テーマ:ネパール生活

Tomorrow Never Knows~誕生日~

ネパールに来てからというもの、同期の仲間の誕生日は欠かさず祝ってきた。 2006年10月からの派遣前訓練の時から数えれば、 早い仲間は3回誕生日を祝ってきたことになる。 高校3年間とほとんど同じぐらいの期間を一緒に過ごしてきたことになるのだが、 それ以上に密度の濃い時間であったなと、感じる。 先日のとある同期の誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国に生まれてよかった~クール・ジャパン・フェスティバル~

11月29日(土)、ネパール日本人会商工部会主催の「Cool Japan 2008」がラリトプール郡にあるサミット・ホテルにて開催された。 この「Cool Japan 2008」は日本を紹介するイベントで、 日本食や伝統文化(華道・着物試着・折り紙・等)、サブカルチャー(漫画・音楽・等)、 さらには国際協力機構(JICA)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならだけは言わないで~日本語能力試験2級講座~

12月7日(日)、世界中で日本語能力試験が実施される。 この日本語能力試験に向けて、 9月から2級の対策講座を行っていた。 それが今日11月28日(金)、最終回を迎えた。 試験までまだ1週間以上残っているのだが、 試験直前はやはり各自のペースに任せたほうがいいだろうと考え、 今日までということにしたのである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私祈ってます~結婚式~

とある日曜日のことだった。 この国では日曜日は平日なのだが、 7時半頃、けたたましい音楽で目が覚めた。 部屋から階下を見下ろすと、 楽団が音楽を奏でている。 そう言われてみれば、この日は大家(バフン族)の息子の結婚式であった。 こんな時間にもかかわらず、親戚や知人が大勢集まっている。 8時過ぎに、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならをもう一度~授業終了~

先日、初級クラスが最後の授業を終えたが、 今日(11月25日)、中級クラスのほうも最終日を迎えた。 考えてみれば、僕がネパールに来て最初に受け持ったクラスがこの中級クラスだった。 しかし、生まれて初めての日本語の授業。 正直、試行錯誤の連続だった。 例えば、想像していた以上に時間がかかってしまった。 僕の勤めるJIL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽はまた昇る~スワヤンブナート~

ある人に、スワヤンブナートの日の出を見なければいけないと言われたので、 さっそく行ってきた。 6時少し前に家を出発。 こんな早い時間でも、カトマンズの町はすでに目覚め、生活しているから驚きである。 6時過ぎスワヤンブナート着。 東の空がだんだん明らんでくる。 こんな時間でもたくさんの人がいるから、 ネパール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0の丘∞の空~スワヤンブナート~

ネパール名所紹介(3) カトマンズの北西の小高い丘の上にあって、どこからでもその姿を見ることができるスワヤンブナート寺院。 伝説によれば、カトマンズ盆地が湖の底だった太古の昔、 スワヤンブナートは島で、そこにやって来た文殊菩薩が、 剣で山を切り開き、カトマンズ盆地が生まれたという。 スワヤンブナートはそんな太古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな生活~ネパール・バンダ~

先日、中級のクラスで「ちなみに」という言葉を教えた。 「ちなみに」はちなみに、ある情報に関係のある別の情報を知らせる時に使う言葉である。 学生がこんな例文を作った。 「ネパールにはたくさんお祭があります。ちなみにバンダが一番有名です。」 11月20日(木)。久しぶりにカトマンズ・バンダがあった。 バンダ(ストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の闇~計画停電~

ネパールのカレンダーでは11月16日から新しい月マンシル(मंसिर)に入った。 現在、1日2~3時間実施されている計画停電。 今月から1日10時間に増えるとの噂。 計画停電は去年でも最大1日8時間だったのだが、 今年はコシ川の氾濫でインドからの送電ラインが途絶…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

太陽がいっぱい~運動会~

11月15日(土)、日本人会主催の運動会があった。 参加するのは、去年に続いて2度目であったが、 今年は何と赤組の副団長という大役を仰せつかったのである。 運動会の会場は、カトマンズ南西部カリマティにあるインターナショナル・スクールの校庭。 主に、日本人補習校の児童が中心となって競技が行われた。 来賓として日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の流れのように~授業終了~

