君の名は~連続テレビ小説「エール」終了~

連続テレビ小説「エール」が最終回を迎えた。
4月に放送開始。
途中、新型コロナウイルスの流行による撮影中止があったため、6月から約3ヶ月の中断を挟むという異例の事態となった。

Yell.jpg

ちょうど緊急事態宣言のテレワーク期間中だったこともあり、僕にしては珍しく朝ドラを熱心に観ていた。
その後、通常勤務が再開したが、結局最終話まで欠かさず観続けてしまった。
それにしても、朝ドラを観るのはいつ以来だろう。
ちょっと調べてみたところ、1999年後期の「あすか」以来だった。
つまり、約20年ぶりということになる。

なぜ、ここまで熱心に観続けたかというと、「エール」は主人公のモデルが作曲家の古関裕而だったからである。
古関裕而というと、早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」の作曲者である。
その古関をモデルとした主人公・古山裕一に窪田正孝が扮している。


当初は劇中に「紺碧の空」が流れてくれればいいな、ぐらいの気持ちで観始めたのだが、5月に1週間に渡って「紺碧の空」誕生エピソードが放送された。
曲の方もフルコーラス作中で歌われたのである。
これにはかなり興奮した。
本来であれば、その気分のまま伝統の早慶戦へと突入したいところだったが、新型コロナのため東京六大学野球は8月に順延となってしまった。

返す返すも「エール」は新型コロナウイルスに翻弄された朝ドラだった。
第1話と最終週には古関が音楽を担当した東京オリンピック開会式が登場。
これも本来であれば、2020年東京オリンピックと連動させたかったはずだが、オリンピックは来年に延期となっている。
そして、何よりもショックだったのは、出演者の1人志村けんが放送開始前に新型コロナで亡くなったことである。

志村が演じていたのは作曲家・山田耕作がモデルの小山田耕三。
裕一が歌謡曲の世界に入るきっかけとなった“恩人”だが、常に古山に対して冷たく当たりその真意が謎のままであった。
志村の出番は前半で終わっていたが、最終話に小山田が生前に書いた手紙が裕一に届けられる。
手紙で小山田はこれまで裕一を嫉妬していたことを詫び、許しを乞うものだった。
最終話に志村けんがワンカットだけ登場した。
作中常にしかめっ面であった小山田が、鏡越しに微笑んでいた。
何でもこれは撮影中に偶然撮られたオフショットであったとのこと。
稀代のコメディアン志村けんの生涯最後の出演シーンである。


「エール」では、「紺碧の空」以外にも「船頭可愛や」「長崎の鐘」「鐘の鳴る丘」「栄冠は君に輝く」といった古関の名曲の誕生エピソードが登場した。
また、作詞家・野村俊夫(役名・村野鉄男)、歌手・伊藤久男(同・佐藤久志)、作曲家・古賀政男(同・木枯正人)、オペラ歌手・三浦環(同・双浦環)、劇作家・菊田一夫(同・池田二郎)といった実在の人物がモデルの人物が登場してくる。
もともと昭和歌謡に強い興味があったので、とても興味深く観ることが出来た。

ただ、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」に関しては、裕一が球団本社に楽譜を渡すシーンしか無かったのが残念であった。
元阪神の掛布雅之が球団幹部の役で出演していたにも関わらず、ほんの数分で終わってしまったので、阪神ファンには納得がいかなかったのではないだろうか。


「エール」のフィクションとノンフィクションが絡み合うストーリー展開というのは、昨年の大河ドラマ「いだてん」を思い起こさせる。
ただ、どこまでが史実なのかがわからなくなってくる。
例えば、古山裕一には娘が1人いるだけだが、実際の古関裕而は1男2女を設けている。
この機会に、史実の古関裕而についてもいろいろと知りたくなってきた。



あんなに一緒だったのに~ガンダムキャンペーン~

セブンイレブンでまた機動戦士ガンダムとコラボしたキャンペーンが開催されていた。
6月以来のキャンペーンだが、前回のボールペンに続いて今回はボールペンが貰える。
「明治アーモンドチョコレート」の対象商品2個を購入するとガンダムボールペンが1本貰えるのだ。

