テーマ:漫画

華の乱~鬼滅の刃研究5「時代背景編」~

「鬼滅の刃」の物語は大正時代である。大正時代というと1912年7月30日から1926年12月25日までの15年間であるのだが、「鬼滅の刃」に描かれているのは具体的にはいつになるのだろうか。 そのヒントとなるのは、藤襲山での最終選別の際に登場した手鬼のセリフにある。手鬼は竈門炭治郎に「今は明治何年だ」と問う。炭治郎が「今は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふれてごらん~鬼滅の刃研究4「最終選別編」~

鬼殺隊の隊士になるためには、「最終選別」を突破しなくてはならない。その最終選別は、藤襲山で行なわれる。1年中藤の花が咲き乱れている山だという…。藤襲山には鬼殺隊によって捕らえられた鬼たちが閉じ込められているが、鬼は藤の花の匂いを嫌うため、藤襲山から出てくることは出来ない。 最終選別というのは、この藤襲山で7日間を生き延びるというも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄妹の絆~鬼滅の刃研究3「物語発端編」~

「鬼滅の刃」の時代は大正時代である。主人公は13歳の少年・竈門炭治郎(声:花江夏樹)。父親・炭十郎は既に亡く、母親の葵枝(声:桑島法子)と妹弟の禰󠄀豆子 (声:鬼頭明里)、竹雄(声:大地葉)、花子(声:小原好美)、茂(声:本渡楓)、六太(声 :古賀葵)との7人暮らし。炭治郎は炭焼きをして一家を支えている。 「鬼滅の刃」第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過狩り狩り~鬼滅の刃研究2「ルーツ編」~

「鬼滅の刃」の原作者の吾峠呼世晴とはどんな人物なのだろうか。名前の読み方は「ごとうげ・こよはる」である。吾峠はこの「鬼滅の刃」が初めての連載作品である。そのため、その個人については永らく謎であった。 累計6000万部超え「鬼滅の刃」 “女性作者”の素顔と“まもなく連載終了”の事情 #鬼滅の刃 #週刊文春 #文春オンラインhttps:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅蓮華~鬼滅の刃研究~

昨年2020年から社会的ブームを巻き起こしているアニメ「鬼滅の刃」。映画「無限列車編」は、日本における歴代興行収入1位を更新。さらに、今年はテレビアニメ第2期「遊郭編」の放送も決定し、まだまだその勢いは衰えそうにない。僕もすっかりハマってしまった。今更感もあるが、そんな「鬼滅の刃」の魅力について、いろいろと考察してみたいと思う。なお、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋色の弾丸~名探偵コナンスタンプラリー~

2月12日から3月22日まで開催されていたJRの「名探偵コナン」スタンプラリーに昨年に続いて参加してきた。このスタンプラリーは、主に都内の市部の駅に設置されている。 まずは立川駅でスタンプカードを入手しスタンプラリーをスタートした。 立川駅は赤井秀一&江戸川コナンであった。 続いて八王子駅は主人公・江戸川コナン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちはやふる3~アニメ~

競技かるたをテーマとしたテレビアニメ「ちはやふる3」の放送が10月から始まっている。「ちはやふる」は2011年~2012年、2013年にアニメが放送され、競技かるたのブームを巻き起こした。その人気は未だに衰えていない。今回、6年ぶりのシリーズ再開ということで、とても楽しみにしていた。 物語は、高校2年の夏の高校選手権団体戦を制した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極超人あ~る

「究極超人あ~る」をご存知だろうか?ゆうきまさみ原作で、1985年から87年にかけて「週刊少年サンデー」に連載されていた漫画である。春風高校にアンドロイドであるR・田中一郎が転校してくる。光画部(いわゆる写真部)に入部した彼の周りで次々と騒動が巻き起こるという、学園SFコメディだ。当時の僕は小学校から中学校にかけての年齢であったが、熱中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーナッツ~スヌーピー・ミュージアム~

六本木に期間限定で「スヌーピー・ミュージアム」が開館している。 カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ・M・シュルツ美術館」から世界で唯一のオフィシャルサテライトとして、2016年4月にオープンした。 入り口には5人のスヌーピーがいらっしゃる。 こちらには、小屋の上で寝るスヌーピー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀河鉄道999~大泉学園~

西武池袋線の大泉学園駅前にも“もにゅキャラ”がいるというので、出かけてきた。 大泉学園には東映アニメーションがあり、1958年に日本初のカラーアニメーション映画「白蛇伝」が製作された。なので、この地は日本アニメ発祥の地ともいえる。そのため、2015年にここにアニメキャラクターの像が設置された。 駅に着くと改札の中に、「銀河鉄道999…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばけがイクゾー~調布~

調布にも、もにゅキャラが充実している。 調布というと、漫画家水木しげるが住んでいた町で、深大寺には鬼太郎茶屋があるのだが、 調布駅の回りにも様々な鬼太郎スポットがある。 布田天神に向かう参道。 その入り口に鬼太郎がいる。 さらに、目玉の親父を手に持って座っている。 横たわるねずみ男。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちら葛飾区亀有公園前派出所~亀有~

「もにゅキャラ」というのをご存じだろうか? これはアニメなどのキャラクターがモチーフとなったモニュメントのことである。 最近、そうした“もにゅキャラ”めぐりにはまっている。 先日、所用で亀有を訪ねた。 亀有というと漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台として知られている場所であり、 駅周辺には主人公・両津勘吉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖怪ブルース~鳥取~

境港には、僕が現在スタンプラリーに参加している20タワーズの1つ、 「夢みなとタワー」がある。 タクシーに乗った。 タクシーの屋根の上にも目玉おやじが。 15分ほどで海岸へ。 夢みなとタワーは高さ43メートルと案外低い。 もちろん登った。 大山が見えるかと思っていたが、 残念ながら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

妖怪天国~鳥取~

今回の旅のメインは鳥取だった。 益田から鳥取に引き返した。 境港に行くことにした。 米子駅から境線に乗ろうとホームに向かうと、なんとびっくり。 ホームには妖怪がたくさんいる。 烏天狗。 もちろんゲゲゲの鬼太郎もいる。 妖怪たちのパネルも並んでいる。 境港は漫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の生活~田河水泡のらくろ館~

漫画家・田河水泡も深川に育っている。 田河水泡は知らない人も多いかもしれないが、彼の生み出したキャラクターである“のらくろ”は誰でも知っているだろう。 その田河水泡とのらくろについて展示した田河水泡のらくろ館が、森下文化センターの中にある。 都営大江戸線・森下駅から、文化センターに向かう道。 正式名称は高橋夜店通りだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more