テーマ:大学野球

君がいなければ~東京六大学野球・早明戦~

今日もいい天気。 高校野球秋の都大会は準決勝が行われたが、先週母校・早稲田実業が負けてしまったため興味はない。 そこで、東京六大学野球に今季初めて観戦に行った。 先週は迂闊にも早稲田・高梨(2年・川越東)の完全試合を見逃してしまったが、 まだまだドラマはあるはずだ。 優勝の奪還を目指す早稲田にとって最初の関門がおそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GLORY DAYS~東京六大学野球・早東戦~

4月21日(日)は朝から冷たい雨だった。 この日は晴れていたら神宮球場に東京六大学野球・早東戦を観に行くつもりだったのだが、 さすがに雨の中出かける気にはならず、 家でごろごろしていてしまった。 後で聞いて、神宮球場に行けばよかったと激しく後悔した。 神宮球場の早東戦で、何と東京六大学野球史上3人目の完全試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い力~高校野球選抜大会~

高校野球春の選抜の開幕まで2ヶ月弱となった。 まだまだ先のような気もするのだが、 気持ちだけはもうすでに甲子園に向かっている。 選抜大会の特集された雑誌をいろいろ買い求め、情報収集している。 もちろん第一の関心は、母校・早稲田実業だ。 今大会の注目はやはり、春夏と連覇した大阪桐蔭の史上初の3季連続優勝なるか、だろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦闘のテーマ~明治神宮野球大会~

大学と高校の野球日本一を決める明治神宮野球大学が開幕した。 残念ながら母校の早稲田大学と早稲田実業は共に準優勝に終わり出場できなかった。 代わって出場しているのは法政大学と安田学園だが、彼らには頑張ってもらいたい。 先日、野球知識検定を受験したのがきっかけで、 母校以外の野球にも幅広く興味を持たねばならないと感じた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライディーン~高校野球・秋都大会決勝~

28日(日)に行われた高校野球秋季東京都大会決勝、早稲田実業―安田学園戦。 結果は2―1で安田学園の勝ちだった。 行きたかったのだが、所要のため、神宮第二球場には駆けつけることができなかった。 残念である。 試合のほうは、 2回表に早実が2失策で、安田学園が2点を挙げる。 早実は5回裏に利光がソロアーチで1点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木は萌ゆる~高校野球・秋都大会準決勝~

さあ、いよいよこの時が来た。高校野球秋季都大会も準決勝。我が母校・早稲田実業が神宮第二球場での大舞台に登った。創価高校と対戦である。 ちなみに隣の神宮球場では伝統の早慶戦も開催されていたが、すでに早稲田の優勝は無くなり、消化試合になっていたため、当然こっちを選んだ。 この日は前日からいろいろと所用で忙しく試合開始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歓喜の歌~プロ野球ドラフト会議~

プロ野球のドラフト会議が25日開催され、 12球団で83人もの選手が、プロの門をくぐることになった。 今年は投手が豊作だったようで、 亜細亜大の東浜巨(3球団)と大阪桐蔭の藤浪晋太郎(4球団)に指名が集中。 巨人が1年越しに菅野智之(元東海大)を指名すれば、 日ハムがメジャー行きを表面した大谷翔平(花巻東)を強行指名す…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タッチ~高校野球~

高校野球秋季都大会は準々決勝。 昨日、日野が敗れたため、都立勢は高島だけになった。 その高島が都立最後の砦として、早稲田実業に挑む。 都立高校の関係者の一人として、都立勢を応援したいのはやまやまだが、 母校・早実が相手ではそうはいかない。 先週の総合工科戦には都立高校の野球部関係者も多く来ていて、 早実を応援する僕は「裏切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若き血~東京六大学野球・慶明戦~

東京六大学野球の慶応―明治戦。 早稲田の優勝争いを左右する大一番ということもあり、 居ても立ってもいられなくなり、神宮球場に駆けつけた。 ちょうど中間試験が始まったことが幸いした。 神宮球場に着いた時はすでに試合が始まっていた。 ちょうど1回裏、明治の攻撃は1死2塁の場面。 慶応の先発・白村(3年・慶應)は明治の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突撃のテーマ~東京六大学野球~

東京六大学野球の優勝争いも佳境に入った。 この週末法政―早稲田、明治―慶応の首位攻防戦があった。 すでに勝ち点を1つ落としている早稲田と慶応にとってはこれ以上負けられない。 土曜の第1戦は早稲田が有原(2年・広陵)、慶応が白村(3年・慶應)の好投で先勝。 そして高校野球のほうを見に行っていた昨日は、法政・明治が雪辱。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンス法政~東京六大学野球・早法戦~

春もそうだが、この時期の週末は大学野球と高校野球のどちらを見に行こうかで迷うことが多い。神宮球場では、東京六大学野球の優勝争いを左右する早稲田と法政が対戦するが、昭島球場でも、母校・早稲田実業と八王子高校の試合がある。迷ったすえに今日は神宮球場のほうに行った。早実は勝てば、明日は神宮第二球場での試合になるので、勝ってくれることを信じるこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ポパイ~東京六大学野球・早立戦~

2週連続で部活動の大会引率などがあり、今季の東京六大学野球、なかなか観に行くことができないでいる。 先週の早稲田―明治戦では、ディフェンディングチャンピオンの早稲田が、明治から勝ち点を落としてしまった。 昨季無傷の4勝をあげたルーキーの吉永(1年・日大三)も神宮初黒星。 昨夏甲子園を制覇して以来の無敗神話が崩れた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悲しみなんて笑い飛ばせ~東京六大学野球・早東戦~

韓国旅行の記事はまだ終わっていないが、ちょっとひと休み。 僕が楽しみにしていた季節が始まった。 高校野球と、東京六大学野球が開幕したのだ。 昨日の開幕戦、早稲田大学vs東京大学の試合は観に行けなかったが、 早稲田は有原(2年・広陵)が先発。 高梨(2年・川越東)、内田(1年・早実)とつないで6―1で快勝した。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私を野球に連れてって~プロ野球オールスター~

6月25日(月)プロ野球オールスターゲームの投票結果が発表された。 日本ハムの斎藤佑樹投手(早実→早稲田)は約14万票でパリーグ先発部門に選出された。 昨年は、「最後の一人」を決めるインターネット投票でギリギリメンバー入り。 それでも試合では好投し、特別賞を受賞という「持ってる男」ぶりを発揮した斎藤だった。 今年は堂々の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背番号のないエース~全日本大学野球選手権~

早稲田やった!! 5年ぶりの大学野球日本一である。 今日行われた全日本大学野球選手権決勝。 早稲田は亜細亜大学を4―0で破ったのである。 早稲田の先発は高梨(2年・川越東)ではなく、連投になった吉永(1年・日大三)だった。 その吉永が7回を無失点に抑える。 その後も横山(3年・聖光学院)、有原(2年・広陵)とつなぎ亜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

君が通り過ぎた後に~全日本大学野球選手権~

全日本大学野球選手権準決勝、早稲田大学(東京六大学)VS九州共立大学(福岡六大学)。 昨日は残念ながら雨天順延になったが、 今日の試合は行われるようだ。 さっそく神宮球場へ出かけてきた。 早稲田は日本一まであと2つ。 試合前は小雨がぱらついたが、試合開始の頃には晴れ上がり、暑いぐらいになった。 早稲田のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏を待ちきれなくて~高校野球~

6月16日(土)は朝から雨。 予定されていた全日本大学野球選手権準決勝も翌日に順延となった。 その結果、もし仮に母校・早稲田大学が優勝したとしても、 その瞬間は観られなくなってしまった。 まったくもって残念である。 さて、6月16日は高校野球の東西東京都大会の組み合わせ抽選が行われた。 母校・早稲田実業は春の大会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりぼっちのデュエット~全日本大学野球選手権~

東京六大学野球で早稲田は完全優勝を逃してしまった。 だが、まだ終わったわけではない。 大学日本一を決める全日本大学野球選手権が残っている。 終わりよければすべて良しと言うではないか。 最後は日本一で締めてもらいたい。 早稲田は、斎藤佑樹(現・日本ハム)が1年だった2007年に大学選手権で優勝している。 これは33年ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢をつづけて~東京六大学野球・早慶戦~

6月4日に行われた東京六大学野球・早慶戦は、4―2で慶応が勝った。 残念ながら早稲田は完全優勝とはいかなかった。 昨日、登録5投手すべてを注ぎ込んだ慶応に対して、 吉永(1年・日大三)を温存した早稲田。 3回戦は早稲田有利だと思っていたのだが…。 今日は当然出勤なので、見に行くことはできなかったが、 今日の高梨(2年・川…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慶応讃歌~東京六大学野球・早慶戦~

6月2日(日)、東京六大学野球早慶戦第2戦が行われた。 昨日は仲間と少々はしゃぎ過ぎた。 また、天気予報では雨だということもあり、 今日は家でおとなしくしていて観に行かなかった。 結局、雨は降るようなことも無く、 試合のほうは…早稲田が11-4という大差で慶応を下し、 1対1のタイに持ち込んだ。 早稲田は高梨(2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんじの唄~東京六大学野球・早慶戦~