P1070870.JPG

今回はシャア・アブナブル、アムロ・レイに加え、ザク、アッガイ、ズゴックの5種類がある。
今回もやはり揃えたくなってしまいい、チョコレートを買い漁った。
その結果、2日ほどでコンプリート出来た。

P1070872.JPG

チョコレートが10箱…しばらくは甘いものに困りそうにない。
この歳になると糖尿病の恐れもあるので、少しずつ食べることにしたい。

P1080104.JPG


以前集めたボールペン4本と、今回のシャーペン5本。こうして眺めるとなかなか圧巻ですな。



恋の山手線~高輪ゲートウェイ駅~

P1070909.JPG

2020年3月に開業した山手線の新駅・高輪ゲートウェイ駅。
開業から8ヶ月になるが、なかなか行く機会が無かった。

先日、ようやく高輪ゲートウェイ駅を通過することがあり、せっかくの機会なので立ち寄ってみた。

P1070908.JPG

さすが新駅だけに、構内は綺麗である。

P1070899.JPG

改札を出ると、なんと無人コンビニがあったりする。

P1070914.JPG

駅の入り口。

P1070917.JPG

駅前はまだ整備中で、店などもまだ無かったが、これからだんだんと開発されていくのだろう。

P1070921.JPG

それにしても「高輪ゲートウェイ」というのは謎のネーミングだ。
学生時代、僕は山手線の駅を歌で覚えたものである。
そのメロディにどうやっても高輪ゲートウェイを載せることが出来ない。
小林旭の「恋の山手線」にも歌詞の中に山手線の駅名が登場するが、やはり入れ込むのは難しそうだ。
しかしなぜ、「高輪」だけに出来なかったのだろうか。

そういえば、高輪ゲートウェイの駅名が決まった頃、Twitterで山手線全ての駅名を高輪ゲートウェイ風にした路線図を見た。


僕も中学から大学までスカイクレイバーからカレッジシティまで通っていた。
最初の会社はヤングシティにあったのだが、営業部に配属されたので、メトロポリタンループラインは毎日のように使っていた。
三宅島にいた頃は、ガーデンベイサイドをよく使ったが、時間潰しでよくエレクロニカには行ったし、サラリーマンサンクチュアリでも飲んだものである。



ストライキ~公務員賞与削減~

10月30日、東京都人事委員会は、東京都の職員の賞与(勤勉手当、期末手当)の年間支給月数を0.1ヶ月引き下げ4.55月分とすると決定。
冬の賞与(期末手当)から実施するとの勧告を行なった。

0.1ヶ月というと、金額にすれば平均して4万円だというから、これは決して少なくない。
ちなみに、国家公務員の場合は0.05ヶ月減とのことなので、東京都はそれよりも多く減らされることになる。

それに関して、プレジデントが次のような記事を載せていた。


「『たった0.05カ月分のボーナス削減』に怒りを隠さない公務員の厚遇天国」となんとも悪意のある見出しである。
新型コロナウィルスの流行で公的機関が人手不足に陥ったというニュースを知らないのだろうか。
そもそも何かにつけ公務員の給料削減、人員削減がやり玉に上がるが、公的機関もそうなったらそうなったなりの対応をせざるを得ない。
まさか、給料が減って人が減ってもサービスの質はそのままを求めるなんてことは無いだろう。


一部の人たちは公務員を“害悪”であるかのように扱うが、僕にはどうしても違和感がある。
確かに民間のようにリストラされる心配はないが、僕ら教員の場合、生徒や保護者からの苦情で簡単に首を切られかねない。
だいたい、生徒や保護者対応のストレスで辞めていく教師も大勢いるというのに、どうしたら「安定している」と言えるのだろうか。
そもそも教員には残業代がいっさい支給されていない。
部活動が盛んな学校なら毎日2~3時間の残業は当たり前だが、これらはすべてサービスである。
さすがに土日の部活動は手当てが出るものの、4時間以上勤務で一律4000円となっている。

P1080088.JPG

この上ボーナスまで削減となれば、公務員たちも黙ってはいない。
東京都労働組合連合会(都労連)は、11月13日、統一行動を行なうこととなった。
東京都高等学校教職員組合(都高教)もそれに同調している。

統一行動ではストライキを行なうが、都立高校の場合だとは全日制は勤務開始後1時間、定時制は勤務終了前1時間、ストライキを行なうこととなった。
僕の勤務校でも、組合員の先生は13日は1時間遅れて出勤し、授業も1時間目は自習とすることと決まった。


