テーマ:ラグビー

ロンゲスト・ヤード~ラグビー大学選手権決勝~

1月11日、大学ラグビー選手権の決勝が国立競技場で行なわれた。昨年優勝の早稲田大学が、関西の雄・天理大学と対戦した。 新型コロナウィルスの影響もあり、大学選手権は1・2回戦は無観客。3回戦以降も、観客が収容人数の半分以下に制限されていた。僕も今年はテレビの前での観戦である。 序盤から、天理が早稲田を圧倒。前半だけで4トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE涙色~ラグビー花園大会~

花園ラグビー場で開催されていた全国高校ラグビー大会。母校・早稲田実業が2年ぶりに出場していた。久しぶりに花園に応援に行くつもりでいたのだが、新型コロナウィルスの影響で無観客試合となってしまった。 12月27日に1回戦が行なわれ、早実は41-0で熊本西に圧勝した。 今日12月30日は2回戦が行なわれ、優勝候補の京都成章高校と激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空耳のホイッスル~ラグビー早明戦~

12月6日、大学ラグビー対抗戦の伝統の一戦・早明戦が行なわれた。新型コロナもまだ心配なので、今年はテレビ観戦ということにした。 ここまで早稲田は6戦全勝。明治は慶応に破れて5勝1敗で追う。早明戦で早稲田が勝てば2年ぶりの優勝。明治が勝つと6勝1敗で並ぶが、直接対決で勝った明治の優勝となる。 所用があったので、テレビをつけたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメイジング・ハイスクール~早実スポーツ~

このところ母校・早稲田実業のスポーツの試合がいろいろとあった。 2017年以来の選抜野球大会出場を目指す硬式野球部は、準々決勝まで駒を進めていた。11月7日、ダイワハウススタジアム八王子で二松学舎大学付属と対戦した。(写真は2018年夏の西東京大会) 早実は、2-3で迎えた8回裏、2点を取って逆転。しかし9回表、二松学舎が3点を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナツ~高校ラグビー予選決勝~

昨年我が母校・早稲田実業学校のラグビー部は82年ぶりに花園の全国大会に出場した。今後早実が花園常連校になってくれることを期待していたが、今年も快進撃を続けていた。東京都第1地区予選で、早実は見事決勝に進出した。決勝の相手は12回花園に出場している強豪・東京高校。 この秋は早実野球部が大会へ出場を辞退をして早々と選抜が無くなったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーサイド・ゲーム~ラグビーワールドカップ~

今年2019年ラグビーワールドカップが日本で開催され大いに盛り上がった。世間にはラグビーのにわかファンがあふれかえったが、僕もそのうちの1人で、直接会場には行かなかったものの、テレビの前にかじりついて日本代表を応援していた。 日本代表が事前の予想以上の大活躍を見せたのも、大会が盛り上がった要因のひとつである。日本は予選リー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラス・ホッパー~高校ラグビー大会~

我が母校・早稲田実業が勝ち上がったため、高校ラグビー大会3回戦を見に再び花園ラグビー場へ赴いた。 82年ぶりに出場出来るというだけでも快挙なのに、勝ったというのは素晴らしい。 それも大差でである。 これはひょっとしたらかなり上に行く可能性もあるのではないか? 早実の最高位は1929年の準優勝だが、この機に初優勝なんてのも悪く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HERO~高校ラグビー大会~

今回、関西に来た理由というのは、高等学校ラグビーフットボール大会、いわゆる“花園”である。 我が母校早稲田実業が82年ぶりの出場で話題となっている。 さすがの僕も花園ラグビー場へ来るのは初めてである。 さすがはラグビーの聖地だけに規模が大きい。 敷地内には屋台やお土産物屋が並んでいるが、 謎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクール・ウォーズ~花園組み合わせ決定~

花園ラグビー場で行われる全国高校ラグビー選手権大会の組み合わせ抽選があった。 82年ぶり出場の我が母校・早稲田実業学校。 大阪行きのスケジュールを決めるためにも初戦の日程がどこになるのかが気になっていた。 抽選の結果は11月28日第1試合。 沖縄代表の名護高校と対戦である。 そこに勝つと2回戦はシード校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーサイド~早実・花園出場~