昨日(11月12日)、日本語教師養成講座が始まったばかりだが、 今日(11月13日)、初級のクラスが最後の日を授業を迎えた。 もっとも、すでに期末試験も終わっており、 今日は答案返却と答え合わせだけであったのだが…。 本来ならこのまま中級クラスの授業を引き続きやりたいところだが、 日本語能力試験、帰国と慌しいスケジュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜空の誓い~日本語教師養成講座~

11月12日(水)、日本語教師養成講座、夜のクラスがスタートした。 今回集まった学生は全部で7人だった。 やはり、夜という時間帯や、日本語能力試験直前という時期の関係もあってか、 前回カトマンズで行ったとき(53人)に比べれば、 予想をはるかに下回る人数になってしまった。 もちろん、人数が少ないからといってやる内容に変わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛はかげろう~飲み歩き~

最近ブログを全然更新していなかったが、 別に何かトラブルがあったわけでも、忙しかったわけでもなく、 ここ数日間、毎日のように飲み歩いていただけ。 家に帰るとすぐ寝てしまって、パソコンを開くのがおっくうになっていただけのこと。 ネパールに2年近く住んでいると、 馴染みの店とか、お気に入りの店もいろいろ出てくる。 すでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりなき旅~11/12終了~

今日で帰国前2ヶ月となった。 任期も残り1/12ということになる。 実はプライベートも、仕事のほうも、 まだまだ帰る気分にはなっていないのだが、 いやおうなしに帰る日は近づいている。 同時に、しなければならないことが多くできてきた。 帰国にあたってはいくつかの書類を国際協力機構(JICA)に提出しなければならない。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

想い出の瞳~ハヌマーン・ドカ~

ネパール名所紹介(2) ダルバール広場の旧王宮の建物は、現在では博物館となっている。 旧王宮の入り口には赤いハヌマーン像(写真上)がある。 そのため、この門はハヌマーン・ドカ(ハヌマーン門)と言うのだが、 現在では建物そのものもハヌマーン・ドカと呼ばれている。 博物館の入場料は250ルピー。 僕は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の跡~カトマンズ・ダルバール広場~

ネパール名所紹介(1) 第1回目は、カトマンズの旧王宮であるダルバール広場を紹介したい。 カトマンズの中心部にあって、ネパールに来た人は誰もが一度はここを訪れるのではないだろうか。 13世紀から18世紀にかけてカトマンズを支配したマッラ王朝の時代に王宮が建てられ、現在世界文化遺産にも指定されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でも見てやろう~ネパール観光~

せっかくネパールに2年間住むのだから、 ネパールを隈なく見ておきたいと思う。 もっとも、治安上の問題もあって、行けるところは限られているが、 時間の許す限りあっちこっちに行きたい。 考えてみると、僕はネパールでの国内旅行は ポカラに2回と、トレッキングぐらいしか行っていない。 例えば世界遺産のチトワンやルンビニにも行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜にはぐれて~日本語教師養成講座~

日本に帰る日は近づいているが、 仕事のほうはまだまだひと段落というわけにはいかない。 3度目の日本語教師養成講座の開講を約1週間後に控えている。 今回は11月12日から12月15日までの約1ヶ月。土曜を除く週6日行う。 時間は17:30~19:00の夜の時間帯を予定している。 前回、カトマンズで教師養成講座を開講し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弟よ~ティハール~

10月29日はティハール最終日のバイ・ティカ(भाइ टीका/弟のティカ)だった。 この日は学生の家に招待されたので、バイ・ティカを見に出かけてきた。 バイ・ティカは文字通り、弟にティカ(額につける飾り)をつける日である。 弟だけでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい花~ティハール~

10月28日、ネパール語のグル(師匠)の家にティハールの挨拶に行ってきた。 この日はラクシュミ・プザ(लक्ष्मी पुजा)の日で、ラクシュミ神にお祈りを捧げる、ティハールでも大切な日であ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戦場に日は落ちて~ティハール~