ちなみに地方公務員(第37条)により、公務員はストライキが禁止されている。
違反した場合は三年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金という罰則もある(第61条)
1974年、日教組が全国規模で30万人参加のストライキを実施した際には、約20名が逮捕され、日教組の幹部4名が起訴されうち3名が最高裁判決で有罪となっている。


僕が都高教に参加してからもほぼ毎年、ストライキは企画されているが、幸いにしてまだ一度も実行されたことは無い。
ベテランの先生の話では、最後にストライキが実施されたのは17、8年前とのことである。
果たして今回も、12日深夜にはストライキの中止の連絡があった。


残念ながら賞与の0.1ヶ月分引き下げは実施されることになってしまったが、他には幾つかの合意があったようである。
引き続き、賃金の大幅引き上げ・労働条件改善をめぐって交渉は続けられていくとのこと。
一組合員として、これからも自分の出来ることをやっていきたいと思う。



香水~紅白歌合戦出場歌手発表~

年末の第71回紅白歌合戦の出場歌手が発表された。
紅組20組、白組21組と、企画枠でのGReeeeNの初出場が決まった。

出場歌手は次の通り。

〈紅組〉
あいみょん(2)
石川さゆり(43)
坂本冬美(32)
櫻坂46(初)
JUJU(初)
Superfly(5)
天童よしみ(25)
東京事変(初)
NiziU(初)
乃木坂46(6)
Perfume(13)
日向坂46(2)
Foorin(2)
BABYMETAL(初)
松田聖子(24)
MISIA(5)
水森かおり(18)
milet(初)
LiSA(2)
Little Glee Monster(4)

〈白組〉
嵐(12)
五木ひろし(50)
瑛人(初)
Official髭男dism(2)
関ジャニ∞(9)
Kis-My-Ft2(2)
King & Prince(3)
郷ひろみ(33)
GENERATIONS(2)
純烈(3)
鈴木雅之(3)
SixTONES(初)
Snow Man(初)
氷川きよし(21)
福山雅治(13)
Hay!Say!JUMP(4)
星野源(6)
Mr.Children(2)
三山ひろし(6)
山内惠介(6)
ゆず(11)

〈企画〉
GReeeeN(初)


まず気になるのがジャニーズ事務所所属のグループの多さだ。
嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、King & Prince、SixTONES、Snow Man、Hay!Say!JUMPの全7組で、白組の3分の1に及んでいる。
さすがにこれはやりすぎではないか。
かつては同一事務所からの出場は3組までと決まっていた時代があるが、こうまでジャニーズばかりになってしまうのでは、そうした制限はあっても良いのではないか。


逆に12回出場のAKB48が落選したのは時代の終焉を象徴している。
そういえば今年の初め、秋葉原に行ったところAKBカフェが閉店していた。
もっとも、乃木坂46、日向坂46、櫻坂46(欅坂46から改称)と3組が出場している。

DSC_1964.JPG

話題の出場者としては、「香水」がブームとなった瑛人が初出場。
歌詞に「♪ドルチェ&ガッバーナの香水のせいだよ」というのがあるが、NHKが果たしてそのまま歌わせるかが注目だ。
かつてはかぐや姫が「神田川」の「♪24色のクレパス買って」の「クレパス」を「クレヨン」と変更するよう求められて出場を辞退したり、
山口百恵の「プレイバックPART2」の「♪真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」に替えて歌ったことがあった。


EitoKousui.jpg

オーディション番組で選ばれた韓国発祥のNiziU(ニジュー)も初出場。
流行語大賞ノミネートに次いでの快挙だが、やたらと日本テレビで推しているのが食傷気味である。
個人的には同じJYPエンターテインメントのTWICEの方が出場するに相応しいかと思っていたが、こちらは残念ながら落選。
なんでも、韓国での活動が中心であるため、新型コロナウィルスの影響で入国に支障があることが落選の理由だとか。

NiziU.jpg


個人的には少女ヘビーメタルグループのBABYMETALの初出場が嬉しい。
僕は数年前から応援しているのだが、まだまだ彼女たちの知名度は低い。
紅白をきっかけにブレイクして欲しい。

