テーマ:大学

糸~大学入学共通テスト直前~

いよいよ第1回目の大学入学共通テストの受験日が明日・明後日に迫った。果たして無事、実施されることになるのだろうか? 初めての共通テストということで、いったいどのような問題が出題されるか注目している。国語の場合、記述問題は出題されないことになったが、実用文や会話文から出題されることになっている。従来のセンター試験とは大きく異なった問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰めの報酬~大学入学共通テスト~

大学入学共通テストの本番は1月16日(土)・17日(日)である(第1日程)。新型コロナによる学習の遅れを考慮して、6月に1月30日(土)・31日(日)が第2日程として追加された。もっとも、国公立大学の出願受付の締切が2月5日であることを考えると、第2日程を選択するのは現実的でない。そのためもあってか、ほとんどの受験生は第1日程を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒ネコのタンゴ~早稲田シャノアール閉店~

早稲田にある喫茶店「シャノアール」が1月13日で閉店するという噂を聞いた。これは、最後にもう一度行かなくてはならないと思い、久しぶりに早稲田へ足を運んだ。 店の入り口には貼り紙がしてある。噂は本当だった。 開店してから31年というから、創業は1989年ということになる。ちょうど僕が中学3年生の頃だ。 初めて来たのはいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう頬づえはつかない~ワセメシ2~

せっかく夕方まで早稲田にいるので、この5日間は夕食も早稲田で取った。 「三朝庵」は閉店したが、大隈通りを抜けたところにある老舗の蕎麦屋「金城庵」は健在。 カツ丼を食べたのだが、昔と味が変わっているように感じた。 聞くと、10年ほど前に経営者が代わったのだそうだ。 有名な「高田牧舎」。 190…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の門~ワセメシ~

教員免許更新講習で楽しみにしていたのは授業以上にキャンパスライフ。 懐かしの早稲田の町で昼食をどうするか、毎日考えるのが楽しかった。 講義があったのは14号館だったので、真っ先に考えたのは、西門の近くにある「三品食堂」。 残念ながらちょうど講習初日から夏休みに入っていた。 仕方がないので、その並びにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後のレストラン~ワセメシ~

100年以上続く老舗で、早稲田から無くなるとは思ってもいなかった「三朝庵」が閉店したというのはショックだった。 そうでなくても、早稲田界隈にあった店で、僕が学生時代に通った店が幾つも無くなっている。 僕が大学を卒業してからこの20年間で閉店した店には、 「レッドピーマン」「昇龍軒」「珍味」「フクチャン」「エルム」「いもや」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならエレジー~早稲田「三朝庵」閉店~

また1つ早稲田の老舗が姿を消した。 早稲田の馬場下町交差点にあった蕎麦屋「三朝庵」が7月末で閉店したそうである。 「三朝庵」というと、カツ丼とカレー南蛮発祥の店として知られる。 1906(明治39)年創業というから、112年の歴史があった。 僕は常連という程では無かったのだが、それでも在学中から何度か「三朝庵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさとの空の下に~教員免許更新講習~

僕は現役の高校教員なのだが、僕の持っている教員免許は来年2019年度限りで失効してしまう。 僕が大学生時代に教員免許を取得した時は、まだ教員免許に期限というものは存在していなかった。 ところが、2009年に教員免許更新制度が始まり、教員免許には10年間の期限が設けられることになった。 10年ごとに計30時間の教員免許更新講習を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんぷら☆さんらいず~早稲田「いもや」閉店~

東京都新宿区早稲田…早稲田大学のお膝元だ。僕は中学から大学までこの町に10年間通ったのだが、すでに卒業して20年が経つ。その間に、この町も少しずつ姿を変えている。 先日、ショッキングな噂を聞いた。早稲田にある天婦羅屋「いもや」が閉店したのだという。 確かに店は閉店していた。 原因は、ご主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の門~早稲田寺社めぐり~

久しぶりに早稲田を訪ねた。 早稲田というと、僕の母校・早稲田大学のお膝元であるが、 実は寺社仏閣が多く、何かと見応えのある町なのである。 そこで、寺社仏閣をいろいろとめぐって歩いた。 もちろん、ほとんどの寺社にはこれまでに何度も来たことがある。 まずは、馬場下町の交差点近くにある穴八幡宮へ。 ここは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Can You Celebrate?~結婚~

