テーマ:高校野球

僕たちは戦わない~野村大樹プロ志望~

早稲田実業の前主将の野村大樹内野手がプロ志望届けを提出したそうである。 野村内野手は、高校通算68本塁打。 清宮幸太郎の111本塁打に比べれば見劣りはするが、 それでも清原の64本や松井秀喜の60本より多いわけだからいかにすごいかがわかる。 しかも高校時代は、あの清宮を3番に置いて4番を打っていた。 忘れられないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽の彼方に~高校野球秋季東京大会組み合わせ~

高校野球秋季東京大会1次予選の組み合わせ抽選があった。 我が母校・早稲田実業学校は果たしてどうなったか。 南大沢の早実グランドが会場の第14ブロック。 初戦は9月9日の昭和鉄道。 それに勝つと15日のブロック決勝は聖パウロ学園と京華商業の勝者となる。 おそらく早実の本戦出場は固いと思われるが、 やはりその先、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大甲子園~高校野球選手権大会決勝~

第100回記念全国高等学校野球選手権大会が終わった。 この記念すべき大会に当然出場するはずだった母校・早稲田実業が早々と敗退してしまった。 代わりに、69年ぶりの東東京決勝進出で盛り上がった都立小山台を応援したのだが、これも負けてしまった。 なので今年は甲子園への興味がとっくに無くなったと思っていたのだが…。 さすがは100回記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の決心~高校野球東東京大会決勝戦~

今年の高校野球東東京大会で大躍進中の都立小山台高校。 1949年以来69年ぶりの決勝進出という快挙。 その勇姿を見るために明治神宮野球場へ足を運んだ。 対するは昨夏の代表校・二松学舎大付。 これは難敵である。 好勝負を期待しよう。 台風12号の影響で昨日の西東京大会決勝戦は順延となった。 今日の東東京決勝も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立の星~高校野球東西東京大会~

今年は高校野球選手権100回記念大会らしい。今年は母校・早稲田実業(早実)が早々と負けてしまったので、正直興味が無くなった。これだけ猛暑で熱中症の危険が騒がれているのだから、今年の甲子園は中止でもいいと思う。 それは冗談で、僕は基本的に早実が負けた後は都立高校を応援することにしている。もちろん僕が一応、関係者だということも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりのハーモニー~高校野球西東京大会・早実敗戦~

こんなにも早く夏が終わるとは思わなかった。 高校野球西東京大会、我が母校・早稲田実業は八王子学園八王子と対戦した。八王子と対戦するのはこれで4年連続になる。しかも2016年には苦杯を嘗めさせられている。まさに因縁の対決。 残念ながらこの日は仕事で球場へ駆けつけることは出来なかった。 試合は八王子が2点を先制。早大学院戦同様、苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が来た!~高校野球西東京大会~

本当の夏がきた! 高校野球西東京大会観戦のために大和ハウススタジアム八王子へ足を運んだ。 母校・早稲田実業がいよいよ初戦を迎えたのである。 早実は春ベスト4で第3シードなので4回戦から登場。対戦相手は…早稲田大学高等学院(以下、学院)となった。早実と学院は同じ早稲田大学系列の兄弟校なのでユニフォームはほとんど一緒。応援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄冠は君に輝く~東西東京大会開会式~

今年も暑くて熱い夏がやってきた。 第100回記念高等学校野球選手権への出場校を決める東西東京大会の開幕である。 今年は史上最速で梅雨が明けたということもあり、青空が広がる絶好の野球日和。 これは熱くなりそう。 なので、水分補給もばっちり(笑) 開会式に先立って、東京都高野連の武井克時専務理事が「功労者」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が来る~高校野球東西東京大会組み合わせ決定~

高校野球夏の東西東京大会の組み合わせが決定した。今年は100回目の記念大会である。我が母校・早稲田実業学校は、春はベスト4だったので、3回戦から登場する。 初戦の相手は、早大高等学院になるだろうか?2010年夏の準決勝で対戦した際に観に行ったが、敵味方入り交じって「紺碧の空」を歌うなど、かなり盛り上がった記憶がある。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈まない太陽~清宮幸太郎・新人連続安打記録更新~

清宮幸太郎はやはり大物だった。 デビュー戦でいきなり二塁打を放った日本ハムの清宮幸太郎選手は、 その後も試合毎に安打を重ねていく。 5月6日のロッテ戦で5試合連続安打となったが、 これはドラフト会議が導入された1966年以降の高卒新人としては、 1999年の赤田将吾(西武)、2015年の浅間大基(日本ハム)の4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕らのスーパーヒーロー~清宮幸太郎1軍デビュー~

日本ハムのスーパールーキー・清宮幸太郎がプロ野球で1軍デビューを果たした。 (写真は2017年選抜での清宮) 5月2日に行われた楽天戦に6番DHで先発出場。 その第一打席でいきなりのフェンス直撃の二塁打を放った。 翌3日の試合では5番に昇格。 ここでもきっちり安打を放つなど、早くも大活躍を見せている。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンシング・ヒーロー~高校野球春季都大会~

高校野球春季東京都大会も準決勝。 我が早稲田実業学校は、ライバル日大三と対戦する。 先週の準々決勝、早実は強敵関東一を6-4で破って準決勝進出。 一方の日大三は、初戦の都立文京戦こそ6-4と苦しんだが、 その後は危なげなく勝ち上がる。 都立東大和、都立小山台といった都立の強豪校を撃破しての準決勝進出。 早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIVA WASEDA~高校野球春季都大会~

4月15日(日)に予定されていた高校野球春季都大会の試合は雨で翌日に順延となった。 運がいいことに翌日もたまたま仕事が休みだったので、 神宮第二球場に母校・早稲田実業と国学院久我山の試合を観に出かけた。 早実はエース雪山幹太(3年)が先発。 久我山は背番号10の問矢(2年)。 序盤は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイボール~高校野球~

春の選抜高校野球大会も決勝が行われ、昨春の覇者・大阪桐蔭高校が5―2で智弁和歌山を破り、春連覇の偉業を達成した。 春連覇というのは、1929年・30年の第一神港商(兵庫)、1981年・82年のPL学園(大阪)以来3校目である。もともと大阪桐蔭は優勝候補の筆頭に挙げられていた。なので結果だけ見れば順当ではあるのだが、準決勝の三重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どかーん~選抜高校野球大会組合わせ抽選~

春の選抜高校野球大会の組合わせ抽選があった。 注目の組合わせは…。 Aブロックが激戦となっている。 開幕戦が聖光学院(福島)と東筑(福岡)という好カード。 さらに、駒大苫小牧(北海道)と静岡が初戦で当たり、勝った方は日本航空石川と当たる可能性が高い。 また、明徳義塾(高知)と中央学院(千葉)という明治神宮大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GO ANd GO~高校野球・春季都大会組合せ~

高校野球・春季都大会の組合せ抽選があった。 我が母校・早稲田実業学校は秋の大会ベスト16であったため1次予選からではなく4月の本戦からの出場となる。 注目の組合せ結果だが、早実は2回戦からの登場である。 初戦は4月4日府中球場で、駿台学園と1次予選から勝ち上がってきた学校(広尾、立教池袋、武蔵丘、荒川商)の勝者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今ありて~選抜高校野球大会出場校~

第90回選抜高校野球大会の出場校が決定した。 母校・早稲田実業が秋季都大会で破れ選抜絶望となったのであまり興味はないのだが…。 東京は優勝した日大三高は出場確実。 準優勝の佼成学園は出場すれば50年ぶりだが…。 決定した出場校は次の通り。 〈北海道〉 駒大苫小牧(北海道)4年ぶり4回目 〈東北〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝統の旗~早実ホームカミングデー~

僕の母校である早稲田実業学校のホームカミングデーがあった。 僕は今年、卒業25年目は節目の年ということもあって、 ホームカミングデーに招待されていた。 久しぶりに母校を訪ねた。 もっとも、僕が通っていた当時の早実は早稲田にあり、 ここ国分寺のキャンパスは数回訪ねたことがあるぐらいなのではあるが…。 ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋からもそばにいて~高校野球・秋季都大会~

高校野球・秋季都大会も終わった。今年も早実が負けてからはあまり興味がないのだが…。 早実を倒した国士舘は、続いて立正大立正をも倒し、準決勝に進出した。ところが、準決勝では佼成学園に2―3で敗れたのである。 結局、優勝したのは日大三。佼成学園との決勝では、3―4で迎えた9回表。一挙8点を挙げて11―5で大逆転勝利を遂げた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しい気持ち~高校野球・秋季都大会~

台風22号の影響で、三宅島に帰れなかった。 しかしそのおかげで、高校野球・秋季都大会を観に行くことができたのである。 台風一過の快晴の中、ダイワスタジアム八王子(八王子市民球場)へ出かけた。 早稲田実業と国士舘の対戦。 好カードだが、さすがに平日だけあって観衆は少ない。 10時試合開始。 早実はエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SADAME~ドラフト会議~