Babymetal.jpg


昨年「パプリカ」がブームとなったFoorinが2年連続出場を決めたが、
今年はグループとしての活動がほとんどなかったので出場は謎。
確かにメンバーの1人、新津ちせが連続テレビ小説「エール」に出場するなど活躍はしているのだが…。

その「エール」からは主人公の妻を演じる二階堂ふみが紅組の司会を担当している他、主題歌を歌う覆面グループGReeeNが特別枠での出場が決まった。
出演している山崎育三郎や野田洋次郎所属のRADWIMPSの出場があっても良かったかと思う。
「エール」は主人公のモデルが作曲家の古関裕而なので、ひょっとしたら紅白に古関裕而の音楽のコーナーがあるかもしれない。
そうしたら、「紺碧の空」が紅白で流れる可能性もある。


今回の最多出場は白組が50回の五木ひろし、紅組が43回の石川さゆり。
その他、郷ひろみ33回、坂本冬美32回、天童よしみ25回、松田聖子22回、氷川きよし21回となっている。
演歌歌手は若手も含めて紅白それぞれ4組ずつで、ずいぶんと少なくなった印象を受ける。
全体的に若者の音楽が多くなっている。
家族全員で楽しむ番組を志してるのであるなら、もう少し演歌歌手を増やしても良いかもしれない。
あるいは、往年のヒット曲を持つ大物歌手をカムバック出場させても良いかと思う。


最近の紅白は出場歌手の発表を小出しにする傾向にある。
今年も紅組20組、白組21組ということで、今のところ紅組が1組少なくなっていることを考えると、追加発表はあり得る。
ひょっとしたら何らかのサプライズがあるかもしれない。



城のある町にて~日本城郭検定~

僕はお城が大好きである。
最近はなかなか行く機会がないが、あちこちの城跡を訪ねるのを楽しみとしている。

先日、日本城郭検定の3級を受検した。
日本城郭検定を受けるのは、2014年春以来。
実は前回は惜しくも不合格となっている。
6年ぶりのリベンジといきたい。

P1070883.JPG

本当は今年の春に受検するつもりでいた。
ところが、新型コロナウィルスの流行によって検定が延期となってしまった。
春の検定の申込者はそのまま秋の検定を受けることが出来るというのでそうしたのだが、すっかり申し込んだことを忘れていた。
それが数日前に願書が届いて、ようやく思い出した。
付け焼き刃かもしれないが、それから問題集を一冊解いて、試験に望んだ。


試験会場は九段下の二松学舎大学キャンパスだった。

P1070882.JPG

新型コロナの心配もあって、例えばエレベータに一度に乗れるのは4人までとなっていた。
会場も人数を絞っているようだ。


試験では次のような問題があった。

1.歌人石川啄木が「不来方のお城の草に寝転びてー」とうたった城はどれか。
(1)仙台城 (2)弘前城 (3)小諸城 (4)盛岡城

2.鎌倉末期の武将・楠木正成が鎌倉幕府の大軍を迎え撃った山城はどれか。
(1)高取城 (2)千早城 (3)鬼ノ城 (4)福山城

(正解は(4)、(2))

過去問で勉強した問はほとんど出来たが、それ以外の問題は結構難しかった。

3.城に関するキャラクターの組み合わせで間違いはどれか。
(1)熊本城ーひごまる (2)姫路城ーしろまるひめ (3)彦根城ーひこにゃん (4)会津若松城ーくろかんくん

姫路城のひこにゃんは知っているのだが、それ以外はまったく聞いたことがない。
どのお城にも実際に行っているというのに…。

PC251634.JPG

ただ、どのキャラクターも実在するのだとすれば、ひごまるが肥後国の熊本城、しろまるひめが白鷺城の姫路城というので間違っていなさそう。
消去法で(4)にした。
確かにくろかんくんの「くろかん」とは何のことかわからないが、会津若松でその言葉を聞いたことがない。
あとで調べたところ、見事に正解。
くろかんくんは中津城のキャラクターで、「くろかん」とは黒田官兵衛のことであった。