快挙である。早稲田実業ラグビー部が秋季都大会の第一代表決勝戦に出場、国学院久我山を43―19で破り優勝を決めた。 これで年末年始に花園ラグビー場で開催される全国高校ラグビー選手権への出場を決めた。早実が花園に出場するのは、1937年以来82年ぶり6回目である。これは山口高校が過去に64年ぶりに出場した最長ブランク出場記録を上回るとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の行方~ラグビー大学選手権~

早稲田大学ラグビー部が低迷中だ。 早稲田は先日観に行った伝統の早明戦に破れ、対抗戦4位でぎりぎり大学選手権に出場。 12月16日の大学選手権初戦では昨年準優勝の東海大と対戦した。 結果は18―47と大差で破れ、2年連続の初戦敗退となった。 今年は久しぶりに1月2日の選手権準決勝を観に行こうかと計画していたのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HERO~ラグビー早明戦~

神宮外苑の銀杏並木はすっかり色づいている。そんな冬の風物詩・大学ラグビー早明戦を観に、秩父宮ラグビー場へ出かけた。 今季、我が母校・早稲田は、ここまで5勝1敗。帝京には21-40と敗れたものの、11月23日に行われた早慶戦では、23-21と辛勝している。 前回早明戦を観に来たのは一昨年2015年だが、その時は明治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全力少年~ラグビー早明戦~

ラグビー伝統の早明戦をテレビで観戦した。 昨年は、秩父宮ラグビー場へ観に行ったのだが、今年は残念ながら行くことができず、仕方がなくテレビ観戦。 そういえば、早稲田のラグビーをテレビで観たのはいつ以来だろう。ほとんど記憶にない。野球の早慶戦もそうだが、たいていの場合、家で観るぐらいなら、現地に観に行ってしまうからだ。 おそらく、早明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I Need a Hero~高校ラグビー決勝~

さあ、花園へ行くぞ!! 全国高校ラグビー選手権東京都予選の決勝戦である。我が母校・早稲田実業は、79年ぶりの花園へリーチをかけている。 残念ながら休日出勤が重なってしまい、秩父宮ラグビー場へ行くことはおろか、ネット観戦すらできなかった。だが、どこにいても念は送っていた。その効果はあっただろうか? 行っていた人によると、早実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーサイド~高校ラグビー都予選~

高校野球のことばかりに気をとられていたが、我が母校・早稲田実業は、ラグビー部も躍進を続けている。 先日行われた全国高校ラグビーフットボール大会東京都予選の準決勝において、早実は明大中野八王子に46―0で勝利。見事決勝進出を果たした。これで花園出場まであと1勝である。 そういえば、早実が花園に行ったという記憶がないなぁ…と思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修羅のごとく~ラグビー早明戦~

先日のラグビー早慶戦、早稲田は慶應相手に苦しみながらも勝った。 次なる相手は宿敵・明治。 今回の帰省の目的は、ラグビー早明戦を見るためである。 ラグビー早明戦は一昨年までは国立競技場で開催されていた。 それが、取り壊しによって昨年から秩父宮ラグビー場に変更となった。 去年は見に行っていないので、僕にとっては初めて秩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わらせないでSunset~ラグビー早慶戦~

今回の帰省の目的のもう1つが、大学ラグビー対抗戦の早慶戦を観に行くことだった。 今年開催されたラグビーのワールドカップで、 日本代表が優勝候補の南アフリカを倒すなど、大ブームを巻き起こした。 そんなわけで、久しぶりに大学ラグビーが見たくなった。 秩父宮ラグビー場へ。 小雨の降るあいにくの天気だったが、 試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバルトの空~ラグビー大学選手権決勝~