     結婚する男は馬鹿だ      だが結婚しない男はもっと馬鹿だ 劇作家のバーナード・ショーが言ったというこの言葉。 どうやら僕は大馬鹿者だったようだ。 だが、ただの馬鹿になることができた。 僕はもともとそんなに結婚願望というものがなかった。 そのせいだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッスは目にして!~早稲田「メーヤウ」~

僕の母校・早稲田大学の回りには個性的な店が数多くあるのだが、 その中から一番思い出深い店を挙げろと言われると、 僕はタイ国カレー「メーヤウ」にするだろう。 「メーヤウ」との出会いは、中学生だった頃に遡る。 クラスの友人と放課後この店に入った。 辛いものは元々大好きだったので、迷わず一番辛い「インド風チキンカリー」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田の栄光~稲門祭~

僕は早稲田大学の卒業生なのだが、早稲田の卒業生が母校に帰ってくるホームカミングデー・稲門祭があった。 それに先立ち、年次稲門会すなわち同期会の総会と懇親会が、目白の椿山荘で行われた。 僕らの同期は、全員で1万人近くおり、この日集まったのはそのうちの1%の約120人。それでも、相当な大人数だ。僕は付属の高校を出ているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAR TRAIN~早稲田ゴールデンコース~

毎年恒例の友人との早稲田~高田馬場のゴールデンコース(昨年)。 もういい加減キツいと言いながら、また今年も出かけてしまった。 今年も馬場下町のタイカレー「メーヤウ」で幕をあけた。 今回はチキンカリーとグリーンカリーのダブルセットにした。 大隈講堂前に移動し、乾杯。 去年飲めなかった地ビール早稲田を、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェディング・ベル

今回の帰省の目的はいくつかあったが、そのうちの1つが結婚披露宴への出席だった。 新郎は大学時代にお世話になった先生。大学の恩師の結婚式に参加できるなんて経験、普通はないのではないか。初婚で55歳だという…。 結婚式の会場は目白にある椿山荘だった。早稲田大学関係者は早稲田にあるリーガロイヤルホテルを使うことが多いので、実は結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならだけどさよならじゃない~記念会堂~

早稲田大学の記念会堂が、間も無く取り壊しになるというニュースを聞いた。 なんとも寂しい限りだ。 早稲田大学創立75周年を記念して1957年に建てられたというから、すでに60年近く経つ。 老朽化したのが理由だそうだ。 1964年の東京オリンピックではフェンシングの会場にもなった。 なんでも、オリンピック会場になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな恋のうた~早稲田ゴールデンコース~

帰省中にはいろんな友人から声がかかり、あちこち飲み歩いたりもした。 中でも、中学~大学の友人とは、懐かしの早稲田で会った。 僕らが早稲田で飲むのは、恒例行事となっており、 早稲田から高田馬場に至るルートを勝手に「ゴールデンコース」と呼んでいる。 ゴールデンコースは馬場下町の交差点にあるタイカレー「メーヤウ」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風が吹いている~早稲田スポーツ新聞会55周年講演会~

大隈講堂で開催された早稲田スポーツ新聞会創刊55周年記念講演会に出かけてきた。早稲田スポーツ新聞は、僕も現役時代から事あるごとに読んで来た。野球早慶戦、ラグビー早明戦、箱根駅伝など、様々なスポーツが思い浮かぶ。 オープニングセレモニーが、“が~まるちょば”によるパフォーマンス。17時で客が少なかったこともあり、いき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋するフォーチュンクッキー~早慶戦前夜祭・稲穂祭~

早稲田と慶応に優勝の可能性が出てきて、俄然盛り上がりそうな、今度の早慶戦。 その早慶戦を盛り上げるイベントとして、「早慶戦前夜祭・稲穂祭」に出かけてきた。 僕も以前は何度もこの稲穂祭に足を運んでいるのだが、今回は実に久しぶり。 会場の大隈講堂に着いて驚いた。 何と長蛇の列。 こんなに盛り上がるのは初めて。 それだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の門~稲門祭~

10月19日(日)、わが母校早稲田大学で稲門祭が開催された。 これは年に1度、OBが母校に集まるイベントである。 僕もこのところ毎年欠かさず参加している。 昨年の稲門祭はあいにくの大雨だったが、 今年は快晴。 絶好の稲門祭日和である。 大隈庭園では僕も所属していた茶道研究会が釜をかけている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happy Tomorrow~早大茶研65周年茶会~

