テーマ:ネパール生活

パクチー~今年の一皿~

12月5日(月)、今年の世相を反映し象徴する2016年の“今年の一皿”に、「パクチー料理」が選定された。 https://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/ 飲食店情報サイト「ぐるなび」によって発表されたもので、 ぐるなびの検索データと会員によるアンケートから今年話題になったキーワードを複数選出。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムマシンにおねがい~カトマンズ~

カトマンズではいろいろな人に会った。青年海外協力隊時代の仲間や、国際協力機構(JICA)でお世話になった人たち。 ネパール語の恩師の家ではダルバート・タルカリをご馳走になった。 住んでいた家の大家さんや、ホームステイさせてもらった一家にも会った。 カトマンズには何度も来ていて、来るたびに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こころの花~ネパールカレー~

なかなか衝撃的なニュース記事を見つけた。 それは、「健康に気をつけるなら、「ネパール」カレーがいいらしい」というものだ。 ご存知の通り、僕は2年間をネパールの首都カトマンズで過ごし、 その間、数しれないほどのネパールカレー“ダルバート・タルカリ”を食べて来た。 そのダルバート・タルカリが健康的とは初耳である。 記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の地図~在外選挙~

僕は有権者になって20年近く経つが、今までに一度も選挙を棄権したことがないことが自慢である。 ネパールに滞在していた2007年に参議院議員選挙があったが、 この時も在外選挙人制度を利用して投票している。 確か、この時の参院選から、在外選挙でも従来の全国区(比例区)だけでなく、選挙区のほうも投票できるようになったのだが、 残念なが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

恋する輪廻~オーム・シャンティ・オーム~

先日、渋谷駅を歩いていたところ、構内に貼られた一枚の映画のポスターに、思わず足を止めてしまった。その映画は「恋する輪廻/オーム・シャンティ・オーム」だった。 僕がネパールに滞在していた2007年。街中で1つの曲が流行っていた。 ♪オーム・シャンティー・オーム… インド映画「Om Shanti Om」の主題歌だった。ネパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使にスリルをおしえてあげて~ネパール民族衣装~

ネパールでは日本語の授業の時も、当然クルタを着ていた。 ある日、とあるネパール人から言われた。 「クルタはインドの服だから、ネパールの服を着なくちゃいけないよ。」 なんと、それは衝撃的だった(笑) ネパールの服とは、ダウラ・スルワールという。 そこで、さっそく作ることにした(写真上)。 ダウラ・スルワールは、ネパール…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

寂しい熱帯魚~コスプレ?~

僕が通っているタイ語学校と同じビルに、コスプレ専門店がある。 一度、レッスンの帰りに寄ってみたが、 僕はアニメは全然詳しくないので、ガンダムぐらいしかわからなかった(>_<) 僕はいわゆる“コスプレ”にはまったく興味が無く、自分でしてみたいとも全然思わない。 しかし、よく考えてみると、ネパールに住んでいた頃、僕は毎日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小景異情~高校教師~

ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの よしや うらぶれて異土の乞食となるとても 帰るところにあるまじや ひとり都のゆふぐれに ふるさとおもひ涙ぐむ そのこころもて 遠きみやこにかへらばや 遠きみやこにかへらばや 室生犀星のこの詩を、現在高1の現代文で教えている。 故郷への思いを歌ったこの詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ららばい~帰国~

1月17日(土)、朝6:05。 成田空港に到着した。 2年間の任期の終了である。 すでに同期の仲間は10日前に日本に帰ってきていて、 僕は一人きりのはずだったのだが、 偶然にもネパール旅行帰りの元隊員と同じ便だった。 「ついに日本に帰ってきたんだね…」 思いを打ち明けられる相手がいて嬉しかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心の旅~ネパール出国~

いよいよこの日が来てしまった。 2年間の活動の最後の日である。 昨日から今日にかけてかなりばたばたしていた。 送別会も終わり、近所の人たちに挨拶をして、 空港では学生や青年海外協力隊仲間にも見送られて、 気づいたら空港待合室にいる。 ああ、あと数時間もすれば、タイのバンコクである。 実は最近のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たのしく たのしく やさしくね~送別会~

