テーマ:茶道

へうげもの~茶道研究会70周年茶会~

僕が大学生時代に所属していた早稲田大学茶道研究会は、今年創立70周年を迎える。 創立されたのは1949年ということになるから、実に長い歴史がある。 その70周年の祝う茶会があったので出かけてきた。 会場は高田馬場にある茶道会館。 現役学生はもちろん、OB会なども茶席を設けている。 前回65周年の時は僕もOB会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日日是好日~表千家流茶道講師~

僕は表千家流茶道の唐物という免状を持っている。 この唐物は講師の資格でもある。 実を言うとこの資格について書くのはかなりおこがましい。 というのも、僕自身現在茶道はまったくやっておらず、それだけの力量もないからである。 ただ、僕は茶道のキャリアだけは長い。 競技かるたよりも早くからやっていた。 もともと祖母と母が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天樂~茶道

僕が長く続けている趣味には、他に茶道がある。 こちらは1993年からだから、競技かるたよりも長いのだが、 何しろ途切れ途切れ。 おまけに三宅島に来てからは残念ながら休止中である。 大学生の時に、大学の茶道研究会に入り、表千家流茶道を始めた。 卒業後も、学生時代の師匠に師事して続けていたのだが、 2005年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間旅行~飲み会~

今回の出島、東京でのんびりするのが目的であったが、 結局毎日のように飲み歩いてしまった。 もっともそれは想定の範囲内で、 めったに東京にいないせいか、東京に戻るとあちこちからお呼びがかかる。 一瞬自分が人気者になったかのような錯覚を受ける(笑) かつての茶道仲間とは早稲田で飲んだ。 そのうちの一人は、僕の師匠でもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華振舞~置き畳~

畳の部屋が好きだ。 だから、僕は過去に自分で借りた部屋はすべて和室だった。 ところが、残念なことに今はフローリングの部屋に住むはめになっている。 どうも、フローリングの部屋というのは冷たすぎる。 そこで、せめて和室の雰囲気だけでも味わおうと、 ネットで置き畳2枚購入した。 それがつい先日届いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い間~茶道初釜~

僕の所属する茶道の稽古場の初釜があった。 初釜とは、その年最初のお茶会のことである。 9月に始まったばかりの稽古場なので、 当然初釜は初。 何もかもが初めての、手探りの会なのだ。 11時に席入りとなり、 炭点前、 濃茶、 薄茶と続き、 最後は点心でお開きとなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paradise~お茶事稽古~

僕が茶道を習っている社中の茶事の稽古があった。 茶道というと、お菓子を食べてお抹茶(薄茶)を飲むだけというイメージがあるかもしれないが、 本来はお酒が出て、食事が出て、濃茶、薄茶と続く、フルコース全体を指している。 お茶を飲むというのは要するにデザートに当たる部分なのである。 もっとも、まだ発足して間も無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の門~稲門祭~

10月19日(日)、わが母校早稲田大学で稲門祭が開催された。 これは年に1度、OBが母校に集まるイベントである。 僕もこのところ毎年欠かさず参加している。 昨年の稲門祭はあいにくの大雨だったが、 今年は快晴。 絶好の稲門祭日和である。 大隈庭園では僕も所属していた茶道研究会が釜をかけている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりなき革命~茶道~

僕は大学時代から表千家流茶道を勉強してきたが、 2006年に当時の師匠が亡くなってからというもの、すっかりやらなくなってしまっていた。 もちろん、ネパール時代にはクールジャパンフェスティバルで当時のネパールの観光大臣や、駐ネパール日本大使にお茶を点てる機会もあったし、 大学茶道研究会の茶会等にスタッフや客として参加した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happy Tomorrow~早大茶研65周年茶会~

僕が学生時代に所属していた早稲田大学茶道研究会の65周年茶会が開催された。 これは5年ごとに開催される茶会で、今回は高田馬場にある茶道会館が会場だった。 僕が現役学生だった頃に45周年茶会が。 そう考えると、それだけ長い時間が経ったのだと、改めて驚かされる。 周年茶会では、現役学生の茶席の他、表千家OB、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エケセテネ~大森貝塚~

