テーマ:高校野球

夏疾風~高校野球秋季都大会~

春の選抜につながる高校野球秋季都大会。我が母校・早稲田実業学校は修徳と対戦。9-2の7回コールドで早実が快勝し、2回戦にコマを進めた。 エースの田和が完投。4番ファーストで出場した清宮福太郎主将もタイムリーを放っている。まだまだ先は長いが、これは期待していいのではないだろうか。 次は、駒場学園を11-0の5回コールドで下した郁文館が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイン~高校野球秋季都大会組み合わせ発表~

高校野球秋季東京都大会本戦の組み合わせ抽選の結果が発表された。 我が母校・早稲田実業学校野球部の組み合わせは…。 1回戦:10月18日(日)11:30 八王子球場2回戦:10月24日(土)10:00 立川球場3回戦:11月1日(日)10:00 八王子球場準々決勝:11月7日(土)12:30 八王子球場準決勝:11月14日(土)1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋からもそばにいて~高校野球秋季都大会抽選~

高校野球秋季東京都大会は9月12日に一次予選が開幕、10月17日に本大会が開幕する予定となっている。8月29日、その一次予選の組み合わせ抽選が行なわれた。 https://www.tokyo-hbf.com/news.php?nid=0458035e8c6381f01fa585fafca60d92 早実は早実王貞治記念グラウンド(写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遥かなる甲子園~高校野球交流大会~

今年は新型コロナウィルスの影響で春と夏の甲子園が中止となった。とりわけ春の選抜大会は、出場校32校を選んだ後に中止と決定したこともあり、救済措置を求める声が大きかった。そのこともあって、甲子園球場において選抜出場予定校を招いての「甲子園高校野球交流大会」が開催されることとなった。8月10日から17日にかけて、招待校による対抗試合をそれぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の扉~高校野球西東京大会~

夏が終わってしまった。 高校野球西東京大会、我が母校・早稲田実業学校は準々決勝で国士舘と対戦した。国士舘は昨秋の都大会の覇者である。結果は1ー4で破れ、早実はベスト8に終わった。 ネットでの中継をほんの少し観ただけだが、早実は肝心なところで打てなかったようだ。この夏は緊急事態宣言が出た影響もあって、満足に練習が出来ず、思うように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dreamer~高校野球西東京大会~

早稲田実業学校野球部は快進撃を続けている。7月31日府中市民球場で行なわれた府中西戦では11-1の6回コールドで快勝。(写真は府中市民球場) 8月1日ネッツ多摩昭島球場で明大中野八王子戦も7-0の7回コールドで勝ち準々決勝進出を決めた。 準々決勝は8月3日ダイワハウススタジアム八王子にて秋季都大会優勝の国士館高校と対戦する。次は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿命~高校野球東西東京大会~

高校野球東西東京大会、ようやく母校・早稲田実業学校の試合が行なわれた。27日に行なわれた初戦の対戦相手は八王子学園八王子。2016年夏に早実を破って甲子園に初出場するなど、早実とはこれまで何度も熱戦を繰り広げてきた相手である。(写真は2016年の試合) 早実は初回に3点を失うが乱打戦となり8ー6で競り勝った。1年ぶりの公式戦と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の東京~高校野球東西東京大会~

今年は梅雨が長い。なんでも梅雨明けが8月までずれ込むとのことだ。甲子園は中止となったが、高校野球東西東京大会はすでに開幕しているが、その大会も雨に祟られてばかりだ。 母校・早稲田実業の初戦は当初7月18日の予定だった。それが雨のため23日に順延。ところがまた雨のため、今日26日の第1試合に順延となった。 今日の試合も雨の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕らは強くなれる~高校野球西東京大会組み合わせ~

今年の夏の甲子園は新型コロナウィルスのために中止となったが、地方大会は行なわれることになっている。7月4日、東西東京大会の組み合わせ抽選が発表された。 抽選結果(https://www.tokyo-hbf.com/news.php?nid=cefb1e41d82e82b7fc75165a61ed70bb) 我が母校・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Miss Lonely Yesterday~甲子園中止決定~

8月10日に阪神甲子園球場で開幕予定であった第102回全国高等学校野球選手権の中止が決定した。夏の甲子園が中止となるのは米騒動のあった1918年と、太平洋戦争中の1941~45年以来ということになる。 予定通り全国選手権を開催するには、少なくとも8月頭には代表校が出揃っていなければならない。昨年でいえば愛知県大会は188校、神奈川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デーゲーム~高校野球中止?~