帰国が近づくと、いろいろと送別会に誘われる。 青年海外協力隊(JOCV)全体の送別会はすでに12月19日(金)に終わっていたが、 帰国2日前(1月5日)にはトレッキングに行った仲間たちが企画した送別会、 帰国前日(1月6日)は後輩隊員の有志による送別会が予定されている。 他にも職場やネパール人たちによるビダイ・ボーズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

剣の舞~表敬訪問・送別会~

さて、帰国が近づくといろいろと公式行事が入ってくる。 以前話した帰国報告会もその一つ。 他にも表敬訪問がある。 日本大使館と財務省。 そして、それぞれの関係省庁―僕の場合は教育スポーツ省を訪ねる 表敬訪問は、ネパール到着直後にもあったが、 日本大使館を別にすると、各省庁にはこの2年間まったく行く機会がなく、 結局のとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Time Goes By~授業終了~

帰国まで残り4日となった。 もっとも、帰路変更でタイに10日ほど滞在する予定なので、 正確に言えば“帰国”でなく“出国”である。 帰国まではまだ2週間ある。 さて、帰国に先立って1月2日(金)、授業が終了した。 2007年3月に初めて教壇に立ってから約1年10ヶ月。 ついにこの日が来てしまった。 この日は日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズンドコ節~年末&新年~

2009年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 昨日の大晦日は、青年海外協力隊(JOCV)の仲間たちとホテルで紅白歌合戦を観て過ごした。 僕らはすでに2年近く日本から離れている。 たとえ好きな歌手やグループであっても、新曲はまったくわからない。 だから、聞いていて盛り上がったのは石川…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の日よさようなら~大晦日~

12月31日は大晦日…と言っても、それは西暦での話。 ネパールではまったくと言っていいほど関係ない。 学校や会社も平日だし、町もいつもと変わりが無い。 ネパール暦の新年は4月だったが、 ネパールにはそもそも新年が多すぎる。 民族が違えば新年も違うからである。 例えば、シェルパ族やタマン族といったチベット系民族の新年は2月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇からの谺~計画停電~

12月29日(月)から、計画停電が週82時間になった。 要するに1日12時間になったのである。 昼と夜、6時間連続の停電が2回。 もちろん僕がネパールに来てから最大の計画停電だ。 こんなに停電が長いと、困るどころではない。 日によっては20時には寝るしかなくなってしまうし、 このブログの更新にも支障が出る。 噂では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな夢でありました~バザー~

ネパールに来る時、僕はバックパックと小さなスーツケース1個だけの荷物だった。 仲間たちにも「それだけ?」とあきれ驚かれたものだ。 なぜなら、カトマンズでは何でも買えると聞いていたから。 そんなわけで、例えば洋服などはこっちでだいたい買い揃えたし、 どうせならと、ネパールの服を着ているのは皆さんもご存知の通り。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想い出のスクリーン~帰国報告会~

今日12月25日はクリスマス。ネパールでは今年からこの日は休日である。なんでも、すべての民族・宗教に平等とするためとかで、他にもイスラム教や各民族の祝日が休日となっている。もっとも、クリスマスだからと言って、イルミネーションが飾られるというわけでもなく、町はいたって平穏なのだが…。 さて、帰国が近づくと、いろいろ準備や行事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草原の輝き~チトワン~

チトワンでの3日間は実に盛りだくさんだった。 ホテルに着くなり、10分休んだだけですぐに村の散策に出かけ、 夜はタルー族の踊りを見るプログラム(写真上)があった。 翌日は、午前中はカヌーで川を下り(写真上)、 午後はジープでジャングル散策。 最終日はゾウに乗ってジャングルをめぐった(写真下)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠なるみどり~チトワン~

先日中央ネパールの旅行に行ってきたばかりだが、 その1週間後の12月12日から14日にかけて、チトワン国立公園へ旅行してきた。 今度こそ、ネパール最後の旅である。 チトワン国立公園は、カトマンズの南西にあり、豊かな自然で世界遺産にも指定されている。 やはりネパールにいるうちに一度は行っておきたい場所だ。 時間がない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FINAL WARS~授業~

