仏陀再誕~ネパール釈尊館~

画像


宇都宮に「ネパール釈尊館」という場所がある。
新興宗教・幸福の科学の付属施設なのだが、
ネパールに興味のある者として、前々から気になっていた。
そこで、宇都宮に来たついでに訪ねてみた。
別に信者でなくても自由に見学できるらしい。

ネパール釈尊館があるのは幸福の科学総本山・正心館の敷地内。
赤いレンガの建物がそれである。

画像


建物の前には仏陀の像が泉に立っていた。
「燃燈仏」とのことである。

また、壁には多くのマニ車が飾られている。
お経の文句が刻まれ、回すとお経を読んだのと同じご利益がある。
時計回りに歩きながら回してみた。
全部回したので、きっといいことがあるだろう。

画像


ネパール釈尊館の中央にハラティ・マタ寺院が設置されていた。
カトマンズのスワヤンブナート寺院のストゥーパの脇にあるネパール最古クラスの寺院を復元したもので、
もともとは「愛・地球博」のネパール・パビリオンに展示されていたものを移築している。
(ちなみに写真撮影は禁止。
下の写真はネパールにある本物)

画像


本物にはもちろん僕も行ったことがあるが、ヒンズー教徒以外入れないため、
じっくり見るのはこれが初めてである。
中央には釈迦如来像が安置されている。

その他、ネパール釈尊館には、ドルジェや仏塔、曼陀羅などが展示されていた。


ハラティ・マタ寺院の背後にはスワヤンブナートのストゥーパの絵が飾られていたり、
反対側の壁にはヒマラヤの写真があるという芸の細かさ。
雰囲気はよく出ている。
しかし、本物のスワヤンブナートは野良犬やらサルでゴミゴミしており、
あまりに綺麗すぎる気がした。
もっとも、そこまで再現する必要はないだろうが(笑)

画像


今年2012年はルンビニ観光年とのことである。
お釈迦様の生まれた地ルンビニは、ネパールにある。
これからもっとネパールに注目が集まって欲しいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント