テーマ:野球

チャンピオン~ワールド・ベースボール・クラシック~

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕した。 WBCは国別の野球の最高峰を目指す大会で、今回で4度目。 日本は第1回・2回を連覇していたが、前回は準決勝でプエルトリコに破れベスト4に終わっている。 (優勝はドミニカ共和国) WBCは今回を最後に中止されるのではないかとの噂もあり、 日本としてはぜひ優勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私を野球に連れてって~ドラフト会議~

2016年のドラフト会議があった。 世間では5球団から指名を受けた創価大の田中正義(創価高)や、 同じく外れにも関わらず5球団から指名を受けた桜美林大の佐々木千隼(都立日野)辺りが話題だが、 僕は彼らにはあまり興味がない。 そもそも創価大の所属する東京新大学野球や、桜美林大の首都大学野球の試合は見たことがない。 (大学選手権や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライオンは寝ている~野球審判員講習会~

野球といえば、三宅島でアマチュア野球の審判員講習会が開催された。 東京都軟式野球連盟の審判員を招いての講習会で、 なんでも三宅島で開催されるのは30年ぶりだという。 講習会は中学校のグラウンド開催されたが、 僕も島の社会人野球に参加している関係で、その講習会に参加してきた。 しかしチームには参加しているものの、僕は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Miss Lonely Yesterday~野球~

華の早慶戦が行われ、春の東京六大学野も幕を下ろした。 早稲田は、最後早慶戦を2勝1敗と、勝ち点を奪ったものの、 なんと5位に沈んだ。 今季は結局、早明1回戦しか見に行けなかったのだが、 ちゃんと早稲田スポーツは入手して情報収集に努めている。 早稲田は今年は主力メンバーが多く抜け、かなり厳しいだろうと思っては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろくなもんじゃねぇ~清原和博逮捕~

たまには三宅島でない話題を。最近世間を騒がせているニュースというと、元プロ野球選手の清原和博(PL学園→西武、巨人、オリックス)の覚醒剤所持による逮捕だろう。 清原が現役時代いかにすごかったか。甲子園での活躍は今でもよく覚えている。もっとも僕は東京出身なので、大阪代表のPLの優勝よりも、1984年の選抜で、東京代表の岩倉が初出場でPL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来人~2014ドラフト会議~

10月23日、プロ野球ドラフト会議があり、 今年もまた多くの野球選手がプロの扉を叩くことになった。 今年の目玉は、我らが早稲田大学のエース・有原航平(広陵)であろう。 10球団が名乗りをあげ、果たして何球団に指名されるか注目であった。 結局、横浜、広島、日本ハム、阪神の4球団の競合の末、 日本ハムが交渉権を得た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇気一つを友にして~斎藤佑樹復活~

待ちに待った瞬間がやって来た。 日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が、31日のロッテ戦で2年ぶりの勝利をあげたのだ。 斎藤は1年目は6勝、2年目も5勝をあげ、 2年連続オールスターに出場するなど、まずまずの結果を残してきたが、 3年目の昨年は、怪我のために出遅れ、 1試合の登板に終わっていた。 2014年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宙船~高校野球西東京大会~

台風も通り過ぎ、再び暑い毎日が続いている。 そんな中、熱い夏が始まった。 高校野球西東京大会。 わが母校・早稲田実業が初戦を迎えた。 府中市民球場にて、明治学院東村山と対戦である。 早実の先発マウンドに立ったのは背番号1のエース松本皓。 早実は1回裏、3つの四死球で1死満塁のチャンスを作ると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百万本のバラ~広島・福山・岡山~

広島には2泊した。 友人とは2日とも夕食を一緒して楽しむことができた。 (写真上は広島城) だが、そろそろ広島を去らねばならない。 朝、広島の八丁堀にあるカルピオを訪ねた。 カルピオとは何か。 広島カープのオフィシャルグッズショップである。 1階はグッズショップと、チケットセンターになってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それ行けカープ~広島~

ゴールデンウイーク後半戦の4連休。このところ、米沢や姫路と飛びまくったばかりとはいえ、まさか僕が東京で大人しくしていると思う人はいるまい(笑)今度は山陽へ。 ゴールデンウィーク初日なので、念を入れて朝イチで東京駅へ。6時ちょうどの新幹線は、15分前で自由席も満席だったので、2本送らせて出発。 広島に到着。広島では大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしくなりたい~川上哲治死去~