ネパールはティハールに入った。 日本でよく「盆と正月が一緒に来た」という表現を使うが、 ネパールの場合、ダサインという大きなお祭りのすぐ後にこのティハールが来るので、まさにその表現通りと言える。 休みは28日から30日までの3日間だけだが、 ティハール自体はすでに数日前から始まっていた。 そのさらに数日前から町のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら大好きな人~7/8終了~

ダサイン休暇にトレッキングに行っている間に、僕の任期も残りわずかになっていた。 ようするにネパールにい来てから21ヶ月が過ぎたのである。 どうもぴんとこないが、計算してみたら7/8が終わったことになる。 しかも、あと少しで22ヶ月目も終わる。 11/12が終わってしまうわけだ。 長かったような青年海外協力隊員(JOCV)として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最果ての歌~トレッキング~

10月13日(月)、トレッキングを終えてポカラに戻ってきた。 翌日は1日、ポカラでゆっくり過ごし、 行きと同じくバスでカトマンズへ帰ってきたのは15日(水)のことだった。 人生初のトレッキング…。 青年海外協力隊員(JOCV)としては最初で最後だ。 思っていた以上に充実していたもので、大成功だった。 JOCVとしての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dreamland~トレッキング~

トレッキング中はコーラを実によく飲んだ。 山道を歩いていると、当然汗をかく。 喉が乾くから、冷たい飲み物が実においしい。 そんなわけで、始めは、自然にコーラを買って飲んでいたのが、 途中からなぜかそれが習慣となってしまい、 いつの間にか仲間と、「次の(休憩地点で飲む)コーラのためにがんばろう」 なんて言いながら歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山のごちそう~トレッキング~

トレッキングに行く前、僕はずっと体調が優れなかった。 4月にジアルジアを患って以来、食欲がすっかりなくなってしまっていたのだ。 だから、一日に一食で充分なんて日もあったりした。 ところが、山に来てからというもの、 すっかり体調がよくなっている。 何よりも食欲が戻ってきて、3食欠かさず食べるようになっていた。 やはり運動す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

End Roll~トレッキング第9日目~

長いと思っていた今回のトレッキングも、気づいたら最終日を迎えていた。 朝7時過ぎにトルカを出発し、デウラリ、ポタナ、ダンプスと下っていく。 目に入る光景には畑や田んぼが広がり、 町と町の間隔も狭くなり、人々の生活が感じられるようになってくる。 いやでも下界に近づいたことを感じさせられる。 やがて、目の下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔いしれて~トレッキング第8日~

ジヌからランドルックを経てトルカまで歩いた。 一日中歩き通しだった一昨日のことを考えると、 この2日間はとにかく楽に感じてくる。 途中、昼食のために立ち寄ったランドルックにて、 メニューに「ムスタン・コーヒー」なるものを見つけた。 ムスタンとは、アンナプルナ山脈の北にあるネパールの秘境の地。 ムスタン・コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい湯だな~トレッキング第7日~

シヌワからチョムロン(2日目宿泊地)まで戻り、そこからは来たときとは別の道を通ってジヌへやって来た。 ジヌにはタトパニ(温泉)がある。 今回のトレッキングで最も楽しみにしていた場所だ。 タトパニは宿から15分ほどだという。 そこで、サンダル履きという軽装で出かけたのだが、その考えは甘かった。 その15分というのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思えば遠くへ来たもんだ~トレッキング第6日~

昨日とはうって変わって朝から天気は快晴。 ヒマラヤの山々がとても綺麗に見える。 とりわけ、アンナプルナ・サウス(標高7219メートル)に朝日が当たる様子(写真上)には、思わずお願い事をしてしまいたくなるほど。 今日からはもと来た道を下る。 マチャプチュレ・ベースキャンプ(MBC/3700メートル)からデウラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉雪~トレッキング第5日~

標高3000メートルを超えると、さすがに寒くなってくる。 ポカラは真夏という感じだったから、数日のうちに夏から冬までを経験したような気分だ。 午前中、マチャプチュレ・ベースキャンプ(MBC/標高3700メートル/写真上と下)に到着。 日本最高峰の富士山とほぼ同じ高さまで来たことになる。 この日の宿はMBC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more