夏の高校野球も新型コロナウィスルの影響を受けている。春の選抜大会が中止となったが、夏の選手権も中止が濃厚だ。(20日に正式決定の予定。)すでにインターハイの中止が決まっていて、高校野球といえども例外というわけにはいかなかった。 一方、夏の都大会は行われる予定である。もっとも7月4日に予定されていた開会式は中止となり、開幕が11日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エースの条件~高校野球春季都大会どうなる?~

高校野球は春の選抜大会が中止と決まったが、4月1日から開催予定の春季東京都大会のほうもどうなるのだろうか。 2月27日に、一次予選の中止が決まり、母校・早稲田実業の出場は無くなっていた。本大会の開催可否は3月13日に発表されるとのこと…。 https://www.tokyo-hbf.com/news.php?nid=d700f332…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙は後回し~春の選抜大会中止~

どうなるのかと心配されていた3月19日開幕予定だった選抜高校野球大会が、11日に中止と正式に決まった。甲子園が中止となるのは、第二次世界大戦の影響で中止された1941夏~45年春まで以来75年ぶりとなる。 当初、高野連は無観客での試合開催を検討していたのだが、他の高校スポーツの全国大会が軒並み中止を決める中、高校野球だけが開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終章~高校野球春季都大会1次予選中止~

新型コロナウィルスの流行による様々なイベントの中止の中で一番ショックだったのは、高校野球春季都大会の1次予選の中止だ。 https://ww.tokyo-hbf.com/news.php?nid=a5bd68793d2eb64d94254f8b5a8e5e3a 春季大会は通常、秋季大会の本戦出場校に加え1次予選を突破した高校とで争わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤死病の仮面~新型コロナウィルス~

猛威を奮っている新型コロナウィルス。専門家会議は2月24日、今後1〜2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だという見解を示した。その事と関連して、様々なイベントが中止もしくは延期に追い込まれている。 例えば、3月1日開催予定の東京マラソンは一般参加者の出場なしとなった。 こうしたイベントの中止は僕自身にも影響があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白球譜~選抜出場校決定~

第92回選抜高校野球大会の出場校が発表された。出場32校は次の通り。 北海道 白樺学園(初出場)山形  鶴岡東(41年ぶり2回目)宮城  仙台育英(3年ぶり13回目)群馬  桐生第一(4年ぶり6回目) 健大高崎(3年ぶり4回目)埼玉  花咲徳栄(4年ぶり5回目)山梨  山梨学院(2年連続4回目)東京  国士舘(2年連続10回目)神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背番号のないエース~プロ野球ドラフト会議~

10月17日、プロ野球のドラフト会議があった。今年の話題はなんといっても163キロ投手の佐々木朗希選手(大船渡)。果たして西武、楽天、ロッテ、日本ハムの4球団から指名を受け、ロッテが交渉権を得た。 また、夏の準優勝投手の奥川恭伸選手(星陵)も巨人、阪神、ヤクルトの3球団指名でヤクルトに、石川昂弥内野手(東邦)が中日、ソフトバンク、オリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラストワルツ~大石達也引退~

プロ野球もペナントレースが終わり、後はクライマックスシリーズと日本シリーズを残すだけとなった。この時期になると、野球選手の引退のニュースが増えてくる。そんな中でも西武ライオンズの大石達也投手(福岡大大濠→早稲田大学)引退のニュースは寂しかった。 2010年のドラフト会議。話題は斎藤佑樹(早稲田実業→早稲田大学→現・日本ハム)であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flamingo~早実野球部大会出場辞退~

早実野球部が秋季都大会を辞退した件についてだが、未だに真相は明らかになっていない。そのため、ネット上ではその理由の推測がたくさん飛び回っている。 当初、僕は非公表であったことから、被害者が存在する性犯罪系の事件なのではないかと思った。しかしよく考えると、今回の高野連の処分は対外試合禁止3ヶ月というもので、事件性の高いものにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAY BREAK~早実野球部大会出場辞退~