東京六大学野球のクライマックスはいつだって早慶戦である。今年はすでに早稲田の優勝が決まってしまったが、それでも盛り上がることは確実。なにしろ早慶戦は特別なものなのだから。もちろん、母校・早稲田には完全優勝を目指してもらいたいが、慶応にも早慶戦には負けられないプライドがある。僕は普段は大学野球は一人でふらりと見に行くことが多いのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独のグルメ~神宮球場~

東京六大学野球は見事母校・早稲田の優勝に終わった。 もちろん嬉しい限りなのではあるが、 慶応が負けたために、早慶戦を待たずに優勝が決まったのはちょっぴり残念な気もする…。 考えてみると僕は神宮球場に大学野球を観に通い始めて約20年。 いや、高校野球も含めれば25年以上だ。 そんなわけでここにはいろいろな思い出がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝利のうた~東京六大学野球・早明戦~

先週の東京六大学野球で、慶応が伏兵立教に連敗して優勝争いから脱落。これで早稲田は明治から勝ち点を取れば優勝ということになった。しかし、やはり簡単には勝たせてもらえないようだ。早稲田の先勝で迎えた早稲田―明治3回戦。早稲田が8回までに3―1とリード。9回のマウンドには守護神・有原(2年・広陵)という完全な勝ちパターンのはずだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EZ DO DANCE~東京六大学野球・早明戦~

東京六大学野球、先週の早法戦では早稲田が法政を倒した。 その結果、早稲田が勝ち点3で単独トップ。 法政が優勝争いから脱落した。 早稲田を慶応と明治が追う形となっている。 早稲田は今週は明治と対戦である。 今週はプロ併用日ということで、普段より30分早い10時30分試合開始である。 せっかくの休みなのにゆっくりでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・クンバンチェロ~東京六大学野球・早法戦~

昨日に引き続き、神宮球場に出かけた。 東京六大学野球・早法戦を観戦するためである。 神宮球場に着くと、前の試合、立教―東大戦がちょうど終わったところだった。 すでに優勝争いから脱落した両校による最下位争いだったが、 立教が5―2で東大を破り、勝ち点を奪った。 開幕前には優勝候補にもあげられていた立教、 ようやくの勝ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サウスポー~東京六大学野球・早法戦~

東京六大学野球も大詰め。 先週は首位を走る法政に土がついた。 明治が4回戦までもつれる激戦を制し、 その結果、早慶明法の4校が勝ち点2で並ぶ事態に。 5月12日(土)は首位早稲田が法政と激突した。 早稲田が優勝を奪還するには大きな一番である。 先発は早稲田・高梨(2年・川越東)、法政・三嶋(4年・福岡工)の両校エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃ゆる太陽~東京六大学野球・早立戦~

ゴールデンウィークだ。 この1ヶ月の疲れを癒す時間にしたいと考えていたが、 どうも僕のことなのでそうもいかない。 ゴールデンウィーク初日の4月28日(土)は予定がいくつもバッティングしてしまう忙しい1日になってしまった。 さすがに神宮球場にも行けないはずだったが、 数時間ほど空いたので、顔を出した。 今日は母校・早稲田大学…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

魁~東京六大学野球・早東戦~

昨日に引き続き神宮球場で東京六大学野球・早稲田―東大戦を観戦した。 昨日は早稲田が大差で先勝。 この勢いを今日も持続させたいところだが。 天気予報は午後から雨。 家を出た時からいかにも降りそうな雰囲気が、 外苑前駅を降りると霧雨のようだった。 そこで、屋根のある神宮球場2階席に陣取った。 前の試合は法政が3―1で立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吼えろ早稲田の獅子~東京六大学野球・早東戦~

4月20日(金)、日本ハムの斎藤佑樹がプロ初完封。 ネットの速報で見ていただけだが、それでも興奮させられた。 何だかんだで、着実に大投手の道を歩んでいる。 偉大な先輩に続けと、4月21日(土)、東京六大学野球リーグに、早稲田大学が登場した。 早稲田は東大と対戦である。 先週の開幕カードでは、法政が2勝1分で慶応を下した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

there is...~早慶レガッタ~

母校・早稲田大学の試合が無いので、神宮球場には行かず隅田川へやってきた。 春の風物詩、早慶レガッタを見るためである。 早慶レガッタは、早稲田と慶応の8人漕ぎボートの対抗戦で、今年で81回目を数える。 昨年は大震災の影響で戸田ボートコースでの開催だったため、 2年ぶりに隅田川に帰ってきた。 隅田川といえば桜の名所なのだが、昨日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more