ふるさとの空の下で~チャング・ナラヤン~

ネパール名所紹介(8)

画像


カトマンズ盆地内に7つある世界文化遺産のうち、
チャング・ナラヤン寺院だけにはほとんど行ったことがない。
それというのも、チャング・ナラヤンに行くためには、
カトマンズからはバスで30分ほど東のバクタプールへ行き、
そこでバスを乗り換え、山道を1時間ほど登らなくてはならないのである。
しかし、それほど遠いだけに、観光客も少なく、穴場のスポットであると言えるのではないか。

画像


バス停から入るときに外国人は100ルピーを払わなければならない。
そこから10分ほど落ち着いた石畳を歩くと、
めざすチャング・ナラヤン寺院の入り口(写真上)に着く。

チャング・ナラヤン寺院は323年に建立された寺院で、ネパールでも最も古いものになる。
しかしながら、現在のものは火災の後、1702年に再建されている。

画像


チャング・ナラヤン寺院の本尊はナラヤン神。
これは、ヒンズー教の最高神シヴァの化身である。
そのため、シヴァ神やその乗り物であるガルーダ(写真上)のオブジェがあちらこちらにある。
特に境内の北西にあるシヴァ神とガルーダの彫刻(写真下)は、10ルピー札のデザインにもなっている。

画像


特に見どころなのは、5世紀に建てられたネパール最古の碑文(写真下)。
これによって、4世紀から9世紀にかけてカトマンズを支配したリッチャビ王朝の実在が証明されたらしい。

画像


その他、チャング・ナラヤン寺院にはいろいろな見どころがある。
お寺だけではない、カトマンズよりも高台にあって、
とても見晴らしが良い場所である。
バクタプールやナガルコットからミニ・トレッキングという楽しみ方もあるらしい。

画像



参考:(http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/POI/Nepal/Nepalindex.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  
2010年03月08日 20:44
先生の旅行の記事見るの楽しいです

休みの日も一杯更新してくださいね(>U<)
2010年03月11日 10:15
学校が無いとあまり書く内容が無いので、
昔のネパールの思い出話になってしまいます。