高校野球秋季都大会のブロック予選が始まっている。我が母校・早稲田実業学校は9月15日に錦城学園と対戦する予定になっていた。ところが、初戦を前に衝撃のニュースが入ってきた。 早稲田実業が、都大会の出場を辞退したというのである。なんでも部員9人による問題行動があり12月までの3ヶ月間対外試合が禁止となったからだという。その結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの夏を探して~早実敗戦~

早すぎる夏の終わりだった…。高校野球西東京大会準々決勝、早稲田実業は国学院久我山を相手に2―6のサヨナラ敗けを喫した。 2―2の同点で迎えた9回裏2死満塁、国学院久我山の4番宮崎恭輔捕手にサヨナラホームランを打たれたという。 なんてことだ。この夏は一度も球場に行かないうちに終わってしまった…。残念でたまらない。 早実が甲子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿命~高校野球東西東京大会~

高校野球東西東京大会は雨で順延になった試合が相次いでいるが、それでもなんとか順調に試合を消化している。 今のところのまだ試合を観に行けていないが、色々と波乱の多い展開になっているようだ。 そんな中、我が母校・早稲田実業学校も試合があり、初戦で小平西を6―0、3回戦で田無工を7―0の7回コールドで破り、5回戦に駒を進めている。背番号1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のまた夢~高校野球東西東京大会開会式~

7月6日、高校野球東西東京大会の開会式が行われ、大会が開幕した。 僕は毎年開会式を明治神宮野球に観に行っているのだが、今年は天気予報では雨だということだったので現地に行くのはやめた。MXテレビが中継しているというのを観たが、どうやら無事開催されたようである。昨年の開会式は暑かったが、今年は涼しくて過ごしやすそうである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROOKIES~夏季都大会組み合わせ抽選~

夏の甲子園を目指す高校野球・夏季都大会の組み合わせ抽選があった。 我が母校・早稲田実業は西東京の第3シードとして、3回戦からの登場となる。 初戦の相手は小平西、国際基督教大学、大泉のどこかだが、 準々決勝までは順当に勝ち進めそうである。 その準々決勝の相手は八王子、駒大高校、国学院久我山辺りが勝ち上がって来ると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春色の空~高校野球・春季都大会~

高校野球春の都大会が開幕しているので、神宮第二球場へ観に出かけた。 昨年は夏の甲子園が100回記念大会であったが、我が母校・早稲田実業は残念ながら甲子園には行けなかった。 今年はあの清宮幸太郎(現・日本ハム)の弟の清宮福太郎が入学したこともあり、久しぶりに甲子園に連れていってもらえるのではないか楽しみである。 秋ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福の条件~高校野球春季都大会組み合わせ~

高校野球春季東京都大会の組み合わせ抽選があった。秋季大会ベスト4の我が母校・早稲田実業は、第3シードで本戦からの出場となる。 早実は全試合神宮第二球場が会場で、2回戦からの登場。初戦は佼成学園だろうか。 組み合わせを見る限り準決勝までは順当にいきそうだ。出来る限り応援に行きたいと思っている。 早実というと話題は新戦力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遥かなる甲子園~高校野球秋季都大会~

高校野球秋季都大会、平成最後の春の選抜まであと1勝と迫った我が早稲田実業。 残念ながら大事な準決勝は見に行けなかったのだが… 東海大菅生に0―3で破れ、選抜出場が厳しくなった。 もっとも過去には決勝戦で大差がついた結果、ベスト4の学校が選ばれたこともあるので、決勝での東海大菅生の大勝を期待したが…。 こちらも3―4で国士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄光への軌跡~高校野球秋季都大会~

なかなか観に行けていないが、高校野球秋季都大会において、我が母校・早稲田実業は順調に勝ち進んでいる。 10月20日に帝京と対戦。 茅野のホームランなどで3―1と快勝。 28日の準々決勝では日体荏原と対戦し、10―1の7回コールドで圧勝し、準決勝に駒を進めた。 準決勝は東海大菅生と対戦する。 2017年以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざゆけ若鷹軍団~ドラフト会議~

2018年のドラフト会議が行われた。 世間では大阪桐蔭の根尾昂内野手や藤原恭大外野手、金足農業の吉田輝星投手が話題になっているが、 僕はなんといっても早稲田実業の野村大樹内野手がどこへ進むのかが気になっていた。 1位指名の結果、報徳学園の小園海斗内野手が4球団、根尾と藤原が3球団ずつて競合という結果になった。 西武が日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more