一度だけの昨日~初任者研修宿泊研修~

8月28日(日)、3日間の宿泊研修が終わった。

青年海外協力隊の派遣前訓練が3ヶ月だったのに比べると、
あっという間で、正直物足りなかった。


最終日の研修では、模擬授業の感想・批評があった。
僕が担当した「羅生門」であっても、様々な意見・切り口が出てきて、
国語という教科がいかに奥深いかがわかった気がする。
二学期以降の授業でもそれを活かしていきたいと思う。

また、課題研修では、最後に発表会があった。
課題研修は、グループごとに課題を決め、その解決策を考えるもの。
僕らのグループは「将来を見据えて主体的に行動する力を育む」というテーマに決まった。
ようするに、学習意欲や進路意識の低い生徒を、
いかにやる気を出させるかということ。

他の班も、「業務の円滑な引き継ぎ」や「教員間の意識の統一」「カンニング対応」
「実技指導のできない部活の顧問」などのテーマで話し合っていた。
発表の際には寸劇を取り入れたグループもあり、なかなか楽しかった。


16時にはすべての研修が終了した。


今回、いろいろな学校の先生と話すことができた。
新任教師は一番若くて22歳。平成生まれもいた。
20代の先生が多く、37歳の僕は、当然年上のほうだった。
ところが中には、40代はおろか50代という新任教師もいた。
年齢はもちろん、個性も豊かで、面白い。
今回知り合った仲間たちと次いつ会えるだろう。
通常の初任者は、二学期以降も通常の初任者研修がある。
だが僕の場合、去年通常の研修を取り終っているため、
他の先生方と会う機会がなかなか無さそうで、それが残念。
でも、考えてみれば、みんな同じ東京都の教員なのだ。
次の移動は順調なら4年後だが、
ひょっとしたら次は同じ職場ということも十分考えられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント