テーマ:音楽

うちで踊ろう~コラボレーション動画~

ミュージシャンの星野源が発表した曲「うちで踊ろう Dancing on the Inside」が話題となった。もともとは星野が自身のInstagramにアップした弾き語り動画で、星野は「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけた。 https://www.instagram.com/p/B-f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エール~「紺碧の空」誕生~

NHKの連続テレビ小説「エール」。今週の放送内容は僕ら早稲田大学関係者にはたまらない内容であった。今週はサブタイトルが「紺碧の空」。早稲田大学応援歌の作曲を依頼された主人公・古山裕一(演:窪田正孝)が、苦心の末についに「紺碧の空」の曲を完成させる。早慶戦当日、神宮球場に「紺碧の空」が鳴り響き、早稲田大学野球部は遂に慶応義塾大学野球部に勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紺碧の空プロジェクト

5月18日に放送された連続テレビ小説「エール」には、早稲田大学応援歌「紺碧の空」の誕生に纏わるエピソードが登場した。当時早稲田大学は、慶應義塾大学の応援歌「若き血」押され早慶戦において連敗を重ねていた。そこで、新しい応援歌作成の気運が高まり、学内で募集された歌詞の中から早稲田大学教授の西條八十が住治男の「紺碧の空」を選出。新人作曲家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紺碧の空~ドラマ「エール」~

NHKの連続テレビ小説「エール」を毎日楽しみに観ている。主人公・古山裕一(演:窪田正孝)のモデルが作曲家・古関裕而ということもあって大変興味深い。 古関裕而だけではなく彼と名トリオとして活躍した作詞家・野村俊夫、歌手・伊藤久男を始め、古賀政男や山田耕筰を思わせる人物も登場し、戦前の大衆音楽史を知る事が出来る。 先週5月15日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エール~連続テレビ小説~

3月30日放送開始となった新連続テレビ小説「エール」がなかなか興味深い。というのも102作目となる今作は、主人公・古山裕一(演:窪田正孝)のモデルが作曲家・古関裕而であるようなのだ。 古関裕而というと、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」や、夏の高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」などの作曲で知られている。そして何といっても僕の母校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪よ舞い散れ其方に向けて~和楽器バンド平城宮イベント中止~

3月28日に奈良・平城宮跡で開催予定であった和楽器バンドの野外ライブイベントが中止と決まった。和楽器バンドのライブが中止となるのは2月29日・3月1日に両国国技館で開催される予定であった大新年会に続いてである。 新型コロナウィルスの影響でスポーツを始めとする各種イベントが中止になっているのだから、当然であろう。むしろ、直前に中止が決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IZANA~和楽器バンド大新年会中止~

毎年恒例の和楽器バンドのライブ「大新年会」。僕は2016年から毎年参加している。2016年日本武道館、2017年東京体育館、2018年横浜アリーナ、2019年さいたまスーパーアリーナと毎年規模が大きくなっていた。今年2020年は両国国技館が会場となり、「天球の架け橋」と銘打って2月29日、3月1日の両日開催の予定であった。僕は3月1日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bad Guy~グラミー賞授賞式~

2020年第62回グラミー賞授賞式をWOWOWで観た。さすがに生中継は仕事中で観ることはできないので、観たのは夜の再放送の方だった。年に1度のアメリカ音楽の祭典だけあって、実に充実した時間を過ごすことが出来た。 オープニングは31歳の遅咲きの新人リゾ。「Truth Heats」などを披露した。今回最多8部門ノミネート。すでに最優秀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Truth Hearts~グラミー賞ノミネート~

毎年恒例の第62回グラミー賞の授賞式が近づいてきた。僕も毎年注目しているのだが、今年はどんな曲が受賞するだろうか。主要4部門のノミネートは次の通りとなっている。 ◆最優秀レコード賞「Bad Guy」Billie Eilish「Truth Hurts」Lizzo「Old Town Road」Lil Nas X「7 rings」A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから~2019年音楽~

毎年年末になると、その1年を振り返る内容のテレビ番組が増えてくる。その1年間の音楽シーンを振り返る機会も多い。 12月30日に「第61回日本レコード大賞」が発表された。大賞にノミネートされたのは次の10曲。 Little Glee Monster「ECHO」三浦大知「片隅」欅坂46「黒い羊」AKB48「サステナブル」純烈「純烈の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイデン&ティティ~大島渚復活ライブ~

