テーマ:映画

ピーナッツ~スヌーピー・ミュージアム~

六本木に期間限定で「スヌーピー・ミュージアム」が開館している。 カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ・M・シュルツ美術館」から世界で唯一のオフィシャルサテライトとして、2016年4月にオープンした。 入り口には5人のスヌーピーがいらっしゃる。 こちらには、小屋の上で寝るスヌーピー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば青春、されど青春

知人から券を頂いたので、映画「さらば青春、されど青春」を観た。 この映画は宗教団体・幸福の科学の創設者・大川隆法総裁の青年時代を描いた映画である。 幸福の科学の実写映画を観るのは2012年の「ファイナル・ジャッジメント」以来になる。 幸福の科学の映画はアニメは評価が高いのだが、実写は賛否両論となることが多い。 正直、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちはやふる・結び

競技かるたをテーマとした映画「ちはやふる・結び」を観た。2016年の「ちはやふる・上の句」「ちはやふる・下の句」から2年を経て製作された続編・完結編である。 原作漫画は現在でもまだ連載が続いている。にも関わらず「完結編」と銘打っているのだから、原作との相違も気になるところ。 2年ぶりの続編ということであるが、物語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「カトマンズの約束」

2015年4月25日のネパール大地震は未曾有の災害となり、9千人近い死者を出した。あれから僕はネパールは訪ねていないのだが、復興は果たしてどうなっているのか、常に気にはなっている。 そんなネパールの震災からの復興を描いた映画「カトマンズの約束」が公開された。 監督は伊藤敏朗氏。すでに「カタプタリ」「カトマンズに散る花」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェイプ・オブ・ウォーター~アカデミー賞授賞式~

待ちに待った第90回アカデミー賞(オスカー)授賞式。生放送は観られなかったので、夜の録画放送を観た。 オスカーの授賞式、冒頭はモノクロで中継が始まり、レトロな雰囲気である。司会は去年に続いてジミー・キンメル。去年同様、政治的風刺を込めてステージを進行していく。個人的にはこの政治色にどうも違和感があるのだが…。 最初の発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵文字の国のジーン~ゴールデンラズベリー賞発表~

注目の第91回アカデミー賞(オスカー)の授賞式がいよいよ明日に迫った。 オスカー授賞式の前日には、恒例のゴールデンラズベリー(ラジー)賞の発表がある。 最高の映画を表彰するオスカーに対して、最低の賞を表彰するものだ。 今年は、「絵文字の国ジーン」が最低作品賞、最低スクリーンコンボ賞、最低監督賞の3部門で最多受賞となった。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の殺人~日本アカデミー賞授賞式~

第41回日本アカデミー賞の授賞式があり、最優秀賞が発表された。 テレビ中継で発表された最優秀賞は以下の通り。 〈最優秀作品賞〉 「三度目の殺人」 〈最優秀監督賞〉 是枝裕和「三度目の殺人」 〈最優秀主演男優賞〉 菅田将暉「あゝ荒野」 〈最優秀主演女優賞〉 蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミヤ雑貨店の奇蹟~日本アカデミー賞優秀賞発表~

日本アカデミー賞の優秀賞もすでに発表されている。 “優れた”映画を選出するキネ旬ベスト・テンに比べると、こちらの賞は興行的に成功した映画を表彰する傾向にある。 そのため、受賞作はエンターテイメント的に優れた作品が選ばれるように思う。 日本アカデミー賞が、日本の映画業界の仲間内の賞である以上仕方がない。 日本アカデミー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜空はいつでも最高密度の青空だ~キネマ旬報ベスト・テン~

第91回キネマ旬報ベスト・テンが発表された。 〈日本映画ベスト・テン〉 1位 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」 2位 「花筐/HANAGATAMI」 3位 「あゝ、荒野(前篇/後篇)」 4位 「幼な子われらに生まれ」 5位 「散歩する侵略者」 6位 「バンコクナイツ」 7位 「彼女の人生は間違いじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪音頭~東京オリンピック~

