たのしく たのしく やさしくね~送別会~

帰国が近づくと、いろいろと送別会に誘われる。
青年海外協力隊(JOCV)全体の送別会はすでに12月19日(金)に終わっていたが、
帰国2日前(1月5日)にはトレッキングに行った仲間たちが企画した送別会、
帰国前日(1月6日)は後輩隊員の有志による送別会が予定されている。

画像


他にも職場やネパール人たちによるビダイ・ボーズがいろいろと入ってくる。
僕の場合、勤務先の学生たちによるもの(1月1日)や、
勤務先の親組織(JAAN)によるもの(1月5日/写真上)などがあった。
また、それ以上にネパール人の家に招待されるようなことが多かった。

ネパール人の家庭料理といえば、もちろんダルバート・タルカリである。
民族はもちろん、各家庭で味が違っている。
日本に帰ったらダルバートを食べる機会はうんと減るだろう。
少なくとも今みたいにいつでもどこでも食べられるわけではない。
だから今のうちにできるだけ食べておいて、
ダルバートは見るのも嫌なくらいになって帰ろうかと思う。
それでも、1週間もすればまた食べたくなるに違いない。

以下の写真は最近食べたダルバートのごくごく一部…。

画像


画像


画像


ところで、ネパール東部のチベット系民族の料理にキナマというものがある。
これは要するにネパールの納豆である
来てからずっと食べたいと思っていたが、
カトマンズでは誰もキナマを知らない。
先日、リンブー族の学生の家で、ついに味わうことができた。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ねぶた
2009年01月06日 11:05
キナマ…。

して、お味のほどは?
親ねぶた
2009年01月06日 11:49
東京を離れ湯治中です。 二年間ご苦労様でした。すき焼き用意してお待ちしています。