9月14日・15日、毎年恒例の「氣志團万博2019」が千葉県の袖ヶ浦海浜公園で開催された。台風15号の影響で千葉県に大きな被害が出た中での開催で、中止も危ぶまれたが無事に行なわれたようだ。 僕は伝説のバンド“大島渚”が約30年ぶりに復活するというので注目していた。残念ながら当日は会場には行けなかったのだが、11月になってWOWOWがそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街角トワイライト~麻薬犯罪~

最近、著名人が麻薬で逮捕される事が相次いでいる。 11月6日、元タレントの田代まさしが覚醒剤所持で逮捕された。田代は2000年に盗撮で初めて逮捕されて以来、のぞきや麻薬所持でたびたび逮捕。今回で逮捕は4年ぶり7回目という、まるで甲子園常連校みたいだ。 のぞきと覚醒剤で2・3度目の逮捕となった2001年には、アメリカ「TIME」誌の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ignite~和楽器バンドライブ~

台風19号は日本中に大きな傷跡を残したが、この3連休中に予定されていたイベントにも様々な影響を与えた。僕自身も、13日にオリンパスホール八王子で行なわれる和楽器バンドのライブに行く予定でいたので、台風がどうなるか前日からやきもきしていた。 和楽器バンドの公式サイトによると、ライブ開催の可否はライブ当日の13日正午に決定するということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアの青いバカ~大島渚復活~

最近気になった芸能ニュースとしては、バンド“大島渚”の復活である。9月14日・15日に開催される「氣志團万博2019」の出演者の中に“大島渚”の名前を見つけ軽く興奮してしまった。 “大島渚”と聞いても何のことかわからない人もいるだろう。映画監督ではないのか?そもそも2013年に亡くなっているではないか。 大島渚とは、イラスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙くんさようなら~ジャニー喜多川死去~

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が87歳で亡くなった。 初代ジャニーズを始めとして、フォーリーブス、郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、シブがき隊、光GENJI…日本の男性アイドル史においてその業績は有り余るものがある。 すでに数年前から重病説や死亡説が流されていた。SMAP解散騒動や、TOKIOの山口達也メンバーらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっぱれが正義~和楽器バンドツアー~

和楽器バンドが今年のツアーのスケジュールを発表した。 和楽器バンドは毎年、1月のライブ「大新年会」の際に、その年のツアーを発表するのだが、今年はそれがなかったため、どうしたのかと心配していた。どうやらレーベルの移籍があった関係で、ここまでずれ込んだようだ。 今年は全国16ヶ所のホールでのライブが予定されている。近場では初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈まない太陽~和楽器バンド・ユニバーサル移籍~

僕が応援しているバンドである“和楽器バンド”がレーベルの移籍を発表した。 これまで所属していたavexとの契約が満了し、ユニバーサルミュージックとグローバル契約を結んだという。 和楽器バンドは「邦楽とロックの融合」をテーマにした8人組バンド。通常のバンドスタイルであるギターの町屋、ベースの亜沙、ドラムスの山葵に加え、津軽三味線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミック雑誌なんかいらない!~内田裕也死去~

ロック歌手の内田裕也が亡くなった。死因は肺炎で79歳だった。2017年脱水症状で倒れてからは車椅子を余儀なくされていたが、それでも昨年末の年越しライブに出演するなど、最後まで精力的に活動していた。 昨年9月には妻の樹木希林が死去。43年にも渡る別居生活がクローズアップされるなど、その奇妙な私生活も話題になっていた。 とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデン・アワー~グラミー賞授賞式~

第61回グラミー賞の授賞式の中継を見た。アメリカ最大いや世界最大の音楽の祭典ということで、毎年楽しみにしている。今年も受賞の行方はもちろんのこと、エンターテイメントとしても楽しめる授賞式だった。 オープニングはキューバ出身のカミラ・カベロの「Havana」。ラテン系女性としては初の快挙だそうだ。そこにプエルトリコ出身のリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

This is America~グラミー賞~

第61回グラミー賞のノミネートが発表されている。 今年は主要部門のノミネートが従来の5から8に増えた点が特徴的である。 以下、主要4部門のノミネート一覧。 〈最優秀レコード賞〉 Chirdish Gambino「This is America」 Brandi Carlile「The Joke」 Cardi …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A・RA・SHI~嵐活動休止~

アイドルグループの嵐が活動休止を発表した。 リーダーの大野智によると、2017年6月頃からメンバーで話し合い、20周年となる2020年末をもっていったん活動を終えたいとのことである。 僕は取り立てて彼らのファンというわけではないのだが、 トップアイドルのあまりに急すぎる発表に、いったい何があったのかと、正直驚いている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっぱれが正義。~和楽器バンド大新年会~

今年も和楽器バンドの大新年会に参戦した。これで大新年会は2016年から4年連続になるのだが、来るたびごとにスケールが大きくなっていくことを感じる。 今年はさいたまスーパーアリーナで2日にかけて開催されたが、僕が参戦したのは2日目のほうだった。 さいたまスーパーアリーナに着くと、大きな看板があった。今年の大新年会のテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンクロニシティ~2018年音楽事情~

年も終わりに近づくと、その1年を振り返るようなテレビ番組が増えてくる。 殊に12月30日から31日にかけては「輝く!日本レコード大賞」や「紅白歌合戦」といった番組が放送されるので、その1年間の音楽シーンを振り返ることになる。 僕も今年、その2つの番組を観ながらいろいろと考えた。 レコード大賞の「優秀作品賞」には次の10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wake Me Up~紅白歌合戦出場歌手発表~

年末恒例の第69回紅白歌合戦の出場歌手が発表された。 〈紅組〉aiko(13)あいみょん(初)いきものがかり(10)石川さゆり(41)AKB48(11)丘みどり(2)欅坂46(3)坂本冬美(30)島津亜矢(5)Superfly(3)DAOKO(初)天童よしみ(23)TWICE(2)西野カナ(9)乃木坂46(4)Perfume(11)松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花一匁~和楽器バンド奉納ライブ~

今回、この時期に関西を訪ねたのはなぜか。それは和楽器バンドのライブ鑑賞のためであった。 ちょうど、京都で「和楽器サミット」というイベントが開催されていたが、その一環として和楽器バンドの単独奉納ライブが平安神宮にて行なれるのだ。 和楽器バンドが平安神宮で野外ライブを行うのは昨年に続いて。昨年は行けなかったので、ここでのライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートブレイク・ホテル~エルビス・プレスリー

ロック音楽史6 チャック・ベリーやリトル・リチャードといった黒人ミュージシャンたちがックンロールの基礎を築いたということは間違いない。だが、ロックンロールが今日のような隆盛をみるようになったきっかけとしては、白人ミュージシャンであるエルビス・プレスリーの存在を抜きにして考えることはできない。 エルビス・プレスリーがレコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーベリー・ヒル~ファッツ・ドミノ~

ロック音楽史5 ロックンロールのパイオニアとして最後に紹介するのがファッツ・ドミノである。 ファッツ・ドミノはその名の通り、デブ(Fats)。 しかしながらその巨体を揺らして軽快にピアノを弾く姿が印象的である。 ニューオーリンズ・ジャズの故郷ニューオーリンズに生まれ、ストライド奏法とブギウギの影響を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のっぽのサリー~リトル・リチャード~

ロック音楽史4 ロックンロールのパイオニアとしてはもう1人、リトル・リチャードを忘れるわけにはいかない。 リトル・リチャードは子供の頃背が低くて痩せていたのでそのあだ名がつけられたというが、実際は180センチ近い体躯であったらしい。そして、パワフルにピアノをかき鳴らす。 代表曲としては歌い出しが印象的な「トッティフル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボ・ディドリー~ボ・ディドリー~

ロック音楽史3 チャック・ベリーらと共にロックンロールの生みの親と称される黒人シンガーにボ・ディドリーがいる。 彼のデビュー曲にして最大のヒット曲となったのが、彼の名前と同じタイトルの「ボ・ディドリー」。 独特のリズムが印象的だが、「ボ・ディドリー・リズム」と称され多くの歌手に引用されてきた。 チャッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョニー・B・グッド~チャック・ベリー~

ロック音楽史2 ロックンロールとはもともと黒人音楽を指していたが、白人であるビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」の大ヒットによって、多くの人に知られることとなった。その後、今度は多くの黒人ミュージシャンによってロックンロールのヒットが生み出されてくる。 そんな黒人ミュージシャンの1人がチャック・ベリーである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more