プロ野球日本シリーズも大詰め。 東北楽天が初の日本一となるか、はたまた巨人の連覇か…。 巨人が2年連続日本一になるとすると、それは40年ぶりなのだそうだ。 川上哲治監督の下、9年連続日本一となったいわゆる“V9"以来だという。 僕が子供の頃から、常に巨人は強く、プロ野球はいつだって“打倒巨人”で盛り上がっていた印象がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリティリーグ~女子プロ野球ヴィクトリアシリーズ~

前から一度観たいと思っていた女子プロ野球の試合を観に、神宮球場へ出かけてきた。 女子プロ野球なんて知らない、という人もいるかもしれない。 2009年に発足し、現在ウェスト・フローラ、サウス・ディオーネ、イースト・アストライア、ノース・レイアの4チームで、 トーナメント制のティアラカップを全国で戦う。 また、ウェストと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来伝説~JICAセミナー~

青年海外協力隊(JOCV)のOBは帰国後各界で活躍している。例え任国や隊次、職種が違っていても、そういった“仲間”の活躍の話を聞くと嬉しくなってくる。 市ヶ谷にあるJICA地球ひろばで開催された「スポーツから考えるグローバル・セミナー」に参加してきた。春に開催された第3回ワールドベースボールクラシック(WBC)。福岡で開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球小僧~プロ野球ドラフト会議~

10月24日、プロ野球のドラフト会議が実施され、新たにプロ入りする選手が決まった。 話題は5球団で競合した末に楽天が指名権を獲得した桐光学園の松井裕樹投手であったようだが… 今年の早稲田は4年生にスター選手が少ないので、正直指名はないかな、と思っていた。 ところが、横山貴明投手(聖光学院)が楽天の6位指名を受けた。 確かに今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようならの彼方へ~プロ野球~

斎藤佑樹が帰ってきた! 怪我のため戦線を離脱、二軍で調整していた日本ハムの斎藤佑樹投手が、 約1年ぶりに一軍のマウンドに立った。 10月2日札幌ドームで行われたオリックス戦でのこと。 結果は、5回持たず、4回0/3を投げて5安打6四球6失点であった。 う~ん。 さいとーっ どうしたんだーっ 高校、大学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京五輪音頭~東京オリンピック~

タイ、ネパールの旅行記を書いている間にも、世間ではいろいろ動きがあった。 一番のビッグニュースは、何といっても2020年オリンピックの開催地が東京に決まったことだろう。 僕は東京都に生まれ育ち、しかも現在都の職員なのだが、 周りを見てもそう盛り上がっているようには思えない。 実際、東京は立候補していた都市の中で一番住…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

涙嫌い~高校野球~

毎日暑い。 こんな中でも甲子園では毎日高校野球の熱戦が繰り広げられている。 熱中症患者が増加する中、なぜ試合をやらなくてはならないのか…。 高校野球は大好きだが、これでは批判が起きたとしてもおかしくない。 暑いせいだろうか、甲子園では毎日番狂わせが起きている。 東京代表の日大三も、修徳も早々と姿を消した。 優勝候補の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏の宴~全国夢のベストナイン~

高校野球夏の選手権大会も甲子園で始まった。 大阪桐蔭が連覇をするのか、はたまた浦和学院が春夏連覇か。 あるいは明治神宮大会の覇者・仙台育英か。 西東京代表の日大三も有力だ。 すでに連日、熱戦が繰り広げられている。 時事ドットコムの「全国夢のベストナイン」という企画がなかなか面白い。 プロ野球の名選手を出身地ごとにベス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

巨人の星~長嶋茂雄&松井秀喜国民栄誉賞受賞~

4月1日(月)に伝えられた長嶋茂雄と松井秀喜の国民栄誉賞のニュース。 僕は最初、エイプリルフールの嘘だと思った。 もちろん長嶋茂雄の受賞というのは納得がいく。 だけど、松井秀喜は? 確かに彼が超一流の選手であったことは認める。 だが、果たして国民栄誉賞に値する程の選手だろうか。 長嶋茂雄がこれまで国民栄誉賞を受賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MIX~高校野球春の選抜大会~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はドミニカ共和国の初優勝に終わった。 日本を破ったプエルトリコを3―0と完封。 終わってみれば8戦全勝。 連覇の日本でさえ、アメリカや韓国には敗れているので、 史上初の全勝優勝でもあった。 それにしても、せっかく世界一を決める決勝戦を、 日本が出場しないからという理由で放送中止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスト・ワルツ~ワールド・ベースボール・クラシック~