果たして今度こそは6年ぶりの合格なるか。
合格発表は1月とのことである。



鬼滅の刃~新語・流行語大賞ノミネート発表~

Kimetsu.jpg

恒例の第37回新語・流行語大賞のノミネート30語が発表された。
今年のノミネートは以下の通り。


1.愛の不時着/第4次韓流ブーム
2.新しい生活様式/ニューノーマル
3.あつ森
4.アベノマスク
5.アマビエ
6.ウーバーイーツ
7.AI超え
8.エッセンシャルワーカー
9.おうち時間/ステイホーム
10.オンライン◯◯
11.顔芸/恩返し
12.カゴパク
13.鬼滅の刃
14.クラスター
15.香水
16.GoToキャンペーン
17.3密(三つの密)
18.自粛警察
19.Zoom映え
20.総合的、俯瞰的
21.ソーシャルディスタンス
22.ソロキャンプ
23.テレワーク/ワーケーション
24.時を戻そう(ぺこぱ)
25.NiziU(ニジュー)
26.濃厚接触者
27.BLM(BlackLivesMatter)運動
28.PCR検査
29.フワちゃん
30.まぁねぇ~(ぼる塾)


「ステイホーム」や「ソーシャルディスタンス」など、なるほど、新型コロナウィルス関連の語が半分を占めている。
その反面、スポーツ関連の語が今年は無かった。
お笑い芸人もペコパの「時を戻そう」、ぼる塾の「まぁねぇ~」の2つのみ。

空前のブームとなったアニメ「鬼滅の刃」や、瑛人の曲「香水」、J.Y.Parkプロデュースのグループ「NiziU」など話題となった現象が多くノミネートされている。
2013年に「倍返し」が大賞に選ばれたドラマ「半沢直樹」からは「顔芸/恩返し」がノミネート。
「AI超え」は将棋の藤井聡太七段(当時)が棋聖戦で指した手が、AIが導いた最善手だったことから生まれた語。
「BLM(BlackLivesMatter)運動」は、アメリカで白人警察官に取り押さえられた黒人男性が死亡する事件をきっかけに広ががった人種差別撲滅運動。
テニスの大坂なおみのマスクを使った抗議も話題となった。


例年であればまったく聞いたことのない語がいくつか含まれているのだが、今年はそういった語は少なく、比較的順当なノミネートだったのではないだろうか。

大賞とトップテンの発表は12月1日。
それまでにどの語が取るかの予想を立てたいと思う。



早稲田の栄光~東京六大学野球早慶戦~

東京六大学野球も大詰め。
この週末、伝統の早慶戦が行なわれた。

P1050075.JPG

東京六大学野球、今季は早稲田と慶応に優勝が掛かっている。
早慶戦で1勝すれば慶応が優勝。
早稲田は2連勝もしくは1勝1引き分けで優勝となる。
土曜日に行なわれた早慶戦第1回戦は早稲田の主将でエース早川隆久が奮闘。
完投で3-1で早稲田が先勝した。
早川はこれで今季5勝目。通算勝ち星を13勝(12敗)とした。


こうして迎えた早慶戦2回戦は勝った方が優勝という、この上なく盛り上がる試合となった。
残念ながらこの試合、現地には観に行かなかったのだが、NHKが中継を放送していたのでそれを観ていた。
もっとも同じ時間帯に高校ラグビーの都大会決勝も放送していたので、最初は両方代わり番こに観ていた…。

この試合先制したのは早稲田だったが、すぐに慶応に追いつかれる
4回裏、慶応が主将の瀬戸西(4年・慶応)のタイムリーで勝ち越した。

優勝がかかった大一番だけに、早慶共に総力戦。
最終的に早稲田は6人、慶応は8人の投手を注ぎ込んだ。

早稲田は8回2死からエース早川を投入し、逆転に望みを託す。
一方、慶応も9回にエースの木澤(4年・慶応)で逃げ切りを計る。
その木澤の前に早稲田は2死となる。
慶応の優勝まであと1アウト。
熊田(1年・東邦)がヒットで出塁すると、1回戦で勝ち越しのツーランホームランを打った蛭間(2年・浦和学院)を迎えた。

