にも平安時代以来の江戸氏に始まり、太田道灌、扇谷上杉氏、北条氏らによって永い歴史が刻まれてきている。 それどころか、旧石器時代から縄文、弥生と東京には多くの人が住み、その遺跡が残っている。 僕は以前、東京にある先史時代の遺跡を訪ね歩いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真田丸

ここ数年、大河ドラマは欠かさず観ている。 僕は歴史が好きなのでとにかく観ていて面白い。 とりわけここ数年は和製ジャンヌ・ダルク(八重の桜)や、吉田松陰の妹(花燃ゆ)といった割りとマイナーな人物を取り上げているので、 結末がわからずハラハラするということもあった。 今年の大河ドラマは「真田丸」。 主人公真田幸村(信繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まほろば~神話めぐり~

歴史の舞台の中には、神話の舞台というようなものも含まれる。神話とはいえ、なんらかの事実を反映しているのではないだろうか。 例えば、神々の住んでいる高天原は、宮崎県の高千穂にあったと言われている。現在は天岩戸神社のある辺りだ。 瓊瓊杵(ニニギ)尊の天孫降臨だって、皇室の祖先である高天族が、高千穂から南九州に進出したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の流れに身をまかせ~史跡めぐり~

旅行の目的は人それぞれだと思う。僕の場合、特に国内旅行に際しては歴史の舞台を実際に訪ねてみたいということがある。もちろんそれは、東京を散策する時も同じである。 一時期、日本史の教科書の最初の方から、歴史の現場を訪ねていたことがある。 日本の歴史の始まりというと…旧石器時代にまでさかのぼる。日本に旧石器時代があることがわかったきっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たしかなこと~歴史好き~

子供の頃から歴史が好きだった。 初めて好きになったのは、源義経だった。家にあった子供向けの世界文学全集に「義経記」があったのがきっかけである。後に大学の卒業論文に「義経記」を選んだのも、思えばその頃の記憶に基づいている。 また、祖父が歴史好きだったことの影響も大きい。小学生の時、祖父に高輪泉岳寺(写真下)に連れていってもらった時には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたの故郷へ~葛城古道~

せっかく関西に来たのだから、高校野球で早実の試合の無い日は名所を見学したい。 そこで、奈良に足を延ばした。 昨年関西には何度も来ているが、奈良には来ていなかった。 また、宮崎、鹿児島、淡路島と日本神話の 舞台を訪ねる旅の続きをしようと思った。 近鉄線の御所駅で下りて、葛城へ。 葛城古道を歩くことにした。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無限の愛~淡路島~

淡路島は、日本の発祥の地である。 国生み神話によると、 伊奘諾命・伊弉冉命が最初に生んだ島が淡路島だった。 また、天の沼鉾で海原をかき混ぜ、その雫が固まってできた自凝島(おのころじま)を足場にしたという。 その自凝島の所在地にはいろいろな説があるが、 その一つが淡路島の北にある絵島。 また、淡路島の南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガッツだぜ~伊皿子貝塚・亀塚~

都内の歴史散歩にもしばらく出かけていなかった。 そこで港区の三田へ。 ここには縄文時代から平安時代にかけての遺跡があるのだという。 慶應の前の丘の上にその遺跡はある。 三田台公園(写真上)。 公園とはいっても、遊具などがあるわけではなく、広い原っぱがあるだけ。 その公園の一番奥に、 再現された縄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神々の吹かす風~宮崎・鹿児島~

今回の鹿児島旅行は、昨年の宮崎旅行の続きだった。日本の起源をたどる旅。いくつかまだ行っていないところもあるが、何とか日本誕生の一端を知ることができたのではないかと思う。 神々が住んでいた高天原。それはやはり宮崎県北部の高千穂にあったのだろう(写真上)。天照大御神はおそらくこの地の女王だったのだ。僕は卑弥呼とは天照大御神のこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薩摩剣士隼人~鹿児島~

霧島では主に神話の神様の足跡を訪ねた。 しかし、これらの神様のすべてを併せても、維新の英雄にはかなうまい。 そう、西郷隆盛のこと。 もちろん西郷隆盛は神様になっている。 彼を祭神とする南洲神社が、彼の墓地の近くにあるが、今回は訪ねなかった。 そうでなくても、鹿児島では彼は神とほぼ同じ。 未だに深い尊敬を集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の飛び方~霧島~

鹿児島3日目は、僕の中でクライマックスだと考えていた、天孫降臨の地の訪問。 標高1574メートルの高千穂峰へのトレッキングだ。 高千穂河原までは車で行ける。 ここは、1234年まで霧島神宮があった場所。 噴火によって現在地に遷された。 今日でも古宮天孫降臨神籬斎場があり、神儀が執り行われている。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Shangri-La~霧島~

今日は春分の日。 九州は鹿児島にやって来ている。 先週、名古屋にいたばかりだが、3連休どこにも行かないのはあまりにももったいない。 そんなわけで、羽田から空路やって来た。 鹿児島に来るのは7年ぶり。 九州は昨年12月の宮崎以来になる。 宮崎では天孫降臨の地・高千穂を訪ねたが、 天孫降臨の地の候補地は他にもあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に吹かれて~宮崎~

なんでも競技かるたの全国大会が宮崎で開催されるというので、 22日朝、宮崎県武道館へ向かった。 2012年7月以来1年半ぶりの全国大会出場。 九州の大会に限れば、僕がA級に昇級した1997年1月の太宰府大会以来、約17年ぶりになる。 僕の対戦相手は福岡の小学生! 中盤までまったくの互角だったが、終盤振り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

輝く惑星~高千穂~

今年2013年は国内旅行に力を入れようと考えていた。 ところが、7月に知床に行って以来、ちっとも旅行に行く機会が作れずにいた。 これはまずいと、今年最後の3連休を利用して、九州は宮崎へと足を延ばした。 朝の飛行機で羽田空港から宮崎へ。 ここからはレンタカーを借りて行動する予定。 空港を出ると埴輪が迎えてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子守唄を聞かせて~茂呂遺跡・栗原遺跡~

東京は岩宿遺跡と同じ関東ロームの上にあり、旧石器時代から人が住んでいたと考えられている。 実際、都内のあちこちから旧石器時代の遺跡も発見されている。 ところが悲しいかな、都市化によって遺跡の大半は破壊され、 その様子を実際に観ることができるものは少ない。 その少ない都内の旧石器時代遺跡である茂呂遺跡・栗原遺跡を観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出世音頭だよ~代々木八幡遺跡~

先史時代の遺跡は都内にもいろいろ残っているが、 その中から1つをあげるなら代々木八幡遺跡になるだろう。 何しろ、子供の頃から知っている場所なのだから…。 先日の例大祭でも行ったばかりだが、 今回は遺跡をじっくりと観に出かけた。 代々木八幡で縄文時代の遺物が発見されたのは1950年のこと。 境内には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふれていたい~弥生2丁目遺跡~

旧石器時代(岩宿遺跡)、縄文時代(大森貝塚)と来たら次は弥生時代だろう。 先日、弥生2丁目遺跡を訪ねた。 弥生とは地名で、土器の発見された文京区弥生にちなんでいる。 明治17年、弥生で発見された土器が、縄文時代と違うことから、弥生式土器と名づけられ、 新しい時代区分とされるようになった。 弥生式土器が発見さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エケセテネ~大森貝塚~

先日、岩宿遺跡を訪ねた時、   岩宿の発見は大森貝塚の発見と並ぶ歴史的大発見である。 という言葉を何度も耳にした。 大森貝塚といえば、明治期に来日したアメリカ人エドワード・モースによって発見され、 縄文時代の存在が明らかになった史跡である。 岩宿遺跡同様、教科書で誰もが知ってる有名な場所だが、恥ずかしながら今まで行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩宿の発見~岩宿遺跡~

10月1日は都民の日。 この日は都内の学校は休みである。 あいにくの雨模様ではあったが、少々遠出しよう。 最近、あちこち歴史散歩をしていたが、 やはり日本史の原点を訪ねるべきだと思い、群馬県の岩宿へ向かった。 岩宿遺跡を見ようと思う。 1946年、この地で相沢忠洋によって打製石器が発見され、 日本に旧石器時代があっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more