日本ついに破れる。 18日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝、 日本は1―3でプエルトリコに敗退した。 この結果、日本の大会3連覇は無くなった。 明日の準決勝第2試合、オランダ―ドミニカ共和国の勝者が、 プエルトリコと優勝を争うことになる。 確かに、日本の敗戦は残念だった。 だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Song for U.S.A.~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第2ラウンド2組の結果も出揃った。 2組を勝ち抜いたのはドミニカ共和国とプエルトリコであった。 開催国アメリカは、プエルトリコに敗れ第2ラウンド敗退が決まった。 ドミ共(ドミニカ共和国の略称。隣の「ドミニカ国」と区別のために一部で使われる)の準決勝進出は予想通りだったが、 も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒いチューリップ~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド第1組、日本は見事1位通過を決めた。 順位決定戦を日本と争ったのはオランダ。 あの強豪キューバがまたしてもオランダの前に屈したのである。 日蘭戦の日本の先発投手は大隣(ソフトバンク)。 1回表、大隣はオランダのシモンズに先頭打者ホームランを食らい、 その裏日本の攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁のアムステルダム~ワールド・ベースボール・クラシック~

台湾破れる!! 昨日のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド敗者復活戦。 生き残りをかけた1戦はキューバが14―0の7回コールドで台湾を下した。 その結果、台湾の第2ラウンド敗退が決まった。 今大会快進撃の台湾もここまで。 それにしても、日本があんな手こずった台湾を一蹴するとは、キューバの破壊力恐るべし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快楽一整天~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日台戦の激戦から1日経った。 未だに興奮から覚めていない気がする。 昨日の試合が終わったのは23時40分頃だった。 急いで東京ドームから駅に移動し、終電車に乗って、家にたどり着いたのは1時近く。 ブログを更新し終わった時には2時近くなっていた。 その後も遅い時間なのになかなか寝つ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

WE WILL ROCK YOU~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック第2ラウンド1組が開幕した。 福岡での第1ラウンドをテレビで見ていたら、東京ドームに行ってみたくてたまらなくなった。 そんなわけで、第2ラウンド1組・日本(A組2位)―台湾(B組1位)戦へ出かけてきた。 考えてみると、去年の今頃も、ここ東京ドームで日本代表と台湾代表の親善試合を見ている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

月影のキューバ~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドA組。 4日の試合でキューバが中国を12―0(7回コールド)と圧倒。 その結果、日本とキューバの第2ラウンド進出が決まった。 日本は苦戦続きであったが、結果的には順当であった。 一方のB組を勝ち抜いたのは台湾とオランダ。 前回準優勝の韓国がまさかの敗退という番狂わせが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜来香~ワールド・ベースボール・クラシック~

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドA組。 日本は中国を5―2で下した。 これで日本は2連勝。 東京での第2ラウンド進出に向けて大きく前進した。 日本最大のライバル・キューバも、5―2でブラジルに勝利。 今日4日の試合でキューバが中国に勝てば、キューバ戦の結果に関わらず、日本が第2ラウンド進出を決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イパネマの娘~ワールド・ベースボール・クラシック~

野球は筋書きの無いドラマとはよくいったものだ。 3月2日に開幕したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドA組で、 3連覇を目指す日本が初出場のブラジルを相手に大苦戦した。 日本は先発の田中将大(楽天)が不安定で、ブラジルに先制を許すと、 常にブラジルを追いかける展開。 8回に代打攻勢で、3点を挙げて逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白球譜~ワールド・ベースボール・クラシック~

3月2日(土)から野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。 大会2連覇中の日本だが、果たして3連覇なるか。 正直今回、3連覇は厳しいだろう。 イチロー始めとしたメジャーリーガーが不出場ということもあるが、 監督選出をめぐるごたごたを見ても、本気で優勝を目指しているようには思えない。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more