2017年度のドラフト会議が行われた。 話題は早稲田実業学校硬式野球部の清宮幸太郎選手が何球団から指名されるかであったが…。 なんと、清宮はソフトバンク、阪神、楽天、巨人、日本ハム、ロッテ、ヤクルトの7球団から1位指名を受けた。 これは、8球団の野茂英雄(新日鉄堺)、小池秀郎(亜細亜大)に次ぎ、 福留孝介(PL学園)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢想花~高校野球秋季都大会~

この週末、日本各地に被害をもたらした台風21号。 高校野球秋季都大会も、台風に翻弄された。 先週末の雨もあって、試合が何度も順延となり、 週末だけでなく平日にも試合が行われるという事態に。 ようやく24日(火)に母校・早稲田実業の試合が行われた。 早実にとって今大会最初の山場となる関東一高と対戦した。 早実は1―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄光の風~高校野球・秋季都大会~

高校野球・秋季都大会本戦の組み合わせ抽選があった。 我が母校・早稲田実業学校は一次予選において、都立小山台、日大鶴ヶ丘という甲子園出場経験のある強豪校と同じブロックに入ってしまった。 しかし、1回戦小山台を8―1の7回コールドで圧倒すると、 ブロック決勝では日鶴に10-4で逆転勝利。 見事、本戦への出場を決めたのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャプテン~清宮幸太郎プロ志望~

早稲田実業学校公式野球部の清宮幸太郎選手がプロ志望を表明した。 現役時代大きなフィーバーを巻き起こした清宮が、 卒業後の進路を早稲田大学にするのか、プロにするのかに、 大きな関心が集まっていた。 個人的には、清宮には早稲田大学に進んで欲しかった。 正直、プロに進んでも活躍できるかどうかはわからない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイン~高校野球・秋季都大会~

野球の18歳以下のワールドカップが開催されている。 主将として召集された早稲田実業の清宮幸太郎選手が南アフリカ戦で高校野球新記録となる110号ホームランを放つなど活躍しているようだ。 その一方で、新チームのほうもすでに始動しており、高校野球秋の都大会の1次予選が始まる。 秋季大会は、3年が引退した後の新チームでの最初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスタリスク~高校野球選手権大会~

高校野球選手権大会いわゆる夏の甲子園の組み合わせ抽選があったらしい。 もっとも、母校・早稲田実業学校が負けてしまった今では、 組み合わせがどうなろうとどうでもいいのだが。 本当だったら、今頃は関西に行く予定をいろいろ練っていたところだったというのに…。 優勝候補は、秋の明治神宮大会、春の選抜大会優勝の大阪桐蔭高校だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりのハーモニー~高校野球西東京大会決勝~

今年の夏の甲子園は清宮のためにある、きっとそうなるのだと思っていた。 高校野球西東京大会決勝戦、早稲田実業学校は東海大菅生と対戦した。結局、今大会は開会式以外1試合も観に行くことはできなかった。なんでもこの試合、11時には満員打ち止めとなったそうで、神宮球場史上最多の3万人の観衆を集めたらしい。 こんな大舞台で、あの早実が力を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光と影の日々~高校野球西東京大会準決勝~

高校野球西東京大会も準決勝戦。早稲田実業学校は八王子学園八王子と対戦である。 八王子には昨年の準々決勝で苦杯を嘗めさせられている。しかも昨年のエース早乙女(3年)が残っている。これはリベンジを果たすチャンスではないか。 今日も神宮球場には行けなかったが、ネット中継で観戦した。10時試合開始。早実は先発投手はエース雪山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Starship~高校野球東西東京大会~

高校野球・西東京大会も準々決勝に入った。 我が母校・早稲田実業学校は、21日の5回戦で法政大学高校と対戦した。エース雪山が9回を完封すると、打線も清宮の通算106号ソロホームランなどで5点を奪い、5―0と快勝。 続く25日の準々決勝では日本学園と対戦。清宮のホームランこそなかったが、早実はこまめに加点し、雪山も完投で5―1と勝ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽野郎~高校野球東西東京大会~

高校野球東西東京大会も試合が進んでいる。 残念ながら、観に行くことはできなかったが、 我が母校早稲田実業も順調に勝ち進んでいる。 7月15日(土)、早実の初戦の相手は都立南平。 先発投手は公式戦初先発となる雪山(2年)だった。 雪山は、8回2失点と好投。 打線も、1回裏1死2塁から清宮(3年)が通算104号となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more