僕が学生時代に所属していた早稲田大学茶道研究会の65周年茶会が開催された。 これは5年ごとに開催される茶会で、今回は高田馬場にある茶道会館が会場だった。 僕が現役学生だった頃に45周年茶会が。 そう考えると、それだけ長い時間が経ったのだと、改めて驚かされる。 周年茶会では、現役学生の茶席の他、表千家OB、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ちどまるなふりむくな~諏訪神社~

僕は早稲田大学の文学部出身だが、文学部のある戸山キャンパス(写真下)の前の通りを諏訪通りという。 諏訪通りを直進すると、高田馬場駅のほうに出るが、 理工学部のある西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)に行く人は除いてあまり使う人はいなかった気がする。 もっとも、今は少し先に学生会館があるため、諏訪通りを使う学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつかきっと~早稲田宝泉寺~

早稲田大学早稲田キャンパスのあった地はかつては宝泉寺の境内であったそうだ。 その宝泉寺は、現在も早稲田の森の一隅にひっそりと残る。 「早稲田大学に一番近い寺 最もご縁のある寺」というのが、宝泉寺の売り文句になっている。 早稲田大学の南門通りを、穴八幡前の交差点から大隈講堂に向かって進む途中の左手に宝泉寺はある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時計をとめて~大隈庭園~

とある休日、天気が良かったので早稲田にやって来た。 紅葉の色づく大隈庭園を散策した。 大隈庭園は、早稲田大学の創設者・大隈重信の屋敷のあった場所である。 もともとは井伊掃部頭・松平讃岐守の下屋敷であったが、大隈が住むようになり、庭園も改造された。 大隈の没後、屋敷と共に大学に寄贈されている。 大学の学生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早稲田の四季~早稲田大学~

先日の稲門祭の際(参照)、初めて大隈講堂の時計塔に上ることができて楽しかった。 考えてみると、母校早稲田大学は他にもいろいろと見所がある。 そこで、原点に返るつもりで、大学のキャンパスを歩き回ってみた。 早稲田大学は東京メトロ早稲田駅が最寄りである。 早稲田通りから南門通りに入ると、その先に早稲田のシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同期の桜~稲門祭~

日曜日は朝から雨。そんな中、母校早稲田大学へ足を運んだ。母校では稲門祭というイベントが開催されていた。これは、卒業後の15年目、25年目…といった節目のOBOGを招いてのホームカミングデーと併せて行われるイベントである。 僕は1997年の卒業なので、今年は卒業後17年目。本来、呼ばれる学年ではないのだが、今年は同期…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間合格~早稲田大学オープンキャンパス~

夏休み中、いろいろな大学でオープンキャンパスが開催されている。 オープンキャンパスとは、大学が受験生を対象にキャンパスを開放し、 説明会や模擬授業を行う。 大学受験を目指す高校生にとって、オープンキャンパスは、大学の雰囲気を知るにはうってつけ。 僕が担任する学年でも、オープンキャンパスへの参加が夏休み中の課題となっている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GET ALONG TOGETHER~早慶戦~

先週の東京六大学野球は優勝を決める大一番だった。法政―明治戦で法政が先勝。リーグ戦9連勝で全勝優勝に王手をかけた。だが、明治がそこから引き分けを挟んで連勝。逆転で優勝を決めたのだった。 立教も東大に連勝で、3位を確保。その結果、早稲田と慶応の4位以下が確定。何でも早稲田と慶応が揃ってBクラスというのは81年秋以来の珍事らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラバ、愛しき悲しみたちよ~新入生歓迎茶会~

僕は大学時代は茶道研究会(通称・茶研)に所属していた。 先日、久しぶりに大学茶研のお茶会に参加してきた。 新入生歓迎茶会(新歓茶)があった。 昨年は行かなかったので、2年ぶりだろうか。 新歓茶は僕が現役当時に使っていたお寺で開催されるので、懐かしい。 来ていた新入生は50人ほど。 また、先生方を含めOBも10人ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛をください~堺雅人&菅野美穂結婚~

僕はもともとこの「たこのあゆみ」を、青年海外協力隊や派遣国ネパールの情報発信のために立ち上げた。 なので、帰国してからというもの、書く内容にも困るようになってしまった。 日本で生活しているとそうそうネパールに関する話題もない。 そこで、ネパールに限らず、世界各地のニュースについて思うところを書いていければと思っている。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more