振り替えって我が東京オリンピックはどうだろう? 開催まであと2年となったが、設備の遅れがいろいろと取り沙汰されている。 新しい国立競技場の建設も大幅に遅れているという。 しかも、オリンピックの予算が大幅に膨れ上がっている。 そもそも、既存の施設を使って低コストで開催するというはずでは無かったのか。 前回の東京オリンピッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲット・アウト~アカデミー賞ノミネート~

第90回アカデミー賞のノミネートも発表されている。 最多ノミネートは「シェイプ・オブ・ウォーター」の13部門。 次いで、「ダンケルク」が8部門、 「スリー・ビルボード」、「ファントム・スレッド」、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」が6部門となっている。 このところ4年連続で長編アニメーション作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翼を持つ者~アニメ100周年記念ソング~

日本のアニメ100周年アニバーサリーソング「翼を持つ者~Not an angel Just a dreamer~」が発表された。 水木一郎や串田アキラ、堀江美都子、中川翔子といったアニメソング歌手や声優23組がコラボした点もすごいが、それ以上にPVが見ごたえある。 http://anime100.jp/info/20171225…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖!クールジャパン~和製アニメーション誕生~

今年は日本で国産アニメーションの製作が始められてからちょうど100年目の節目の年である。 そこで僕のホームページ「映画史探訪」に、 「元祖!クールジャパン~和製アニメーション誕生~」を執筆した。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SILENT/33Japani…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋とボルバキア~ドキュメンタリー映画~

このところドキュメンタリー映画を観る機会が増えている。 たまたま僕の興味を引く題材のドキュメンタリー映画の公開が相次いだからである。 例えば、恵比寿の東京現代写真美術館で8月から公開されていた「世界で一番美しい村」。 2015年のネパール大震災からの復興を描いた作品であったが、 僕は2007年から2009年までネパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様のカルテ~ホームページ紹介~

僕のホームページ「映画史探訪」は、一部の映画ファンの間で好評なようだ。 いくつかのホームページが好意的に紹介してくれている。 最近「最新映画産業の動向とカラクリが~くわかる本[第2版]」(中村恵二、佐野陽子2012年秀和システム)という本を読んでいたところ、 巻末資料の「映画産業関連サイト」として僕のサイトが紹介されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画史探訪~ホームページ~

僕は「映画史探訪」というホームページを持っている。 2002年に始めたので、すでに開始から15年経っている。 我ながらここまで長い期間続けるとは思っていなかった。 序章「青春劇場いざ序幕」にも書いたが、この「映画史探訪」を始めたのは、自分が観てきた映画の記録を何らかの形で残せないかと思ったからである。 僕自身が当時あまりよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の幻想~アニメーションの誕生~

僕は映画史研究のホームページ「映画史探訪」を持っているのだが、 最近すっかり更新が滞っている。 久しぶり、約2年ぶりに更新した。 今回は、「光の幻想~アニメーションの誕生~」ということで、 アニメーション映画の創世期について調べてみた。 http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッキーマウスマーチ~東京ディズニーランド~

連休を利用して久しぶりに東京ディズニーランドへ行った。え、僕とディズニーランドはイメージが合わないって!?そうかもしれない。なにしろ僕が東京ディズニーランドに行くのは大学生だった1994年以来。なんと23年ぶりだ。 それまでにディズニーと縁がなかったわけではない。2002年には東京ディズニーシーには行っている。前の職場が比較的近くだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界でいちばん美しい村~東京都写真美術館~

恵比寿にある東京都写真美術館に出かけた。 ずいぶんと長いこと来ていない気がするが、おそらく16、7年ぶりではないだろうか? 恵比寿駅から恵比寿ガーデンプレイスへ。 駅を出て右手、JRにかかる橋が有名なアメリカ橋(恵比寿南橋)だそうだ。 先日亡くなった平尾昌晃が作曲し、山川豊が歌った「アメリカ橋」の舞台である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

から紅の恋歌~映画名探偵コナン~

映画「名探偵コナン/から紅の恋歌」を観た。 実を言うと、これまで僕は「名探偵コナン」をそれほど観たことがない。 たまたまテレビでやってるのを観るともなしに観るぐらい。 そんな僕がなぜ劇場版を観に行ったのか…。 それは、この「から紅の恋歌」が百人一首競技かるたをテーマとしているからである。 僕は大学生の頃から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒り~日本アカデミー賞授賞式~