先日、岩宿遺跡を訪ねた時、   岩宿の発見は大森貝塚の発見と並ぶ歴史的大発見である。 という言葉を何度も耳にした。 大森貝塚といえば、明治期に来日したアメリカ人エドワード・モースによって発見され、 縄文時代の存在が明らかになった史跡である。 岩宿遺跡同様、教科書で誰もが知ってる有名な場所だが、恥ずかしながら今まで行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラバ、愛しき悲しみたちよ~新入生歓迎茶会~

僕は大学時代は茶道研究会(通称・茶研)に所属していた。 先日、久しぶりに大学茶研のお茶会に参加してきた。 新入生歓迎茶会(新歓茶)があった。 昨年は行かなかったので、2年ぶりだろうか。 新歓茶は僕が現役当時に使っていたお寺で開催されるので、懐かしい。 来ていた新入生は50人ほど。 また、先生方を含めOBも10人ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロー・グッドバイ~茶道文化検定~

僕は茶道を大学時代からずっとやっていた。 現在では講師の資格まで持っているが、 すっかり茶道と縁遠くなっている。 一応、今年は茶道部の顧問ではあるのだが、 高校の茶道部は裏千家。 僕が学んでいた表千家とは違う。 しかし、せっかく茶道を学んできたのだから、 11月に開催された茶道文化検定の3級を受験してみた。 もっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

背番号のないエース~野球知識検定~

先日受験した野球知識検定の合格通知が届いていた。通知は合格者のみに送られるという話だったので、郵便受けに封筒があった時点で合格ということはわかっていたが…。 果たして、結果は5級合格だった。 野球知識検定は、5級と6級は問題が同じだが、正答率で合格級が変わる。7割正解で6級、9割で5級。手応え的にも、さすがに9割とい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大宇宙博覧会~早稲田祭~

先日の日曜日、早稲田祭にふらりと出かけてきた。 何だかんだいって、未だに日本で最大規模の学園祭だろう。 かなりの人でごった返している。 学生時代は茶道研究会で毎年お茶会を催していたのだが、 学園祭には何らかの団体で参加しないことには、半分も面白さは経験できないと思う。 ちなみに、その茶道研究会の茶会は残念ながら土曜だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者のすべて~文化祭~

学校行事の中で、僕がいちばん好きなのは、文化祭だ。何しろ僕自身、高校時代に最も熱中した学校行事であるのだから。僕は当時、演劇部に所属していた。それだけではんく、クラスの発表に生徒会、さらには友人と組んだバンドもあって、文化祭当日はかなり忙しかったことを思い出す。 先日、僕の勤める高校で文化祭があった。担任として迎える初めての文化祭…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

タイミング~かるた同好会~

同好会の成立を目指して昨年始めた競技かるたの練習会だが、 未だに新入生は入ってきていない。 もちろん、まだあきらめたわけではなく、 古典の授業を通して気長に勧誘していくつもりでいる。 ところが、意外なところで活動が拡大しそうなのだ。 僕が顧問を務める茶道部。 先日の部活の時だった。 時間が少し余り、その時3年生部員…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

遊びにきてね~茶道部~

2012年度から茶道部の顧問に復帰した。茶道部は初年度の2010年度に副顧問だったのだが、なぜか翌年外されてしまい、今年が2年ぶりの復帰になる。 僕は大学時代から茶道を勉強していたので、茶道部に関われるのは嬉しいのだが、ひとつ問題がある。それは、今の高校の茶道部は裏千家で、僕が勉強してきた表千家ではないこと。同じ茶道なのだからいいでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集まり散じて人は変われど~早稲田大学ホームカミングデー~

僕の母校・早稲田大学では毎年ホームカミングデーというイベントが開かれる。 これは、大学卒業後15年目、25年目、35年目、45年目、50年目以降のOBを母校に招くというもの。 今年、僕に案内状が来たので、 どうやら大学を卒業して15年経ったらしい。 卒業後15年とはいえ、その間早稲田に縁が無かったわけではない。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠をあずけてくれ~茶道~

ゴールデンウィーク初日の今日4月29日(祝)、 母校・早稲田大学の茶道研究会の新入生歓迎茶会に参加してきた。 今年は3月11日の震災の影響で、早稲田大学は卒業式も入学式も中止。 授業が始まるのも例年より1ヶ月近く遅くなり、 サークルの新歓もしにくくなっていた。 にもかかわらず、今日の新入生歓迎茶会には、昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずっとあなたが好きでした~茶道初釜~