イランの話題の途中だが、ちょっと違う話を…。 お正月恒例の箱根駅伝、わが母校・早稲田大学は4位に終わった。 優勝したのは東洋。 出雲と伊勢を制し、大学駅伝三冠を狙った駒澤は準優勝だった。 一方、ラグビー大学選手権では、早稲田は1月2日の準優勝で筑波を破り、 久しぶりの決勝へ駒を進めた。 決勝の相手は4連覇を狙う帝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーサイド~ラグビー早明戦~

2020年東京オリンピックに際して、新たな競技施設が建てられたり改装されることになっている。 国立競技場もその1つで、オリンピックのメインスタジアムとなるため、2014年に解体が始まり、 2019年に現在を上回る規模の新国立競技場として生まれ変わることになっている。 大学ラグビー対抗戦、伝統の早稲田ー明治戦は毎年国立競…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

落葉の物語~ラグビー早慶戦~

冬の風物詩ラグビー。 早慶戦を観に秩父宮ラグビー場にやってきた。 対抗戦ではすでに全勝の帝京が1試合を残し優勝を決めている。 早稲田は帝京に破れているが、まだ同率優勝の可能性は残っている。 慶応と明治を倒した上で、慶応に帝京を倒してもらうのが条件。 しかし、慶応も青山学院に破れたとはいえ、早稲田と帝京を倒せば自力優勝の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバルトの空~ラグビー早慶戦~

11月23日(祝)、秩父宮ラグビー場にて大学ラグビー対抗戦、伝統の早慶戦を観てきた。 対抗戦3連覇中の母校・早稲田大学だったが、 今季はすでに筑波、帝京に破れ2敗。 ライバルの慶応、明治との対戦を待たずして優勝が無くなった。 一方の慶応も3敗しており、野球に続いてラグビーも早慶戦が消化試合となってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と栄光の日々~ラグビー大学選手権~

今年2010年度は早稲田スポーツ復活の年だったようだ。 大学時代から、母校・早稲田大学のスポーツを応援してきた僕としても、 久しぶりに興奮する1年になった。 先日の18年ぶりの箱根駅伝優勝が記憶に新しいが、 競走部は他にも出雲駅伝、全日本駅伝との3冠を果たしている。 野球部も斎藤佑樹らの活躍で秋季リーグを制した…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

荒ぶる~ラグビー大学選手権~

いよいよラグビー大学選手権が始まった。 ラグビー関東大学対抗戦を制し、早稲田は2年ぶりの日本一を目指す。 寒い中、秩父宮ラグビー場へやってきた。 第一試合では優勝候補の東海大(関東リーグ1位)が、 京都産業大(関西第5代表)を83―14で圧倒。 第2試合は早稲田と大阪体育大(関西大学Aリーグ4位)の対戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北風~ラグビー早明戦~

12月5日(日)、国立競技場で伝統のラグビー早明戦が行われた。 この試合、残念ながら僕は現地で観戦できず、テレビで見るだけであった。 ここまで全勝の明治に対して、慶応に敗れて1敗の早稲田。明治は引き分け以上で優勝。同じく1敗の慶応がいるため、早稲田が逆転優勝するためには、明治を倒しなおかつ、トライ数で明治・慶応を上回らなければな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヒーロー~ラグビー早慶戦~

大学スポーツの華としては、僕の好きな大学野球の他に、大学ラグビーがあるだろう。 僕の母校早稲田大学はラグビーも盛んで、 明治との早明戦、慶応との早慶戦はかなり盛り上がる。 今日11月23日は秩父宮ラグビー場で伝統の早慶戦が開催されたのを見に行った。 ラグビーの試合を見に行くのは久しぶり。 2007年1月の大学選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のファンタジー~大学ラグビー~

「ラグビー」は冬の季語である。 夏にも試合はあるのだが、主要な選手権は冬にあるし、 僕も寒い中で応援した記憶のほうが多い。 今日はラグビー大学選手権の準決勝を観に国立競技場へ行ってきた。 母校・早稲田大学が京都産業大学と対戦した。 これまで母校のスポーツは高校・大学いろいろ観てきた。 特に野球は毎年の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more