第40回日本アカデミー賞の授賞式である。前にも言ったように、この賞はアメリカのアカデミー賞(オスカー)からライセンスを取得して発足したものだが、よい部分も悪い部分も引き継いでいる気がする。また、権威や価値に関してもやや疑問があるのだが、話題性がある賞ではあるので僕もなんだかんだで毎年注目している。 テレビの中継では主要6部門(作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーンライト~オスカー授賞式~

第89回アカデミー賞(オスカー)の授賞式があった。 僕は先日、WOWOWを契約したのだが、 それはこのオスカー授賞式と、グラミー賞の授賞式が観たかったからである。 もっとも、授賞式のライブ中継は仕事中で観られなかったので、 夜に放送された録画の方を観た。 オスカーの授賞式中継を観るのは中継をWOWOWで行うようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラリーのアメリカ~ラジー賞発表~

2月26日、2016年度のラジー賞(ゴールデンラズベリー賞)の結果が発表された。 栄えある最低作品賞を受賞したのはドキュメンタリー映画「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史」。 「ヒラリーのアメリカ」は最低監督賞、最低男優賞、最低女優賞の4部門を制覇。 ドキュメンタリーの出演者が、俳優部門で受賞するのは、 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に~キネマ旬報ベスト10~

僕は一番権威のある映画賞は「キネマ旬報」ベスト10だと思っている。 というのも、オスカーや日本アカデミー賞の場合は仲間内のお祭りの側面がどうしてもあり、 かならずしも公平だとは言いがたい。 その点、キネマ旬報ベスト10は、少数の評論家による選出で、 他の賞が取り上げないような単館ロードショーなどの地味な作品もきちんと評価している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キネマの天地~日本アカデミー賞優秀賞~

日本アカデミー賞の優秀賞も発表されている。 日本アカデミー賞は、最高の日本映画を表彰する賞で、1978年にアメリカのアカデミー賞からライセンスを取る形で発足している。 もっとも、アメリカのアカデミー賞と同様に映画業界内の仲間内の賞である。 そのため話題作やヒット作しか候補にあがりにくい。 さらに、一部の作品に最優秀賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛をとめないで~ラジー賞ノミネート~

映画賞というと、ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)のノミネートも発表されている。 これは、最高の映画を表彰するアカデミー賞(オスカー)とは逆に、最低の映画を表彰することを目的としている賞だ。 1981年に創設され、 受賞者が受け取りに来ないことでも有名。 常連には、20回ノミネート、9回受賞のシルベスター・スタローンや、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスカー~アカデミー賞ノミネート~

今年のアカデミー賞(オスカー)のノミネートが発表された。 僕は映画が大好きだが、 中でも映画史に大変興味がある。 そういうわけだから、アメリカいや世界で最も権威のある映画賞・オスカーには毎年注目している。 なんと言っても注目は「ラ・ラ・ランド」。 作品、監督、主演男優、主演女優、脚本、撮影、編集、美術、衣装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。

2016年の話題作の1つである「君の名は。」を遅ればせながら銀座の映画館で観た。 映画の感想等については、あちこちで語り尽くされているかと思うので省略するが、 なかなか良かったとだけ言っておきたい。 僕は一応、映画ファンの端くれなので、このタイトルを聞くと、1953年に公開された「君の名は」を思い出す。 最初ラジオド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴジラの逆襲~新宿ゴジラビル~

今回「シン・ゴジラ」をTOHOシネマズ新宿で観た。 映画館のある新宿東宝ビルはというと、ゴジラが覗いていることで有名なビルである。 今では、歌舞伎町の名所ともなっている。 この新宿東宝ビルには「ホテルグレイスリー新宿」が併設されており、 そのホテルの利用客は、ゴジラの頭のところまでいくことができる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ

話題の映画「シン・ゴジラ」を観て来た。 僕は特撮映画が好きで、東宝の「ゴジラ」シリーズはほとんど見ている。 2004年に公開された「ゴジラFINAL WARS」も、最後のゴジラ映画だというので観に行った。 もちろん、その時からゴジラが最後だとは全然信じていなかったのだが…。 2014年には「Godzilla」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more