2011年の年明けはネパールで過ごしたし、 帰国してすぐに水泳部の合宿で福島に行っていたおかげで、 今年は全然新年になったという気がしていない。 昨日(1月9日)、茶道の初釜に参加してきた。 初釜とは、新年最初におこなうお茶会のことで、 新年のお祝いも兼ねている。 僕は大学時代からずっと表千家流茶道を学んでいたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風花~茶道~

先日、とある大学の茶道部のお茶会に参加してきた。 僕は大学時代から表千家茶道の稽古をしているが、 ネパールに行く直前に、師匠の先生が亡くなってしまったこともあり、 現在は特は稽古はしていない。 母校・早稲田大学の茶道研究会のお茶会には、 OBとして参加しているが、 他のお茶会に出かけるのは、帰国後初めてである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイン・テーマ~茶道部~

僕の勤める高校の体育系の2つの部活の活動が盛んなのは、 このブログでも紹介済みだが、 唯一の文化系である茶道部だけは、どうも元気がない。 それというのも、本来指導してくださる外部講師の師匠が、 とある都合によりまだ来てくれていないのである。 2年生部員はいるのだが、全員去年の3学期以降の入部でほぼ素人に等しい。 僕は表千家流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Butterfly~茶道~

以前、茶道を再開したいということを書いたが、 ちょうどいい具合に、ゴールデンウィーク第1日目の4月29日(昭和の日)に 母校・早稲田大学の茶道研究会の新入生歓迎茶会があった。 早稲田大学茶道研究会(以下、早大茶研)は年間5~6回お茶会を開催しているが、 特に、毎年4月29日に開催される新歓茶会は、 これによってその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また君に恋してる~茶道~

残るもう一つの趣味である茶道についても、再開を検討中。 僕は大学生の頃から表千家流の茶道を勉強してきたが、2005年に当時の師匠が亡くなってからは、ほとんど縁遠くなっていた。ネパールで何度か茶道を披露しているのだが、それは外国人相手だからハッタリが効いたのである。 先月終わりの日曜日、当時の茶道仲間で集まって茶事を催した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めざめ~新年度開始~

4月1日(木)、2010年度の第一日目。 僕も新天地での再スタートを切った。 都立高校教師としての生活が今日から始まったのだ。 これまではずっと非常勤講師だったので、 授業が始まるまでは、4月に入ってからも約1週間は春休みだった。 しかし、教諭となると、そうはいかない。 授業は無くても、校務はある。 新任の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春の顔~茶道~

早稲田大学茶道研究会には、表千家と裏千家の二人の流派がある。 僕は表千家のほうを勉強していた。 今回の明治神宮での60周年茶会では、 表OB、裏OB、現役がそれぞれ席を持つ。 表OBが広間(桃林荘)で薄茶席、裏OBが小間で濃茶席を受け持った。 早大茶研は60年の伝統を持つ会だけに、OBにはそうそうたる顔ぶれが並ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FRIENDS AND DREAM~茶道~

5月30日(土)、明治神宮にて、早稲田大学茶道研究会の60周年茶会が開催された。 僕は大学時代、この茶道研究会(通称・茶研)に所属していた。 卒業後も当時の師匠のもとで茶道を続け、一応キャリアは10数年に及ぶ。 ネパール派遣中この経験が役立ち、何度となく茶道を披露する機会があったことは、このブログにも書いた通り。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEO UNIVERSE~茶道~

ネパールでも何度か披露する機会があったが、僕は大学時代からずっと表千家流茶道を習っている。大学の茶道部で始めて、卒業後はそのまま大学時代の師匠についていたのだが、ネパール行き直前に、その師匠が亡くなってしまった。 帰国したのを機に、また稽古を再開したいとは考えているが、どこで稽古を再開したらいいか、正直迷っている。もう少しして仕事でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

廃墟の鳩~アユタヤ観光~

僕がバンコクに到着した頃、 僕の茶道の仲間もちょうどバンコクに来ていた。 そこで、最初の2日間は一緒に観光することにした。 せっかくなので、バンコクの北にあるアユタヤまで一緒に行ってきた。 アユタヤへはバス・ツアーに参加した。 効率よく観光するには、うってつけである。 ただ、バンコクは道路が混雑することもあっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more