帰国が近づくと、仕事も少しずつ終わりに向けていかなくてはならない。 すでに通常の授業と日本語能力試験2級対策講座は、 11月中に終了していた。 11月に始まった夜の日本語教師養成講座も、 学生数が少なかった関係で12月10日には終了。 現在のところ、僕が受け持っているのは 12月8日に始まった朝(7:30~9:00)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決戦の日々~日本語能力試験~

12月18日から、計画停電が1日10時間に増えた。 朝が6時間、夜が4時間… しかも、噂では今後16時間まで増えるとか。 まったく困ったものである。 さて、12月7日(日)、全世界で日本語能力試験(JLPT)が実施された。 ネパールでは去年に引き続き、ラリトプール郡にある聖マリア学校(写真上)が会場になった。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬指の想い出~病気~

ちょうどタンセン(パルパ)に滞在していた頃だった、 右手の薬指が痛いことに気がついた。 よく見ると赤く腫れている。 とは言え旅行中だから特にどうするというわけにもいかず、 ずっとほおっておいてしまった。 カトマンズに帰ってからも痛みと腫れは増すばかり。 どうやら瘭疽(ひょうそ)にかかったようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色づく街~バイラワ・スノウリ~

ルンビニからバイラワに戻り、ここからカトマンズまで飛行機で戻ることになっていた。 飛行機の時間まではまだだいぶ間があったので、 インド国境の町スノウリへ行ってみることにした。 本来、バイラワからスノウリまではジープが出ているのだが、 この日は殺人事件があったとかで抗議の道路封鎖(チャッカジャム)の最中であった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神々の指紋~ルンビニ~

タンセンからルンビニへ向うバスは8時出発だったので、この日はだいぶゆっくりすることができた。 2時間ほどでバスは山間から平野へと抜けた。 ネパール南部の平原地帯タライ(もしくはマデシ)に入ったのである。 計3時間ほどで、バイラワ(写真上)に着いた。 ここで別のバスに乗り換え1時間ほどでルンビニへ。 ルンビニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘の上~タンセン~

ポカラからは一路南へ。 次の目的地タンセン(パルパ)までは、ひたすら山道である。 ネパールが山国であるということが実感できる。 4時間ほどでブトワルに着いた。 ここからはジープに乗り換える。 あいにくジープは満員で、僕は屋根に乗る羽目になった。 車の屋根に乗ったのは初体験だったが、なかなかスリルがあって面白い。 タンセンま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い雲のように~ポカラ~

旅行第2日目は、まだ薄暗い6時発のバスに乗り込んでの出発である。 次の目的地ポカラまでは約4時間。 ポカラはこれで4度目。 今年だけでも3回目である。 だから特に観光するつもりはなかった。 青年海外協力隊(JOCV)の村落開発普及員の仲間と会うことになっていたので連絡すると、 一緒に巡回先の村に行こう、ということになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅立ちの朝~ゴルカ~

先日のネパール旅行について振り返ることにしたい。 12月1日(月)、朝8時前、カトマンズ北部の新バスパーク(写真上)からゴルカ行きのローカルバスに乗り込み、 西へ向って出発した。 これから5日間のネパール一人旅。 帰国までの日程を考えても、これが最後の旅になるだろう…。 バスに揺られること約5時間、ようやくゴル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつかさらばさ~帰国1ヶ月前~

12月7日(日)、帰国前1ヶ月を迎えてしまった。 これでネパール生活の23/24が終わったわけになる。 この前の1ヶ月があっという間に過ぎたことを考えると、 すぐに帰国日が来てしまうに違いない。 異文化適応には4つの段階があるという。 ハネムーン期→反抗期→順応期→安定期。 もちろん、今の僕はネパールの生活にもすっかり慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Never End~ネパール旅行~

12月5日(金)、5日間のネパール旅行を終えてカトマンズへ帰って来た。 ゴルカ→ポカラ→タンセン→ルンビニと慌しい旅だったが、 無事に帰ってくることができた。 ネパールに住んで2年が経とうとしているのに、 今まで国内旅行はといえば、ポカラにいったぐらいで、 どこも行かないうちに終わってしまおうとしている。 これではあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more