ここで慶応は木澤に代えて生井(2年・慶応)をマウンドへ送る。
生井の初球をバックスクリーンに打ち込むツーランホームラン!
早稲田が土壇場で逆転に成功した。

早川は9回の攻撃を絞めて、3-2で早稲田が勝利。
見事、2015年秋以来となる通算46回目の優勝を決めた。


断片的にしか観られなかったが、それでも痺れる試合だった。
六大学野球史に残る好勝負であったかもしれない。
早川は今季6勝0敗防御率0.39で、ベストナインも獲得。
来年以降はプロ野球・楽天での活躍が楽しみである。

他に野村健太外野手(1年・山梨学院)が打撃ベスト10に入る活躍でベストナインを獲得。
早慶戦2試合連続で勝ち越しのホームランを放った蛭間にも来年以降期待が高まる。
再び早稲田の黄金時代を築いてもらいたい。


今回は新型コロナの影響もあって神宮球場から早稲田までの優勝パレードは行なわれなかったらしい。
また、優勝校が出場する明治神宮野球大会も中止となっている。
僕自身も今年はまったく六大学野球を観に行くことが出来なかった。
来年こそは、神宮球場で「紺碧の空」を思い切り歌いたいと願っている。



アメイジング・ハイスクール~早実スポーツ~

このところ母校・早稲田実業のスポーツの試合がいろいろとあった。

2017年以来の選抜野球大会出場を目指す硬式野球部は、準々決勝まで駒を進めていた。
11月7日、ダイワハウススタジアム八王子で二松学舎大学付属と対戦した。
(写真は2018年夏の西東京大会)

P1040821.JPG

早実は、2-3で迎えた8回裏、2点を取って逆転。
しかし9回表、二松学舎が3点を追加し再び逆転。4-6で敗退し、ベスト8に終わった。

もし勝っていた選抜がかかる準決勝は観に行くつもりでいたのだが…。残念である。


P1020329.JPG

2年連続春高バレーに出場していた男子バレーボール部も、残念ながら11月1日の1次予選で敗退。
代表校決定戦への出場権を得られなかった。
もっとも来年の春高バレーは無観客での開催と決まっているのであるが…。
(写真は今年の春高バレー)


一方、11月3日に行なわれた全国高校駅伝東京予選会では、男子が5位入賞。
11月21日に栃木で行なわれる関東大会へ駒を進めた。


P1080463.JPG

また、ラグビー部も快進撃を続けている。
花園大会出場をかけた東京都大会決勝に5年連続で進出。
11月8日、秩父宮ラグビー場で古豪・国学院久我山と対戦した。
(写真は2019年東京予選決勝)

早実は終始優位に試合を進め、30-7で圧勝。
2年ぶりの花園出場を決めた。

2年前は、80年ぶりの花園という事もあり、現地まで足を運んだが、今年はどうしよう。
新型コロナは心配であるが、せっかくの機会である。
なかなか悩ましいところである。


Lost in Your Eyes~デビー・ギブソン~

DebbieGibson.jpg

先日、喫茶店でなんとはなしに店内に流れる有線を聞いていた。
すると、懐かしい曲が流れてきた。
アメリカの歌手デビー・ギブソンが1988年に歌った「Out of the Blue」だった。

ちょうど僕が14歳で、音楽に目覚め洋楽を聞き始めた頃の曲である。
とても懐かしい気持ちになった。

デビー・ギブソンはこの時17歳。
僕より3歳年上でしかないにも関わらず、作詞・作曲もこなすという才媛ぶり。
それに引き換え、僕には何一つ得意なものはない。
彼女に対して嫉妬というか強い憧れの気持ちを持った。

彼女の代表曲は1989年の「Lost in Your Eyes」だろうか。
少女の淡い恋心を歌ったバラードである。




思わず「Greatest Hits」をAmazonで購入してしまった。
1995年に発売された彼女の初のベストアルバムである。
16歳のデビュー曲から、23歳までのシングル曲を網羅している。
曲によっては30年以上前の作品集なのだが、今なお色あせていない。
久しぶりにデビー・ギブソンにはまってしまいそうだ。


ちなみに14歳の時に彼女に抱いた憧れの気持ちは、その後すぐに消えてしまった。
というのも、日本にもバンドブームが訪れたからである。
僕もエレキギターを購入して、友達とバンドを組んだ。
自分自身で音楽を表現するようになり、もはや音楽が自分の手に届かないものではなくなったのである。
もちろん彼女のように優れた曲を生み出すことは、それから30年経ってもまったく出来てはいないのではあるが…。